雌岡山のツツドリ・サンショウクイ・サメビタキ・エナガ・ゴマダラチョウ

仕事や孫の誕生などでゆっくりフィールドには行けていませんでした。雌岡山に出かけてもツツドとサンショウクイとコサメビタキばかり。9月3日撮影のツツドリ。

雌岡山のツツドリ1-2016-9-3

雌岡山のツツドリ1-2016-9-3

雌岡山のツツドリ2-2016-9-3

雌岡山のツツドリ2-2016-9-3

雌岡山のツツドリ3-2016-9-3

雌岡山のツツドリ3-2016-9-3

9月3日撮影のサンショウクイ。

雌岡山のサンショウクイ-2016-9-3

雌岡山のサンショウクイ-2016-9-3

雌岡山のサンショウクイ2-2016-9-3

雌岡山のサンショウクイ2-2016-9-3

今日はセグロカッコウを狙いましたが、出るのは普通のツツドリだけ。今日のツツドリ。

雌岡山のツツドリ1-2016-9-10

雌岡山のツツドリ1-2016-9-10

雌岡山のツツドリ2-2016-9-10

雌岡山のツツドリ2-2016-9-10

サンショウクイの鳴き声は今日もしました、セグロカッコウは見られず。サメビタキが来ていました。

雌岡山のサメビタキ1-2016-9-10

雌岡山のサメビタキ1-2016-9-10

雌岡山のサメビタキ2-2016-9-10

雌岡山のサメビタキ2-2016-9-10

サメビタキの飛び出しがうまく撮れませんでした、エナガで。

雌岡山のエナガ-16-9-10

雌岡山のエナガ-2016-9-10

ゴマダラチョウが産卵をしていました。

雌岡山のゴマダラチョウの産卵-2016-9-10

雌岡山のゴマダラチョウの産卵-2016-9-10

明日は溝さらえ、そして10月の秋祭りの当番なので・・・・フィールドが遠のきます。


カテゴリー: 09月撮影分, 2016年09月, 2016年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , | 雌岡山のツツドリ・サンショウクイ・サメビタキ・エナガ・ゴマダラチョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のツツドリ

今朝は雌岡山のツツドリのところへ。

雌岡山のツツドリ1-2016-8-28

雌岡山のツツドリ1-2016-8-28

エサになる毛虫が少なく、こんな小さなものを食べていました。ナンキンハゼの毛虫は人を警戒してかとまりません。

雌岡山のツツドリ2-2016-8-28

雌岡山のツツドリ2-2016-8-28

赤色体もいましたがすぐに山の中へ飛んでいきました。

雌岡山のツツドリ3-2016-8-28

雌岡山のツツドリ3-2016-8-28

他に3羽いましたが枝かぶりまくりで見つけるのも大変な状態です。そしてエサを求めて山の方へ出かけていきます。そしてたまに梅林に戻りはしますが枝かぶりまくりです。今日は朝の内だけで引きあげました。


カテゴリー: 08月撮影分, 2016年08月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: | 雌岡山のツツドリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・チョウゲンボウ

21日にサンショウクイを見かけていました。その後今週平日の仕事前の朝に何度か雌岡山に上がりました、毎回駐車場周辺には止まらず頂上方面に飛んでいくのを見ていました。

今朝は時間も十分あるので梅林にサンショウクイ狙いで出かけました。あいにくの曇天でしたが近くで撮らせてくれました。

雌岡山のサンショウクイ1-2016-8-27

雌岡山のサンショウクイ1-2016-8-27

雌岡山のサンショウクイ2-2016-8-27

雌岡山のサンショウクイ2-2016-8-27

雌岡山の頂上の駐車場でコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ1-2016-8-27

雌岡山のコサメビタキ1-2016-8-27

雌岡山のコサメビタキ2-2016-8-27

雌岡山のコサメビタキ2-2016-8-27

コサメビタキの飛び出しを4Kフォトで狙いましたがシャッタースピード上げきれずブレていました、SS1/1000ぐらいでは動きの速い小鳥ではダメですね。

今日はツミが3~4羽飛んでいきました。あいにくの曇天、、、、雲が切れたらタカが出てくれません。23日火曜日の朝見かけたチョウゲンボウ??

