三木防災公園のアオシギ・ルリビタキ、雌岡山麓の田井のタゲリ

昨日鳥の情報をいただき雌岡山麓の上北古に向かう前に、今朝は三木防災公園に出かけました。昨年末にタシギより大きな子を撮り逃がしていたのと、ベニマシコとルリビタキのオスを近くで撮れていないのでそれを狙いに。行くとちょうど湿地でじっとしているタシギよりかなり大きな子がいました。

三木防災公園のアオシギ1-2019-1-26

三木防災公園のアオシギ2-2019-1-26

この前はカメラのファインダーで覗く暇もなく逃げられていましたが、今日は覗いてよく見えました。タシギじゃなくてアオシギ。去年の台風で道が寸断され東播用水が土砂で埋まっていましたが今日帰ろうとしていると工事の方とすれ違いお話を聞くと2日前から復旧工事をしているとのことでした。クロジやカシラダカやベニマシコは全くいませんでしたが、それでもこの子はまだ居てくれてました。見かけた2回は朝早い時間でした。

少し奥でようやくルリビタキのオスが近くに出てくれました。

三木防災公園のルリビタキ1-2019-1-26

三木防災公園のルリビタキ2-2019-1-26

2~4週間ぐらいは復旧工事があるでしょう。小型ダンプや重機が動いています。

雌岡山に寄りましたが出会いなく、上北古へ向かいました。途中田井の池で見かけたタゲリ。

三木防災公園のルリビタキ1-2019-1-26

上北古(宝勢の一部)ではハイタカが小鳥を追いかけているのを見て、そのほか特に出会いはありませんでした。


カテゴリー: 01月撮影分, 2019年01月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , | 三木防災公園のアオシギ・ルリビタキ、雌岡山麓の田井のタゲリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のビンズイ・ジョウビタキ・ルリビタキ・タカブシギ・チョウゲンボウ・ノスリ・ミコアイサ

昨日の土曜日は午後から用事があったので、フィールドへ出るのは久しぶりなので午前中はKSR110で久しぶりに雌岡山や麓周辺の下見に走りました。下見をしても出会う鳥が少ない。今日日曜は午前中は雨で、昼過ぎにワゴン車で雌岡山に上がりましたが出会いなし。下の梅林に車で回ると雨もやみすぐに日が差してきました。最初に遊んでくれたのはビンズイ。

雌岡山のビンズイ1-2019-1-20

雌岡山のビンズイ2-2019-1-20

すぐ横でジョウビタキ。

雌岡山のジョウビタキ-2019-1-20

カラスザンショウのところでルリビタキのメスタイプ。

雌岡山のルリビタキのメスタイプ1-2019-1-20

雌岡山のルリビタキのメスタイプ2-2019-1-20

麓のカワセミの池に行くとタカブシギがいました。

雌岡山麓の池のタカブシギ-2019-1-20

いつものところに行くとチョウゲンボウ。

雌岡山麓のチョウゲンボウ-2019-1-20

少し離れたところにこれもいつも来るノスリ。

雌岡山麓のノスリ-2019-1-20

雌岡山の梅林に戻りその前に横の池でミコアイサ。

雌岡山麓の池のミコアイサ-2019-1-20

梅林に上がりましたが出会いなし。シロハラも1羽しか見かけませんでした、鳥が少ないですね。まあ1月は出会いが少ないからこんなものかな? 喪が明け久しぶりの雌岡山でした。


カテゴリー: 01月撮影分, 2019年01月, 2019年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , , , , | 雌岡山のビンズイ・ジョウビタキ・ルリビタキ・タカブシギ・チョウゲンボウ・ノスリ・ミコアイサ はコメントを受け付けていません。

台湾-屏東のシロガシラ・シマアカモズ・インドハッカ・タイワンリス

16日は屏東に泊まり、朝起きると小雨模様。いつも散歩に出かける公園は遠いのでホテル前の公園へ出かけ、シロガシラとリスに会いに出かけました。まずはシロガシラ。

台湾-屏東のシロガシラ1-2019-1-17

台湾-屏東のシロガシラ2-2019-1-17

タイワンリスも小雨模様で比較的人が少ないのであちこちの木々の間を走り回っていました。

台湾-屏東のタイワンリス-2019-1-17

花のところにモズが止まってくれたので、たぶんシマアカモズだと思います。

台湾-屏東のシマアカモズ-2019-1-17

こんな街中の公園で写真を撮っているのは日本人だろうと、80代のご老人が声をかけてくださって・・・・話が長くなり大変でした。

高雄空港で外の喫煙所でタバコを吸っているとシロガシラとインドハッカがいたのでインドハッカを。

台湾-高雄空港のインドハッカ-2019-1-17

16日行った高雄市北部の茄萣湿地の石碑(この裏がこの日は近くで撮影できるポイントでした)。

台湾-高雄市茄萣湿地-2019-1-16

茄萣湿地には16日クロツラヘラサギが254羽いたと案内してくれた現地の方が言っていました。台南の九股の干潟がクロツラヘラサギでは有名です。16日は曇天で小雨交じりの天候でしたから残念ですが、仕事で来ているので午後遅くから2時間だけでも行けてラッキーでした。3月ごろに北へ帰るようですが運が良ければその頃に婚姻色のクロツラヘラサギが撮れるようです。


