雌岡山の雪割草(スハマソウ)・ジョウビタキ・ヒヨドリ・クロジ・シロハラ・ミヤマホオジロ

朝キジのホロウチで7時に目をさまし、雌岡山へ。梅林で花と撮れたのはジョウビタキとヒヨドリだけ。

雌岡山のジョウビタキ雌-2017-3-4

雌岡山のヒヨドリ-2017-3-4

山頂付近では今年は少し開花が遅い雪割草(スハマソウ)が花を咲かせていました。

雌岡山の雪割草(スハマソウ)-2017-3-4

もう三月ですね、雪割草。カタクリが咲いてギフチョウが舞ってイチリンソウが咲いて・・・・山頂の桜にキビタキが撮れたらいいな。先週よりも少しクロジはだいぶ黒く夏羽に近くなってきていました。

雌岡山のクロジ1-2017-3-4

別の子。

雌岡山のクロジ2-2017-3-4

今日は先週よりも至近距離2.5m。

雌岡山のクロジ3-2017-3-4

シロハラも。

雌岡山のシロハラ-2017-3-4

ミヤマホオジロは人が多く梅には出てくれません。少し山の中のいつもの場所に隠れています。梅の木の方にはどうしても行きたくないようです。

雌岡山のミヤマホオジロ-2017-3-4

明日かんでかんでの梅林はイベントで関係者以外立ち入り禁止、どんなイベントなんでしょうね立ち入り禁止って?

麓ではフキノトウも顔を出していました。

雌岡山のフキノトウ-2017-3-4

今日はPCで1時間おきの自動運転で仕事させながら、終了したらまた起動しお仕事をさせる。そんなことをしながら午後は大久保のオジロビタキ・林崎のビロードキンクロがまだいて羽の色が夏色に近くなってないか見に行きました。どちらもいませんでした。

この辺はもう春真っ盛り、はやく北の方の雪が解けないかな~。


カテゴリー: 03月撮影分, 2017年03月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 | タグ: , , , , , , | 雌岡山の雪割草(スハマソウ)・ジョウビタキ・ヒヨドリ・クロジ・シロハラ・ミヤマホオジロ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトラツグミ・クロジ

今朝は明け方前に雌岡山に出かけました。朝日が昇り人が来る前にトラツグミに出会いました。座り込んでいたのですが高い所からだったのでアングルは高いですがすぐ目の前まで来てくれました。

雌岡山のトラツグミ1-2017-2-26

雌岡山のトラツグミ2-2017-2-26

こっちをじっと見てクルッと行きました。

長く居てくれたクロジ、今日もイタチが出ましたが追い払い、一番黒い子は出てくれませんでしたが最後に他に人がいなかったので少し近くで記念写真。

雌岡山のクロジ1-2017-2-26

雌岡山のクロジ2-2017-2-26

地べたに座りこんでいて出てくれるのを待っていると寒かった。長いこと遊んでくれてありがとう。

午後はアカハラが出るという公園に行きましたが、トラツグミと遠くのアオゲラにしか会えませんでした。昨日枝かぶりで撮り損ねた浜の宮公園のアカゲラに会いに行きましたが出会えませんでした。昨日も見かけなかった林崎のビロードキンクロ、今日帰りに行きましたがいませんでした。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のトラツグミ・クロジ はコメントを受け付けていません。

林崎のウミアイサ、浜の宮のハチジョウツグミ・トラツグミ

午後ミニカーで林崎のビロードキンクロがいれば羽もだいぶ変わってきているだろうと出かけました。浜の宮に寄ってから夕方行きましたがいませんでした。撮れたのはウミアイサ。

林崎のウミアイサ-2017-2-25

この前に浜の宮でハチジョウツグミ、暗いのにGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX+BOGE絞り M42 P0.75換算2000mm超で撮影したためダメダメです。

浜の宮ハチジョウツグミ1-2017-2-25

浜の宮ハチジョウツグミ2-2017-2-25

浜の宮のトラツグミ。

浜の宮トラツグミ-2017-2-25

RAYNOX HDP-9000EXは明るい環境のいい時ISO200~400までで撮影できる時だけに限定しないといけません。浜の宮ではGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmでカーボン三脚にジンバル雲台でレリーズケーブル使って撮るのが良かったと思います。

今朝、雌岡山に上がるとウソが5羽に増えていました。光線が悪く数枚とって移動しました。クロジの出も少し悪くなっているように聞きました。・・・・ビロードキンクロみたいにいなくなる前に、明日一番黒くなった状態のクロジを撮っておこうと思います。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , , | 林崎のウミアイサ、浜の宮のハチジョウツグミ・トラツグミ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のアカウソ・ウソ・タゲリ・クロジ

