雌岡山のムシクイ・ジョウビタキ、稲美のツルシギ・オオハシシギ・イソシギ、岩岡のサバクヒタキ

今朝はGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX後ダマ加工35mm換算1440mm(1.4倍クロップで2100mm)、足元はGITZOの大型三脚 #563L 4型 システマチック+雲台G2380でムギマキ成鳥を狙いましたが出ず。撮影したのはムシクイとジョウビタキ。

雌岡山のムシクイ1-2016-10-30

雌岡山のムシクイ1-2016-10-30

雌岡山のムシクイ4-2016-10-30

雌岡山のムシクイ4-2016-10-30

雌岡山のジョウビタキ-2016-10-30

雌岡山のジョウビタキ-2016-10-30

稲美の池へはミニカーでLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmだけしか持って行かず、手持ち撮影。被写体まで遠いですがツルシギ。

稲美のツルシギ1-2016-10-30

稲美のツルシギ1-2016-10-30

近くに来てくれたオオハシシギ。

稲美のオオハシシギ-2016-10-30

稲美のオオハシシギ-2016-10-30

近くに来たイソシギ。

稲美のイソシギ-2016-10-30

稲美のイソシギ-2016-10-30

先週撮影したサバクヒタキ。これはGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX後ダマ加工35mm換算1440mm(1.4倍クロップ2100mm)から、動画は4Kで2100mm。

岩岡のサバクヒタキ1-2016-1023

岩岡のサバクヒタキ1-2016-1023

岩岡のサバクヒタキ2-2016-1023

岩岡のサバクヒタキ2-2016-1023

動画はリサイズできない(手間と時間が異常にかかる)ので2100mmはありがたいです。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , , | 雌岡山のムシクイ・ジョウビタキ、稲美のツルシギ・オオハシシギ・イソシギ、岩岡のサバクヒタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトケン、ムギマキ成鳥

22日朝、雌岡山に上がるとムギマキ成鳥がいました。

雌岡山のムギマキ1-2016-10-22

雌岡山のムギマキ1-2016-10-22

雌岡山のムギマキ2-2016-10-22

雌岡山のムギマキ2-2016-10-22

ムギマキ成鳥は、人が来られる前や帰られた後に姿を現しているようです。でも上の方の高いカラスザンショなのでお腹ばかりや、枝かぶりが多くなってしまいます。若やメスになるでしょうけど来週ぐらい一番下で 綺麗に撮らせてくれるようになるのでしょう。

人なれしすぎたのか、渡りをするには成長が遅れているのを補うためエサ取りに懸命なのかすぐ近くにカッコウのようなツツドリのような子がまだ出てくれています。この2週間で一回り大きくなりました。そろそろ渡っていくのでしょう。

カッコウのようなツツドリのような子2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子1-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子1-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2-2016-10-22

8月21日にセグロカッコウの鳴き声を聞いてツツドリを見かけて以来約2ヶ月間入れ替わりながら楽しませてくれてありがとう。また来年の春立ち寄ってくれたらうれしいです。

23日は風のせいか人が多いせいかムギマキの成鳥もトケンも私は見かけることはできませんでした、午後は仕事の準備やいろいろありあがりませんでした。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のトケン、ムギマキ成鳥 はコメントを受け付けていません。

雌岡山のエゾビタキ・ムギマキ成鳥オス

昨日ジョウビタキが家の周りに出たので、水場の清掃と水の追加に雌岡山に上がりました。昨日撮影したエゾビタキ。

雌岡山のエゾビタキ1-2016-10-19

雌岡山のエゾビタキ1-2016-10-19

雌岡山のエゾビタキ2-2016-10-19

雌岡山のエゾビタキ2-2016-10-19

今朝も仕事前に上がるとムギマキの成鳥オスがいました。うまく撮れていませんが証拠写真程度に。

雌岡山のムギマキ1-2016-10-20

雌岡山のムギマキ1-2016-10-20

雌岡山のムギマキ2-2016-10-20

雌岡山のムギマキ2-2016-10-20

仕事前の朝なので光の加減も厳しい、土日まで成鳥がいてくれるといいんですがね~。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | 雌岡山のエゾビタキ・ムギマキ成鳥オス はコメントを受け付けていません。

雌岡山のムギマキ・キビタキ・アサギマダラ

雌岡山に今日出たのは頂上付近で数羽のムギマキの若・雌タイプだけ。成鳥のオスを見たという方もいらっしゃいますが他の方は確認できず。

雌岡山のムギマキ・雌タイプ-2016-10-16

雌岡山のムギマキ・雌タイプ-2016-10-16

まだカラスザンショの実は十分熟していません。梅林付近でシロハラやツグミを見かけましたがジョウビタキはまだ来ていません。キビタキはいくらでも出るのですが、ムギマキはまだまだです。

