雌岡山のノスリ・タゲリ・タシギ・トラツグミ(G9テスト撮影)

25日G9を手に入れました。26日昼ごろに神出町宝勢(上北古)のホシムクドリの連絡をいただき、27日朝に慣れたGX8で撮影してヤフオクで売却しようと考えていました。・・・・26日金曜の夜に発熱し土曜の朝医者に行くと普通の風邪かと思っていましたが、A型インフルと判明し寝込んでいました。日曜の午後から動けるようになったので、ホシムクの撮影よりもGX8売却を優先して出品用の商品撮影をして出品したら、ほんの数分で買っていただけました・・・・ラッキーです。

昨日29日の午後上北古のホシムクドリのところに車で行くと知り合いの方もいらっしゃいました、インフルをうつさないよう距離を置いて車からマスクをしてお話しすると、午後からは出ていないとのことでした。引きあげて鼻水たらしながら事務所でお仕事をつづけました(笑

今日30日の朝一行ってもホシムクドリはおらず、鼻水も止まり仕事をして午後また行ってみましたがいませんでした。池のソーラーの電気を送り出す道路の電柱の線の電気工事の音がいやで、飛んで行ったようですね。G9 proのテスト撮影はいつものノスリとタゲリ。

神出町上北古のノスリ-2018-1-30

神出町田井のタゲリ1-2018-1-30

神出町田井のタゲリ2-2018-1-30

神出町田井のタゲリ3-2018-1-30

測距点49のGX8なら1点AFで狙えば大丈夫なのに、225点のG9では1点AFではまだ大きすぎ合焦しても狙っているつもりの所にジャスピンじゃなく他に引っ張られてしまうようです。タゲリの向こうにいた(田圃1枚)タシギでは1点AFで頭を狙ってではピントが合いません、正確に胴体のど真ん中を狙ってやっとです。こいつ(この距離のタシギ)に会わなければ1点AFなのにピントの合わない使えないカメラやなぁ~となっていたかもしれません、ピンポイントAFで撮影する決心をさせてくれた子です、ありがとう。

神出町田井のタシギ-2018-1-30

うっかり連写Ⅱの秒60コマを使ってしまい要らない写真撮りまくり、飛んでるところをCAFで20コマがちょうどいい連写。通常使う連写は連写Ⅰに秒12コマぐらいのを割り当て使うようにしないとエライ目に合う(笑

測距点225点だからシビアなのでしょう1点AFではなく、小さい十字のピンポイントAFを使えば間違いなくジャスピンになります(合焦の時に全体表示でフレーミングを確認しながらその中にフォーカスエリア周辺が拡大表示されるピクチャー・イン・ピクチャーでよりピンポイントのフォーカスポイントが表示されるデフォルト仕様)。1点AFマークとタゲリの顔の大きさが同じくらいな距離で撮影してもピンポイントAFなら大丈夫でした。

神出町田井のタゲリ4-2017-1-30

雌岡山の梅林に行くと知り合いの方がおられトラツグミはいたけど見失ったとお聞きしました。探すとパッと見小さな切株にしか見えない微動だにしないうずくまったトラツグミがいました。

雌岡山のトラツグミ1-2017-1-30

雌岡山のトラツグミ2-2017-1-30

頂上にオスのウソもいたとお聞きしたので車で上がると、途中でクロジが6~7羽、去年末によくいたあたりの道端に出ていました。

G9は画質が向上しAFも早いです・手振れ補正も格段に上がっていますが、その分ピンポイントAFにしないと野鳥撮影には向かないのでより小さいターゲットエリアを揺らさないように狙って止めないといけません、相対的には手振れ補正分は相殺です(ピンポイントAFでピクチャー・イン・ピクチャー3倍拡大表示された中で・換算800mmの3倍2400mmを手持ちで揺らさないようにするのに匹敵するでしょうから6.5段分の手振れ補正がないと困難です)。合焦スピードは気持ち落ちます、EXテレコン1.4倍使うときのような感じでしょうか、ピンぼけ写真を撮るくらいなら我慢我慢。なんでも使いこなすにはトレードオフがあるの当たり前のことですから。人物のポートレート撮影でまつ毛をAFで狙うことができるカメラだということですね。GX8の方がまつ毛は狙えませんが瞳は楽に狙えました(笑 GH5との差は手振れ補正の1.5段分よくなったのとAFポイントスコープが付いたところがあります、私の撮影スタイルにこの差は非常に良かったと思います。