雌岡山のチョウゲンボウ-2016-8-23

雌岡山のチョウゲンボウ-2016-8-23

今年のサンショウクイの群れも小さいですね、オスが撮れていません、それでも近くで撮らせてくれたのでヨシ。ツツドリは赤色体もいますが、エサの毛虫が梅林に少なく雌岡山を飛び回っているようです。


カテゴリー: 08月撮影分, 2016年08月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , | 雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・チョウゲンボウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のツツドリ・コサメビタキ・ミサゴ・ニホンイタチ

土曜日ツツドリも来ているだろうと雌岡山に上がりました。カッコウの若鳥が1羽鳴いていました、ツツドリが3羽来ていました。

雌岡山のツツドリ-2016-8-20

雌岡山のツツドリ-2016-8-20

暑すぎてなかなか春のように近くには出てくれません。毛虫も小さいのが少しいるぐらいで餌が少なそうです。あまりに遠いので写真はトリミング、4K動画なら35mm換算1150mmなので超軽量小型カーボン三脚に載せて撮ってみました。

日曜日は赤色体も1羽見ましたが撮らせてくれません。コサメビタキも来ていましたが、もう朝の9時ごろから口を開けて暑そうでした。

雌岡山のコサメビタキ-2016-8-20

雌岡山のコサメビタキ-2016-8-20

サンショウクイが3羽頂上の方に飛んで行くのが見えたので、上がってみましたが全く出てくれません。ツツドリもサンショウクイも台風が過ぎて来週ぐらいになればゆっくりとらせてくれるかな・・・・と思っています。あとは何もいないので久しぶりにミサゴ。

雌岡山のミサゴ-2016-8-20

雌岡山のミサゴ-2016-8-20

あと子供のイタチ。

雌岡山の子供イタチ-2016-8

雌岡山の子供イタチ-2016-8

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2016年08月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の野生動物 | タグ: , , , | 雌岡山のツツドリ・コサメビタキ・ミサゴ・ニホンイタチ はコメントを受け付けていません。

垂水漁港のウミスズメ早く保護してあげてください

知り合いの方から垂水漁港にウミスズメがいると先日連絡いただき、今朝出かけました。羽繕いばかりしていましたし、ファインダー越しに見て生き生きとした野鳥の姿ではありませんでした。

垂水漁港の弱ったウミスズメ1-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメ1-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき1-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき1-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき2-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき2-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき3-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメびしょ濡れの羽ばたき3-2016-7-30

今日午前中見た4羽ともこんな状態でした。羽の濡れているところをほぼピクセル等倍。

垂水漁港の弱ったウミスズメ弾かない羽1-2016-7-30

垂水漁港の弱ったウミスズメ弾かない羽1-2016-7-30

1羽が死に、1羽保護されていると聞きました。今日明日にも全て保護されるかもしれないと来ておられた別の知人から聞きました。保護するのは大変なことだと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ウミスズメさんたち、ごめんなさい。今日撮影しながらファインダー越しに見て、綺麗な羽をしていない、とか文句を言ってしまいました。帰って夕方撮影データをPCで見て、心無いことを言ってしまったと後悔しました。助けてもらって故郷の海に帰れることを祈ります。


カテゴリー: 07月撮影分, 2016年07月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: | 垂水漁港のウミスズメ早く保護してあげてください はコメントを受け付けていません。

稲美のセイタカシギ、GX8&LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmの+RAYNOX HDP-9000EX(換算1440mm)

朝目が覚めると8時をまわっていました、起きるの遅かったので稲見のセイタカシギの撮影に出かけました。赤い目が撮れたらとGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX後ダマ加工35mm換算1440mm、足元はGITZOの大型三脚 #563L 4型 システマチック+雲台G2380。

稲美のセイタカシギ1-2016-7-23

稲美のセイタカシギ1-2016-7-23

稲美のセイタカシギ2-2016-7-23

稲美のセイタカシギ2-2016-7-23

午前の光で金網越し、ノートリでなんとか目の赤いのが撮れましたが、飛ぶところは撮れず。

午後はクーラーの効いた部屋でVAPEでメントールを吸引しながらゆっくりと好きな音楽CDアルバムを2枚聞いていました。久しぶりに気持ちい午後を過ごしました。

3時をまわって飛ぶところを撮ろうと出かけました。5~6人の方がいて2時ごろ飛んだと聞きました。飛ぶところ撮れたらとGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm(35mm換算800mm手持ち)で粘りましたが、3羽ともこんな状態。

稲美のセイタカシギ3-2016-7-23

稲美のセイタカシギ3-2016-7-23

ちょっとだけ羽ばたいたところ(トリミング)。

稲美のセイタカシギ4-2016-7-23

稲美のセイタカシギ4-2016-7-23

小魚を捕えて(トリミング)。

稲美のセイタカシギ5-2016-7-23

稲美のセイタカシギ5-2016-7-23

午後遅くは飛ぶところも、赤い目も撮れませんでした。赤い目は分かる程度のは何枚もありましたが、200枚以上を撮って狙っていたものに近いのは午前の1枚だけでした。


カテゴリー: 07月撮影分, 2016年07月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: | 稲美のセイタカシギ、GX8&LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmの+RAYNOX HDP-9000EX(換算1440mm) はコメントを受け付けていません。