雌岡山は今日は市のハイキングのイベントで朝と夕方しかチャンスがありません。朝は歩いて山頂でどのくらいクロジが黒くなっているかを確認のため撮り、午後遅く車でタゲリ、その後山頂のウソ狙い。・・・まずはアカウソ。

雌岡山のアカウソ1-2017-2-19

雌岡山のアカウソ2-2017-2-19

一緒にいたウソ(だと思います)。

雌岡山のウソ1-2017-2-19

雌岡山のウソ2-2017-2-19

タゲリ。

雌岡山のタゲリ-2017-2-19

朝撮ったクロジ・・・・まだ思うほど黒くなっていません。

雌岡山のクロジ1-2017-2-19

雌岡山のクロジ2-2017-2-19

もう2ヶ月になります、後一月たてば黒くなるんでしょうね・・・・それまでいてくれたらいいですね。

先週土曜日からウソの声を聴いていましたが撮れず、今日ようやく撮れました。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のアカウソ・ウソ・タゲリ・クロジ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のミヤマホオジロ・ジョウビタキ・ルリビタキ

今朝も雌岡山でウソの声は聞くものの姿を見つけられませんでした。かんでかんでの梅林でミヤマホオジロと梅。

雌岡山のミヤマホオジロ1-2017-2-18

雌岡山のミヤマホオジロ2-2017-2-18

こっちの子は梅の花とは一緒に撮れず。

昨日とはうってかわって寒い、早めに引揚げました。家で一人になったのでコーヒーとVAPEでニコチン楽しみながらゆっくり音楽聞いて昼まで過ごしました。

夕方雌岡山の梅林でトラツグミが梅にとまらないかと出かけましたが、姿を見せず。梅と撮れたのはメジロとジョウビタキの子の子だけ。

雌岡山のジョウビタキ-2017-2-18

数年前はルリビタキのオスが梅林で撮らせてくれていましたが、梅林の反対側の山の大きな木や常緑樹を桜を植えるのに大量に伐採されてしまいルリビタキは梅林には入ってこなくなりました。今年もさらに木を切り倒されました。その後のブッシュにルリビタキの雌が今日もいました。

雌岡山のルリビタキ-2017-2-18

私の住む雌岡山の麓の集落は、竹や木を伐採するのもいちいち届をして許可を得なければならない神戸市長とのパートナーシップ契約とやらがあり、梅林周辺も同様のはずですがね。

ツツドリが良く休憩する梅林南の常緑樹もごっそり伐採され、向こうの牛舎が丸見えに近い状態になってしまっています。ツツドリの出方も変わってしまうかもしれませんね。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のミヤマホオジロ・ジョウビタキ・ルリビタキ はコメントを受け付けていません。

防災公園のオオタカ・アオゲラ・ルリビタキ、稲美のカワアイサ・カワセミ・ツクシガモ・オオハシシギ、雌岡山のトラツグミ・ツグミ

今朝は車で久しぶりに隣町の三木防災公園に出かけました。木の葉が落ち鳥が見やすい状態、でも枝かぶりまくりの中オオタカ。

三木防災公園のオオタカ1-2017-2-12

三木防災公園のオオタカ2-2017-2-12

防災公園でのアオゲラ(昨日雌岡山でも撮りましたが)。

三木防災公園のアオゲラ-2017-2-12

三木防災公園のルリビタキの雌。

三木防災公園のルリビタキ-2017-2-12

1時間ぐらい防災公園の谷を歩きこのほかヒクイナやミヤマホオジロなどがいました。

昼食後稲美町の方に出かけて、カワアイサ。

稲美町のカワアイサ-2017-2-12

知り合いの方と出会いカワセミ。

稲美町のカワセミ-2017-2-12

教えてもらった天満大池に出かけ、ツクシガモとオオハシシギ。

稲美町のツクシガモ-2017-2-12

稲美町のオオハシシギ1-2017-2-12

稲美町のオオハシシギ2-2017-2-12

今日雌岡山には昨日ウソの声を聴いたので防災公園の帰りに上がりましたが見つけられず、元気なクロジを見てから、かんでかんでの梅林でツグミと梅だけ。

雌岡山のツグミ-2017-2-12

昨日は午後地域の用事などもあり、夕方梅林でトラツグミの枝どまりを。

雌岡山のトラツグミ1-2017-2-12

雌岡山のトラツグミ2-2017-2-12

昨日土曜日は、梅とトラツグミやルリビタキのオスの写真は撮れず、ウソの声を聴いても発見できず。今日は、いつも雌岡山だけでなくたまには隣町のフィールドに出かけようと思い出かけてよかったです。ちょっと隣町に行けばいろんな子たちに合える、ありがたい。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 他フィールドの生物, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , , , , , | 防災公園のオオタカ・アオゲラ・ルリビタキ、稲美のカワアイサ・カワセミ・ツクシガモ・オオハシシギ、雌岡山のトラツグミ・ツグミ はコメントを受け付けていません。