ピンポイントAFでAFポイントスコープ機能(特にピクチャー・イン・ピクチャー拡大表示)が無かったら使いづらい、必要だから用意してくれているのですね。最初は「なんじゃこいつは、急に拡大しやがって、鬱陶しいな~」なんて思いましたが。でっかく表示している中でしっかり揺らさないようにピンポイント狙えよと言ってくれているんですね。そしてファインダ表示がでかいのもうなづけます、だからAFポイントスコープが表示されてもまだ普通に使えるんですね。

またジョイスティックで直感的にAFポイントの移動ができ、センターに戻すにもジョイスティックを押しだけでセンターに戻る。手持ちで照準器を使わず右目ファインダーのセンターマークと左目のフィールドの景色で狙いをつける私にはこの上ないシステムです。

まだだいぶ慣れが必要みたいですが、私にとってはG9 proの選択は大正解だったと思います。

OM-D E-M1 Mark Ⅱに300mmF4で20m以上向こうの野鳥の被写体はピントが合わないと言われていますが、想像ですが私の今日のタシギがそうでした。測距点が増える分より小さなAFポイントで狙えると変わるのかもしれませんね。

GX8を売りに出す日曜の朝はまだ、G9と2台もちでもええやんと思っていました。GX8の接写の時の可動ファインダーや、超小型FL70をコマンダーに3燈ワイヤレス発光の撮影、4K動画の1.46倍のクロップ生かして使えばと。インフルにならず土曜にホシムクドリをGX8で撮っていればGX8を手放していなかったかもしれません。GX8は手放して正解です、ある意味シビアなG9の出番を少なくしてしまいストリートフォトが商品コンセプトのGX8お気楽撮影に流れることを断ち切れました(笑 (ビビッドの設定で撮影していました、色が出すぎておかしいですね。なんせまだいろいろ設定中なものでご容赦ください。)

4日日曜日の昼に大阪の片町に病気の友人を訪ねます。その前に大阪城でニシオジロビタキが出ているようなことを聞いたので、朝一で出かけ大阪城を歩き回ってみようかと思っています。


カテゴリー: 01月撮影分, 2018年01月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , , | 雌岡山のノスリ・タゲリ・タシギ・トラツグミ(G9テスト撮影) はコメントを受け付けていません。

雌岡山のウソ・ミサゴ親子・イソヒヨドリ

今日は朝遅くなったのでミニカーで雌岡山に上がりました。12月からよく鳴いているウソのメス、すぐ上に止ったので撮影しました。

雌岡山のウソ-メス-2018-1-21

ウソのオスはまだ雌岡山では全く見かけません。頂上の駐車場で隣町の押部谷町との境の谷にいるミサゴの親子が飛んできました。

雌岡山のミサゴの親子-2018-1-21

雌岡山のミサゴ2-2018-1-21

ミニカーでミサゴの巣の方へ行こうとしていると、川沿いの近くの倉庫の屋根にイソヒヨドリが飛んできました。

押部谷のイソヒヨドリ-2018-1-21

と見かけるのはアトリばかり。ベニマシコのメスを雌岡山の裏手で見かけても遠すぎて豆粒です。3週間近く雌岡山にあがっていなかったのでクロジの出現場所もだいぶ変わっているようで見かけませんでした。


カテゴリー: 01月撮影分, 2018年01月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のウソ・ミサゴ親子・イソヒヨドリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトラツグミ・ミコアイサ・ルリビタキ

今朝は叔父叔母20日の喪も明け雌岡山に向かいました。朝一に梅林でトラツグミ。

雌岡山のトラツグミ1-2018-1-20

雌岡山のトラツグミ2-2018-1-20

小さなムカデでも捕まえるかと思いましたが梅林の端へ飛びました・・・・まだまだ警戒心が強そうです。麓に下って朝の光の中一日ワントライしかできませんが、小さな池でミコアイサの飛び立を狙ってみました。