雌岡山のイシガケチョウ・オオカラスウリ・キヌガサタケ

今朝は晴れていましたが、朝は湿度100%。8時になって90%になったので雌岡山へ出かけました。雌岡山の山頂でイシガケチョウ。

雌岡山のイシガケチョウ1-2016-7-2

雌岡山のイシガケチョウ1-2016-7-2

雌岡山のイシガケチョウ2-2016-7-2

雌岡山のイシガケチョウ2-2016-7-2

温暖化が進んでいるんでしょうね、雌岡山でもいました。撮りたかったチョウですが、渓流もない雌岡山の山頂付近で運がいいんでしょう。次は鳥もいないのでオオカラスウリの花。

雌岡山のオオカラスウリ-2016-7-2

雌岡山のオオカラスウリ-2016-7-2

雌岡山を下り、家の前の竹林脇に行くとキヌガサタケが萎えかけていました。

雌岡山のキヌガサタケ1-2016-7-2

雌岡山のキヌガサタケ1-2016-7-2

出かける前に見ていればもう少し綺麗なのが撮れたのにね。10時をまわっていましたから、早めの昼食に塩ラーメンにして頂きました。

雌岡山のキヌガサタケ2-2016-7-2

雌岡山のキヌガサタケ2-2016-7-2

雌岡山のキヌガサタケ3-2016-7-2

雌岡山のキヌガサタケ3-2016-7-2

カサはよく洗ってもベージュ色、ジクはシャキシャキした網目のパイプ構造、中華料理で使う干したモノと違い生はシャキシャキ良い歯ごたえでした。家族は皆食べたがらないので一人で頂きました、生は臭いにおいがしますから(笑

追伸

7月3日朝もキヌガサタケが出たので、その姿からキノコの女王と呼ばれるほぼ完ぺきな姿を。

雌岡山のキヌガサタケ-2016-7-3

雌岡山のキヌガサタケ-2016-7-3

昨日午後遅く六甲山山頂から西の方角にハチクマらしき姿を見ました、逆光で写真には撮れませんでした。山頂付近で西洋ミツバチを30以上の巣箱で飼っている人と出会い、ワシを見たと言っておられました。


カテゴリー: 07月撮影分, 2016年07月, 2016年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の植物 | タグ: , , , | 雌岡山のイシガケチョウ・オオカラスウリ・キヌガサタケ はコメントを受け付けていません。

隣の三木の山のサシバ・サンコウチョウ

天気が悪かったり、仕事でなかなかフィールドに出かけられませんでした、出かけてササユリを撮影したぐらいです。

今朝は天気も良くミニカーで三木の山の中の東播用水沿いのフィールドに出かけました。サンコウチョウは居るだろうし、ジュウイチが来てたらいいなと・・・・。今年はジュウイチは来ていません、替りに去年は別の谷にいたサシバがこちらの谷に来ていました。

三木のサシバ1-2016-6-26

三木のサシバ暗色型?1-2016-6-26

三木のサシバ2-2016-6-26

三木のサシバ暗色型?2-2016-6-26

綺麗で強そうな足をしています、はじめて近くにとまっているのを撮りました。サンコウチョウを東播用水で待っていて出会いましたが、暗い・・・・けど近いのでよかった。サンコウチョウを撮って帰ろうとしていると鳴きながら番が餌を採りに出かけるのでしょう、舞い上がっていきました。

啼き声はサシバなんですが近くで見ると黒っぽいんですよね、去年までは隣の谷からよく舞い上がるのを見ていました。暗色型って言えるんでしょうか・・・・私にはよくわかりません。カラスもこの谷に少しいますが他の谷にくらべると凄く少ない、雌岡山は数百派のカラスが・・・・この谷は安心して営巣できるところなんでしょうね、サシバにとってもサンコウチョウにとっても。