雌岡山のキビタキ-2016-10-16

雌岡山のキビタキ-2016-10-16

アサギマダラは飛び回っています。

雌岡山のアサギマダラ-2016-10-16

雌岡山のアサギマダラ-2016-10-16

来週ぐらいカラスザンショも熟して、ムギマキたくさん来てくれるといいですね。でも今日もものすごく暖かい日でしたから・・・・。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のムギマキ・キビタキ・アサギマダラ はコメントを受け付けていません。

稲美のヒクイナ・ノビタキ

ここ数日ジョウビタキが雌岡山の麓の自宅の周りに来ていないか気にかけていましたが、来ていません。今朝雌岡山にもジョウビタキがまだ来ていません。ムギマキも来ている気配がありませんでした。午後稲美のヒクイナのところに行きました、植込みの隙間に分け入って手持ち撮影。

稲美のヒクイナ1-2016-10-15

稲美のヒクイナ1-2016-10-15

稲美のヒクイナ2-2016-10-15

稲美のヒクイナ2-2016-10-15

稲美のヒクイナ3-2016-10-15

稲美のヒクイナ3-2016-10-15

蚊も多いので、すぐ近くにコスモスにノビタキがとまると聞いて移動。はじめは鋤いた田圃1枚はさんで撮影していましたが、人のいない隣のコスモス畑に移動して手持ちで座り込んでにじり寄り撮影。

稲美のノビタキ1-2016-10-15

稲美のノビタキ1-2016-10-15

稲美のノビタキ2-2016-10-15

稲美のノビタキ2-2016-10-15

稲美のノビタキ3-2016-10-15

稲美のノビタキ3-2016-10-15

稲美のノビタキ4-2016-10-15

稲美のノビタキ4-2016-10-15

Net自動情報処理や経理などに使っていたWin7の32bitのPCマザーボードが逝ってしまいました。BIOS用の電池か電源ユニットの問題かと思い部品交換しましたが治らず、マザーボードが逝ってしまい修理不能と判断してハードディスクを取り外しデータとメールとブラウザのプロファイルを64bitのPCに移植して復活させ、ノートですが32bitのPCも残っているので事なきを得ています。このトラブルリカバリーで今日の2時までかかり、朝7時に起きてジョウビタキを探すも居らず・・・・がっくり。菊水山でムギマキの雄の成鳥が出たと連絡いただきましたが元気なく、近くの稲美へ。稲美でなんとかリカバリーでき、少しは元気になりました。

稲美はジョウビタキも来ていたそうです、明日ぐらい雌岡山にもジョウビタキと一緒にムギマキ来ないかな~。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , | 稲美のヒクイナ・ノビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のカッコウのようなツツドリのような若い雌

祭りが終わり弱った体で、ムギマキが来ていないか見に上がりましたがいません。カッコウの雌だと思った子が渡りの前に食べだめするのに忙しく警戒していないので、夕方人がいなくなってから再撮影しました。手持ち座り込み移動でいつものようにGX8電子シャッターで無音で、まずは普通の野鳥ポートレートポーズで。

雌岡山のツツドリのようなカッコウのような雌-2016-10-10

雌岡山のツツドリのようなカッコウのような雌-2016-10-10

後頭部の白斑と羽根一枚一枚の先が白い後姿。

雌岡山のツツドリのようなカッコウ?白斑-2016-10-10

雌岡山のツツドリのようなカッコウ?白斑-2016-10-10

こう彩も黄色いような横顔。

雌岡山のツツドリのようなカッコウ?黄色いこう彩-2016-10-10

雌岡山のツツドリのようなカッコウ?黄色いこう彩-2016-10-10

でも下腹部の線がある正面の姿はツツドリ。

雌岡山のカッコウのようなツツドリ?-2016-10-10

雌岡山のカッコウのようなツツドリ?-2016-10-10

詳しい方に聞いても両方の特徴を併せ持つ子のようです。夕方至近距離で遊んでくれたのでいずれにせよ、私にとってはかわいい子です。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 未分類, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のカッコウのようなツツドリのような若い雌 はコメントを受け付けていません。

雌岡山のカッコウの兄妹

台風が去りムギマキがそろそろ出ないかと6日の朝と今朝ミニカーで上がりました。キビタキばかりでムギマキは見ることができませんでした。数羽のカッコウが入っているので撮ってきました。

雌岡山のカッコウ11-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥11-2016-10-7

雌岡山のカッコウ12-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥12-2016-10-7

雌岡山のカッコウ13-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥13-2016-10-7

この子は目が黄色いのでカッコウでしょう。8月の21日「カ、カ、カ、カ、カッコウ↓」とヘンな鳴き方のカッコウの声はセグロカッコウの鳴き声と9月初めに分かり、出会えないかと思っていましたが出会えず。セグロカッコウはもういるはずもなく声を聞きません。トケン類の区別ができない私でも目の色がここまで違うのでカッコウでしょう。知り合いの方が知れべてくれましたがこの赤い子もカッコウの幼鳥のようです。お兄ちゃんと妹のカッコウかなということでした。