雌岡山のミコアイサ1-2018-1-20

雌岡山のミコアイサ2-2018-1-20

喪が明けたので頂上の神社に参り、ちょうど神主さんがおられたので車のお守りをいただきました。駐車場まで行っていたのはルリビタキ。

雌岡山のルリビタキ-2018-1-20

頂上からベニマシコのポイントに行くと鳴き声がしてメスがいました。1羽草の茂みに飛び込んだので撮ってみるとアオジでした。ベニマシコは撮れませんでした。

雌岡山のアオジ-2018-1-20

少し寒さも緩みました、麓の菜の花も咲きだしました。

雌岡山の菜の花-2018-1-20


カテゴリー: 01月撮影分, 2018年01月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のトラツグミ・ミコアイサ・ルリビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山麓のタゲリ・ジョウビタキ・ミサゴ

今朝も寒い日でしたが昨日より風がありませんでした。今日は地域の用事などで時間がないので1時間だけ車で麓をまわりました。雌岡山麓の神出町田井のタゲリのところに向かいましたが、どなたかが歩いてタゲリを逆光側から追いかけ回していました。少し時間をおいて落ち着いてからの撮影。

雌岡山麓の田井のタゲリ3-2018-1-14

今日も10数羽が集まっていました、今日は羽を広げたところを狙って。

雌岡山麓の田井のタゲリ1-2018-1-14

雌岡山麓の田井のタゲリ2-2018-1-14

今日は天気がいいのでタゲリを狙いましたが、撮影は車から5分程度だけで用事もあるので帰りました。ここに向かう前に、家の近くでジョウビタキと今日もダイブしてくれなかったミサゴ。

雌岡山麓のジョウビタキ-2018-1-14

雌岡山麓のミサゴ-2018-1-14

今年は雌岡山の麓のツグミの集まっている数が少ないです、トラツグミは数か所きていますが。他のツグミの仲間は今年も来てくれるでしょうかね~。


カテゴリー: 2018年01月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山麓のタゲリ・ジョウビタキ・ミサゴ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のオシドリ・ルリビタキ・オオタカ

今朝は冷え込み朝三木の防災公園に行きましたが、ぬかるみがパキパキに凍っていました。歩きやすいですが霜柱などが割れて足音が大きく撮影には不向きです。

最初に会ったのはオシドリ、防災公園のオシドリの数が増えていました。

三木防災公園のオシドリ1-2018-1-13

三木防災公園のオシドリ2-2018-1-13

三木防災公園のオシドリ3-2018-1-13

ルリビタキが出るところで凍てつく地面に毛皮のゴンスケで座り込んで待ちました。若が1羽と至近距離まで近づいてくれたのはルリビタキのメス。

三木防災公園のルリビタキ若-2018-1-13

三木防災公園のルリビタキーメス1-2018-1-13

三木防災公園のルリビタキーメス2-2018-1-13

三木防災公園のルリビタキーメス3-2018-1-13

今日はちょっと長く座っていられません。

ベニマシコもいましたが霜柱を踏む音で近づけません、逃げられてばかり。それとなんだか鳥の動きも変でした、オオタカがいました。

三木防災公園のオオタカ-2018-1-13

寒い・・・・。明日は昼から用事で朝方しか出られません、どこ行こう?