雨の雌岡山のトラツグミ・ルリビタキ・ジョウビタキ・シロハラ・メジロ・クロジ

昨日土曜日は天気がよくまだ梅は1部だけ咲いてるだけですが人も多く鳥は少ない状態でした。今日は雨、午後雨がやみ雌岡山は濃いガスに包まれていました。人気のない梅林に出かけました。トラツグミはいましたが桜の花の咲いた枝には止まってくれません。昨年暮れからもう1月以上になります。

雌岡山のトラツグミ1-2017-2-5

雌岡山のトラツグミ2-2017-2-5

ルリビタキの雌が梅林に入りますがこれも花の咲いた枝には止まりません。

雌岡山のルリビタキの雌1-2017-2-5

雌岡山のルリビタキの雌2-2017-2-5

昨年からシロハラはたくさんいますが、山で枯葉をほって虫を捉える音がほとんどしません。山の落ち葉の下の虫が少ないんでしょう、ナンキンハゼなどの大きな木の実ばかりよく食べています

雌岡山のシロハラ-2017-2-5

梅の花にとまるのはメジロばかり、そのメジロも大きな木の実をよくほおばっています。

雌岡山のメジロ-2017-2-5

ジョウビタキはトラツグミと同じく小さなムカデを啄ばんでいます。

雌岡山のジョウビタキ-2017-2-5

雌岡山の山頂は濃い霧に包まれていました、数m先のクロジもこんなに霞んでしまいます。

雌岡山のクロジ-2017-2-5

トラツグミは年末から山を飛び回り、梅林も1ヶ月以上エサ場にしています、他にいいところが無いのでしょう。 山の中の落ち葉の下の虫が少ないようです、山の中の落ち葉を掘り起こす音がほとんどせず静かです。同じフィールドを毎週歩く私には驚くほど今年の山は静かです。その一方で木の実を鳥たちが取り合っています。ツグミやシロハラがしきりに大き目の木の実を食べています。今年は麓でアトリが異常に多く大きな群れで移動し木の実を食べつくしていました。・・・・なんかおかしな感じです。

梅の花がなかなか咲きませんね~、満開の頃の天気の悪い日に桜にとまる鳥たちを撮ってみたいと思います。


カテゴリー: 02月撮影分, 2017年02月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , , | 雨の雌岡山のトラツグミ・ルリビタキ・ジョウビタキ・シロハラ・メジロ・クロジ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトラツグミ・ミヤマホオジロ・タゲリ・ミコアイサ

今朝、LUMIX G VARIO 100-300mm+RAYNOX HDP-9000EX+BOGE絞り M42 P0.75のテストを兼ねて雌岡山梅林のトラツグミを撮影に行きました。

雌岡山のトラツグミ-2017-1-29

昨年暮れからいますが、昨日あたりだいぶ撮られるのに疲れたのか今日は近くには来ませんでした。次はミヤマホオジロのところに。

雌岡山のミヤマホオジロ-2017-1-29

あと数日暖かいと梅とミヤマは撮れるかもしれませんね。私は仕事なので来週土日までダメですが、土日は観梅の人が増え撮れないかもしれませんね。色の綺麗なルリビタキもどこかに行ってしまったようですし。

天気も悪いので車で池の方へ、いつものところにタゲリは居ました。LUMIX G VARIO 100-300mm+RAYNOX HDP-9000EX+BOGE絞り M42 P0.75で車から手持ち撮影。

雌岡山のタゲリ-2017-1-29

ミコアイサも。

雌岡山のミコアイサ-2017-1-29

クロジは今日も元気でした。

LUMIX G VARIO 100-300mm+RAYNOX HDP-9000EX+BOGE絞り M42 P0.75はダメですね。マスターレンズの性能が悪いので、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmとの組み合わせに比べ画質がすごく悪くなっています。

ジッツオのカーボン三脚はおそろしく高価です。けど補修用部品の供給など日本メーカー以上の対応をしておりさすがです。1999年のジッツオ G1228がまだ使えますがセンターポールの締め付けが弱っていてその修理パーツを探すとメーカー本国ですがNetで購入できました。

AMAZONで中国製のジンバルGimbal Tripod Head BK-45雲台を¥8,200で買いましたが、アーム上部の横のネジがそのままでは利かない。
①軽くスイングできカメラがスッと止まる強さにネジの締め付けを調整して、スイングさせるとネジが緩む側の揺れの時にネジが回ってしまい大きくガタツキが発生してしまう。
②下の回転部はカクカクした動きで油切れしたような感じの動きしかしない。