雌岡山のカッコウ21-2016-10-7

雌岡山のカッコウ幼鳥21-2016-10-7

雌岡山のカッコウ22-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥22-2016-10-7

雌岡山のカッコウ23-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥23-2016-10-7

雌岡山のカッコウ24-2016-10-7

雌岡山のカッコウの幼鳥24-2016-10-7

6日の朝はタカが30分ぐらいの間に十数羽雌岡山の上を飛んでいました。

雌岡山を通過するタカ1-2016-10-6

雌岡山を通過するタカ1-2016-10-6

雌岡山を通過するタカ2-2016-10-6

雌岡山を通過するタカ2-2016-10-6

カラスザンショの実が熟れるのが遅れているせいもあるのか、まだムギマキは姿を見せていません。土日は神出神社の祭りで私は今年は当番に当たっているので・・・・10日ぐらいにムギマキに出会えるでしょうか。その先の週かな。


カテゴリー: 10月撮影分, 2010年撮影分, 2016年10月, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: | 雌岡山のカッコウの兄妹 はコメントを受け付けていません。

雌岡山の野草、キバナアキギリ・セトウチホトトギス

早朝から仕事していましたが、窓を開けるとキンモクセイの花の匂いがしてきました。PCを自動運転させながら、ミニカーで雌岡山のキバナアキギリの開花確認に上がりました。数輪花をつけていました。

雌岡山のキバナアキギリ1-2016-9-27

雌岡山のキバナアキギリ1-2016-9-27

雌岡山のキバナアキギリ2-2016-9-27

雌岡山のキバナアキギリ2-2016-9-27

キバナアキギリは神戸市では2ヶ所しかない珍しいものになってしまった花ですが、地元総出で刈払機でお祭りの草刈りを10月2日の朝から行うので刈られてしまいます。脇の溝の中に残るキバナアキギリは刈り残され種がまた飛ぶのでしょう。天気が悪い日が続きますが、10月2日の朝まで・・・・。

セトウチホトトギスの群生は今年も元気です。

セトウチホトトギス1-2016-9-27

セトウチホトトギス1-2016-9-27

雌岡山のセトウチホトトギス2-2016-9-27

雌岡山のセトウチホトトギス2-2016-9-27

雌岡山のセトウチホトトギス3-2016-9-27

雌岡山のセトウチホトトギス3-2016-9-27

さて仕事を続けます。


カテゴリー: 09月撮影分, 2016年09月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の植物 | タグ: , | 雌岡山の野草、キバナアキギリ・セトウチホトトギス はコメントを受け付けていません。

稲美のクロハラアジサシ・ハジロクロハラアジサシ等

昨日垂水漁港から、稲美の池で珍しいアジサシが出ていると連絡をもらい行ってきました。

クロハラアジサシ・ハジロクロハラアジサシなどの群れが舞っているようですが、どれがどれなのか私にはよく分かりません。LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmを35mm換算200mmで、順光でCAFで葦にピントを合わせておいて向かってくるクロハラアジサシの仲間を手持ち撮影。

稲美のクロハラアジサシの仲間1-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間1-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間2-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間2-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間3-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間3-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間4-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間4-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間5-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間5-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間6-2016-9-25

稲美のクロハラアジサシの仲間6-2016-9-25

仕事と祭りの合間を縫ってミニカーで出かけてよかった1日(半日)でした。そろそろ雌岡山もムギマキの頃ですがまだカラスザンショが黒く熟れていません。


カテゴリー: 09月撮影分, 2016年09月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , | 稲美のクロハラアジサシ・ハジロクロハラアジサシ等 はコメントを受け付けていません。

垂水漁港の元気になったウミスズメ

今朝垂水漁港に行ってきました。冬羽になって行ってる元気なウミスズメに会いに行ってきました。

ウミスズメ1-2016-9-25

ウミスズメ1-2016-9-25

羽ばたきも綺麗でした、でも正面から見せてくれませんでしたが。

ウミスズメ2-2016-9-25

ウミスズメ2-2016-9-25

ウミスズメ3-2016-9-25

ウミスズメ3-2016-9-25

お尻の羽毛もしっかり水を弾いています。

ウミスズメ4-2016-9-25

ウミスズメ4-2016-9-25

潜水の時のプリプリしたお尻。

ウミスズメ5-2016-9-25

ウミスズメ5-2016-9-25

2羽いるようですが、今朝は1羽だけでした。元気になった子に会えてよかった、自然治癒力の高い子が元気になったんですね。もう一か所行きたかったので、9時半ごろ港を後にしました。


カテゴリー: 09月撮影分, 2016年09月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: | 垂水漁港の元気になったウミスズメ はコメントを受け付けていません。