三木のサシバ3-2016-6-26

三木のサシバ暗色型?3-2016-6-26

後姿ですがサンコウチョウ。

三木のサンコウチョウ1-2016-6-26

三木のサンコウチョウ1-2016-6-26

三木のサンコウチョウ2-2016-6-26

三木のサンコウチョウ2-2016-6-26

5月29日に撮影した雌岡山のササユリです。去年より咲くのが1週間近く遅いですね。

雌岡山のササユリ-2016-5-29

雌岡山のササユリ-2016-5-29

あちこちでツキノワグマに襲われたニュースもあり、青垣の奥の方の谷に行くのを控えています。クマと私お互いに気付かず一度至近距離で出くわし怖い思いをしているので。今年は雌岡山や三木の山も木の実が少ないし、シジミチョウやブヨもメチャクチャ少ない・・・・夏も猛暑だと言っている、撮影の機会も減ってしまうのかな。


カテゴリー: 06月撮影分, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , | 隣の三木の山のサシバ・サンコウチョウ はコメントを受け付けていません。

三木の山のサンコウチョウ・アオゲラ、フクロウのための薄暮時動画テスト

昨日土曜日、三木の山で知り合いの方々から電話があり合流してサンコウチョウの撮影をしました。私は三脚を持たずいつもの手持ち撮影。

三木の山のサンコウチョウ1-2016-5-21

三木の山のサンコウチョウ1-2016-5-21

三木の山のサンコウチョウ2-2016-5-21

三木の山のサンコウチョウ2-2016-5-21

暗くてシルエットになってしまいました。それとアオゲラ。

三木の山のアオゲラ1-2016-5-21

三木の山のアオゲラ1-2016-5-21

三木の山のアオゲラ2-2016-5-21

三木の山のアオゲラ2-2016-5-21

毎晩裏山の雌岡山でフクロウが鳴いています。日の出前の黎明のころや日の入り後の薄暮時ぐらいに撮影できないかと、GX8でLEICA DG VARIO ELMAR 100-400mm でISO25600まであげて4K動画を今日の薄暮時に自宅の窓から撮影して見ました。

ED 40-150mm F2.8 PROぐらいでないとISO25600でも薄暮時の撮影は無理ですね。それよりも、青垣の山でカケスを撮ったときに鳴いていた鳥は調べたらミゾゴイだと分かりました。「ぼー、ぼー」とでかい声で斜面の少し上で鳴いていたので20分ぐらい山道を匍匐前進しながら探しましたが見つからず、そのときカケスが出てきました。・・・・時期も時期だしえさの沢蟹も多そうなところなので営巣しているのかもしれませんね。今思えば啼き声だけでもビデオで撮っておけばよかったのにと思いますがあとの祭り(笑

天気のいい土日があればまたミニカーで行こうかと思っています、天気しだいですね~。場所はしっかり分かっていますから、ミゾゴイがいれば声だけなら撮れるかもしれないですしね。


カテゴリー: 05月撮影分, 2016年05月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , | 三木の山のサンコウチョウ・アオゲラ、フクロウのための薄暮時動画テスト はコメントを受け付けていません。

雌岡山のサンコウチョウ・ササユリ・アミガサタケ・モンキアゲハ

土曜日、ササユリの状態を見に雌岡山に上がると、サンコウチョウの啼き声が聞こえました。水の無い水路を声の聞こえたヒノキとスギ林の方に行くと居ました。

雌岡山のサンコウチョウ-2016-5-14

雌岡山のサンコウチョウ-2016-5-14

暗くて枝被りまくりで証拠写真程度しか撮れません。日曜日の午後同じ場所に行きましたが啼き声は聞こえませんでした、ヘンな時期の通過かもしれません。でもこの時期は初めて見かけました、秋には何度か見ていましたが。・・・・ササユリの開花はまだ先のようです。

雌岡山のササユリー2016-5-14

雌岡山のササユリー2016-5-14

土曜の夕方、もうダメになってしまったアミガサダケを庭先の竹藪の端に見つけました。朝なら写真撮って食べられたかも知れません。

雌岡山麓のアミガサタケ-2016-5-14

雌岡山麓のアミガサタケ-2016-5-14

この時期は40年近く前から雌岡山ではフクロウがやってきています。木の洞や巣箱ではなく出入り口が四方にある屋根裏に営巣しています・・・・ここ7年写真に撮れないかと思ってはいますが、啼き声と暗い夜と早朝しか見かけることができていません。日曜の今日もうろうろしましたが声だけ。その前に獲ったモンキアゲハ、やっぱりスピードライト強制発光させないと無理ですね。

雌岡山のモンキアゲハ-2016-5-15

雌岡山のモンキアゲハ-2016-5-15

 


カテゴリー: 05月撮影分, 2016年05月, 2016年撮影分 | タグ: , , , | 雌岡山のサンコウチョウ・ササユリ・アミガサタケ・モンキアゲハ はコメントを受け付けていません。