ジンバル雲台補修

アーム上部のネジの①の問題は、レンズを載せる側の治具とネジが別々にアームに接していて揺らすとネジが緩んでしまうので、水道補修用のOリングを写真のようにネジのところにワッシャーのように嵌めレンズを載せる側の治具とネジがこのOリングで繋がるようにすると上手く作動するように改善できました。(内径10.5mm、太さ2.7mmのゴム製の黒い水道・水栓などの補修用Oリング:私はカクダイの9850-11Rというのを使いました)
①と回転部にはばらした時にグリースを塗り、②の回転部にはネジを抜いてそこから回転部にグリースを注入すると動きはスムーズになりました。
安い部品を追加して嵌める・グリースを塗る、これだけで使えるようになります。けれど、とどいた商品をそのまま使えない欠陥商品と言えます。ただし安い!なんとかDIYで使えるようにする方法もある。

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmは、35mm換算800mmを手持ちで最短焦点距離1.3mで撮影でき被写界深度が深いところに特徴があります。接近戦ドアップ(野鳥のポートレート)や機動力(撮影者が少なく被写体が飛んでくる方への移動や飛んで行ったところへの回り込み・だるまさんが転んだでの接近や匍匐前進)の撮影スタイル。三脚も軽量であり雲台も軽いのがいい。一方小さなシステムで超望遠ができる・・・・これには単焦点400mm・f6.3でAFが利くレンズが欲しい。ボディはGX8でいい、から後単焦点400mm・f6.3のレンズが欲しい。


カテゴリー: 01月撮影分, 2017年01月, 2017年撮影分, 撮影機材, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のトラツグミ・ミヤマホオジロ・タゲリ・ミコアイサ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のクロジ、明石のビロードキンクロ・ヒメウ・ウミアイサ

今朝雌岡山の梅林に行くと、梅の花は先週とかわらない開花状況で咲いている花も寒さと乾燥で干からびかけていました。梅花と鳥はあきらめ山頂で朝の光の中のクロジを狙いに上がりました。

雌岡山のクロジー2017-1-28

年末には痩せていたクロジも元気に太ってきました。3羽だったのが8羽以上も集まってきているようです。ミヤマホオジロの梅林も同じで梅花と鳥はあきらめました、ミヤマホオジロも1羽見かけましたが出が悪い状態。綺麗なルリビタキも姿を出しません。

明石のビロードキンクロは連絡をいただきすぐ行きましたが天候が悪く証拠写真程度でした。今日お会いした知り合いの方何人かに2000mm超の望遠で行ったらなんとか写せるよと背中を押され、午後遅く灯台に行き撮影してみました。GX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX+BOGE絞り M42 P0.75換算2000mm超で撮影し、1.4倍の切り出し約2800mm相当でこれです。灯台から70~80mぐらいの距離のところより近くには来てくれません。

明石のビロードキンクロ1-2017-1-28

明石のビロードキンクロ2-2017-1-28

明石のビロードキンクロ3-2017-1-28

デジスコでないと厳しいですね。ついてすぐ知り合いの方がおられそこにヒメウがいると教えていただきました。

明石のヒメウ1-2017-128

明石のヒメウ2-2017-128

防波堤西側にいたので夕方の光では厳しいです。防波堤の中にウミアイサの雌がいました。

明石のウミアイサ雌-2017-128

今日の午前中はヒメウが防波堤の中にいたようです・・・・残念、でも距離は遠くなってしまうので光線は悪くてもしようがないですね。今日雲台はGITZOのオイルフリュードのビデオ雲台で行きましたが、リモートレリーズケーブル使うのなら風がない時はジンバル雲台がいいですね。今朝は比較的軽いGITZOのカーボン三脚にジンバル雲台着けていましたが、午後遅く出かけるときに付け替えていきました。撮影状況ごとの機材の使い分け上手くならないといけませんね。


カテゴリー: 01月撮影分, 2017年01月, 2017年撮影分, 他フィールドの生物, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のクロジ、明石のビロードキンクロ・ヒメウ・ウミアイサ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のトラツグミ・クロジ・シジュウカラ

夕方雌岡山に上がりました。マミチャジナイを狙っていますが、梅林に食欲旺盛のトラツグミがいました。ミミズやムカデなどを食べまくっていました。

雌岡山のトラツグミ1-2017-1-22

雌岡山のトラツグミ2-2017-1-22

雌岡山のトラツグミ3-2017-1-22

何本か梅が咲いていたので、シジュウカラと梅。

雌岡山のシジュウカラ-2017-1-22

ルリビタキやミヤマホオジロで梅と一緒に撮りたいのですが・・・・来週ぐらいにチャンスないかな~。他の鳥を待たずトラツグミがいたのでそちらに行ってしまいました。

梅林に行く前に頂上によりました、クロジは今日も3羽元気でした。夕日を浴びたものを。

雌岡山のクロジ-2017-1-22

 


カテゴリー: 01月撮影分, 2017年01月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のトラツグミ・クロジ・シジュウカラ はコメントを受け付けていません。