カテゴリー: 01月撮影分, 2018年01月, 2018年撮影分, 東播磨の野鳥 | タグ: , , | 三木防災公園のオシドリ・ルリビタキ・オオタカ はコメントを受け付けていません。

北区藍那キーナの森のルリビタキ、雌岡山のノスリ

冬のキーナの森は木の葉が落ちてどうなっているか行ってみました。誰も人がいなくて歩道は歩行瞑想にはいい感じでした、鳥はほとんどいない。出会ったのは帰る間際にルリビタキ。

北区山田町藍那キーナの森のルリビタキ1-2018-1-7

北区山田町藍那キーナの森のルリビタキ2-2018-1-7

北区山田町藍那キーナの森のルリビタキ3-2018-1-7

明るい所で出てくれてよかったですが、いいポーズは葉っぱかぶり。

この後呑吐ダムのベニマシコやオオタカのところに寄りましたが出会えず。雌岡山の麓のミヤマも出が悪く出会えず、いつものノスリが近い距離で撮らせてくれました・・・・田圃に下りたのでエサをとるのかと思いきや、降りただけでした。

雌岡山のノスリ1-2018-1-7

雌岡山のノスリ2-2018-1-7

雌岡山のノスリ3-2018-1-7

知り合いの方がかんでかんでの大きな木に止る若いハヤブサをE-M1 Mark IIにF4・300mmで綺麗に撮っておられました。私が予約したG9は25日以降に手元に来ます、これでやっとE-M1 Mark II並のボディーで撮影できるので待ち遠しい。

明日はお仕事、来週はまだ喪中の穢れの身なので雌岡山には上がれません。クロジやキクイタダキはどうしているでしょうね、アカハラやマミチャジナイも山の奥にいるはずですし。


カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 北区藍那キーナの森のルリビタキ、雌岡山のノスリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトラツグミ、防災公園のベニマシコ・ルリビタキ・オシドリ

今朝は曇っていました、それにすごく寒い朝だったので遅めに出かけました。まだ喪が明けていないので雌岡山も梅林まで。梅林でマインドフルネスしているとトラツグミが出てきて踊ってくれました。

雌岡山のトラツグミ1-2018-1-6

雌岡山のトラツグミ2-2018-1-6

雌岡山のトラツグミ3-2018-1-6

雌岡山のトラツグミ4-2018-1-6

梅林の他に雌岡山の麓で2か所でトラツグミを見かけました。

この前に防災公園に出かけていました。ベニマシコの群れがいましたが距離が、1度は数十㎝ででてピントが合わず、後は遠くばかりでこんなのです。

三木市防災公園のベニマシコ-2018-1-6

色の綺麗なルリビタキもいましたが暗がりでした。

三木市防災公園のルリビタキ-2018-1-6

オシドリもいましたが遠い。

三木市防災公園のオシドリ1-2018-1-6

三木市防災公園のオシドリ2-2018-1-6

防災公園でクロジも見かけましたが暗がりで撮影すると忍者みたいにブレブレでした。


カテゴリー: 01月撮影分, 2018年01月, 2018年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のトラツグミ、防災公園のベニマシコ・ルリビタキ・オシドリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のジョウビタキ・ノスリ・タゲリ、稲美のツクシガモ・カワアイサ・アトリ

今年の正月は喪中のため19日まで雌岡山には上がれないので麓や周辺で。

今年最初に撮ったのはジョウビタキ。

雌岡山のジョウビタキ-2018-1-3

ほぼ毎日飛んでいるノスリ。

雌岡山のノスリ-2018-1-3

今日は寒くてミヤマホオジロには出会えず、麓の田井のタゲリのところへ。

雌岡山麓の田井のタゲリ1-2018-1-3

雌岡山麓の田井のタゲリ2-2018-1-3

十数羽いますが、寒いのでタゲリも動いてくれません。

稲美の水辺の里に行くと居たのはアトリばかり。

稲美町水辺の里のアトリ-2018-1-3

池にはミコアイサのほかにカワアイサがいました。

稲美町水辺の里のカワアイサ1-2018-1-3

稲美町水辺の里のカワアイサ2-2018-1-3

水辺の里の近くの稲美町国岡の池に行くとツクシガモが8羽いました。

稲美町国岡のツクシガモ-2018-1-3

稲美町国岡のツクシガモ2-2018-1-3

今年は4日からお仕事スタートです。今年もボチボチと近所のフィールドに出かけ、ベンチや地面に座ってマインドフルネスしたり、息抜きに歩きながら野鳥の撮影いたします。


カテゴリー: 2018年01月, 2018年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , , , | 雌岡山のジョウビタキ・ノスリ・タゲリ、稲美のツクシガモ・カワアイサ・アトリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のミコアイサ、チョウゲンボウ、ノスリ、ツグミ、カワアイサ

前回はなかなか思うように撮れなかったので、今朝雌岡山の麓の池でミコアイサ狙いました。

雌岡山のミコアイサ1-2017-12-23

雌岡山のミコアイサ2-2017-12-23

雌岡山のミコアイサ3-2017-12-23

麓の田圃で電線でお食事をするチョウゲンボウ。

雌岡山のチョウゲンボウ-2017-12-23

あと雌岡山では、ノスリ。

雌岡山のノスリ-2017-12-23

普段は撮らないですが、ツグミがホオジロを叱っているような場面だったので。

雌岡山のツグミ-2017-12-23

天気が良かったので、雌岡山の麓の神出町田井にタゲリとカワアイサ。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ-2017-12-23

雌岡山麓の神出町田井のカワアイサ1-2017-12-23

雌岡山麓の神出町田井のカワアイサ2-2017-12-23


カテゴリー: 12月撮影分, 2017年12月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , , , | 雌岡山のミコアイサ、チョウゲンボウ、ノスリ、ツグミ、カワアイサ はコメントを受け付けていません。

稲美町のツクシガモ、雌岡山のミコアイサ・チョウゲンボウ・アトリ

稲美町の池にツクシガモが戻ってきたと教えていただき、今朝一番で行きました。

稲美町国岡のツクシガモ1-2017-12-17

稲美町国岡のツクシガモ2-2017-12-17

稲美町国岡のツクシガモ3-2017-12-17

最初は距離はありましたが順光側から、次は距離を縮めるため反逆光側に移動して撮りました。雌岡山に戻る途中いつもとまた別の場所でチョウゲンボウのメスがいました。最初は反逆光で、次は何とか場所移動して順光側から撮りました。

神出町紫合のチョウゲンボウ1-2017-12-17

神出町紫合のチョウゲンボウ2-2017-12-17

雌岡山の麓の池で茂みの隙間からミコアイサ。

雌岡山のミコアイサ-2017-12-17

雌岡山のミコアイサ2-2017-12-17

ミコアイサをもっと近くで撮りたいですがなかなか近づけないですね~。

雌岡山の中腹にはクロジが8羽いましたが手持ちで撮影しましたが暗くてブレブレでだめでした。明るいところには餌付けもされていませんが、紅葉のみを食べるアオジがおり2m以下でも逃げません。

雌岡山のアオジ-2017-12-17

かんでかんでの梅林は枯草(コセンダングサ)が茂っていて地面に下りたミヤマホオジロが撮りにくいと昨日明石の海岸で会った方に言われたので、行ってみると今日はキレに刈り取られて地面がよく見えていました。

かんでかんでの梅林のアトリ-2017-12-17

かんでかんでのジョウビタキ-2017-12-17

梅林の剪定のための下草刈りでしょう。剪定のない日曜日か剪定の始まる前(朝一)・終わった後(午後遅く)の時間にミヤマホオジロが狙いやすくなりました。

寒いのでミヤマが出るのを待たず帰ることにしました。かんでかんでの梅林から、ずっと向こうに白いゲレンデのようなのがある山を見かけました。たぶんオープンしたばかりの峰山高原のスキー場でしょう。

雌岡山から見える峰山高原-2017-12-17

もう35年以上になりますが若い頃は競技スキー楽しんでいた頃は八方尾根や戸隠に行っていました。登山もしていたので天気のいい日に八方尾根の先の唐松岳の頂上まで登り、帰りは山スキー、その時真っ白なライチョウを撮りましたがスライドを紛失してしまいました。・・・・冬山登山は長くやっていませんが、そのうち八方尾根の上部に白いライチョウの写真を撮り直しに行けたらいいなと妄想しながら撮りました(笑


カテゴリー: 12月撮影分, 2017年12月, 2017年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , | 稲美町のツクシガモ、雌岡山のミコアイサ・チョウゲンボウ・アトリ はコメントを受け付けていません。