カテゴリー: 01月撮影分, 2019年01月, 2019年撮影分, 他フィールドの生物 | タグ: , , , | 台湾-屏東のシロガシラ・シマアカモズ・インドハッカ・タイワンリス はコメントを受け付けていません。

台湾-高雄市-茄萣湿地クロツラヘラサギ、ソリハシセイタカシギ、アフリカクロトキ

13日から台湾に仕事で出かけていました。16日高雄市で午後から時間が取れたので、クロツラヘラサギがいる茄萣湿地に行きました。観察小屋に行くと遠くに100羽以上のクロツラヘラサギがいました。そこで地元のクロツラヘラサギの保護活動をしている人に出会いもっと近くに来てくれるところに案内してもらいました。

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ1-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ2-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ3-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ4-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ5-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ6-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ7-2019-1-16

他にカメラマンが誰も来ない曇天でしたが、待っていると2度間近まで来てくれました。案内してもらって最初は比較的近いといっても40~50mほど向こうでした。

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギ8-2019-1-16

一羽変なのが混じっている、聞くとエジプトの方の鳥で動物園から抜け出して大繁殖しているとのこと、たぶんアフリカクロトキでしょうね。

台湾-高雄市-茄萣湿地のアフリカクロトキ-2019-1-16

観察小屋から見えたのはこんな感じです。

台湾-高雄市-茄萣湿地のクロツラヘラサギの群れ-2019-1-16

クロツラヘラサギを見る前にあったのがソリハシセイタカシギ。

台湾-高雄市-茄萣湿地のソリハシセイタカシギ1-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿原のソリハシセイタカシギ2-2019-1-16

台湾-高雄市-茄萣湿地のソリハシセイタカシギ3-2019-1-16

いつも仕事では台湾にはカメラを持っていきません。前回高雄空港閉鎖で2日帰れなかったりしました。何かあったらホテル近くの公園でリスやシロガシラでも撮ろうと今回は小さなショルダーに入れていきました。


カテゴリー: 01月撮影分, 2019年01月, 2019年撮影分, 他フィールドの生物 | 台湾-高雄市-茄萣湿地クロツラヘラサギ、ソリハシセイタカシギ、アフリカクロトキ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のオシドリ・キンクロハジロ・クロジ・ルリビタキ・ジョウビタキ

昨年に続いて今年も鳥居をくぐるのは憚れるので、正月も仕事をしていました。昨日はあいさつ回りに行き仕事をして早めに寝ました。今朝はあいにくの小雨でやんでから三木の防災公園に出かけました。今日は比較的近くにオシドリがいました。

三木防災公園のオシドリ-2019-1-5

すぐ近くに居たキンクロハジロ。

三木防災公園のキンクロハジロ-2019-1-5

ベニマシコのところでは声も姿もなく少し奥のクロジのポイントに行きました。居たのは雌が1羽だけ笹の中。しばらく待っても他は遠くでチョロチョロするだけで近づいてくれません。

三木防災公園のクロジ-メス-2019-1-5

近くについてきてくれるのはルリビタキのメス。

三木防災公園のルリビタキ-メス-2019-1-5

そしてジョウビタキ、雌が鳴いていたのでそわそわしているようでした。

三木防災公園のジョウビタキ-2019-1-5

来週の日曜から仕事で台湾出張。台中の河口でクロツラヘラサギがいますが寄れそうにもありません。あとは明日だけ少しフィールドに出れるかな。


カテゴリー: 01月撮影分, 2019年01月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , , | 三木防災公園のオシドリ・キンクロハジロ・クロジ・ルリビタキ・ジョウビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のカシラダカ・ルリビタキ・ミコアイサ・チョウゲンボウ・ミサゴ

土日は天気も悪く夜中までお仕事に集中できました。今日は朝早く起きれなかったのでゆっくり気分転換に雌岡山へ。笹まみれの中でいたのはカシラダカ。

雌岡山のカシラダカ-2018-12-24

あと出会えたのはルリビタキのメス。

雌岡山のルリビタキのメス-2018-12-24

山を下りてから池に向かうとミコアイサが居たので土手から頭だけを出して撮影。

雌岡山麓のミコアイサ-2018-12-24

いつものチョウゲンボウ。

雌岡山麓のチョウゲンボウ-2018-12-24

池の堤を歩いているとミサゴが低くこちらに飛んできました。

雌岡山麓のミサゴ1-2018-12-24

雌岡山麓のミサゴ2-2018-12-24

歩きながらもやっていた仕事のことを思索しながら歩いていましたが、少し気分転換できました。午後はいろお知らせいただいていた先に出かけようかと思っていましたが、やめました。すごく寒いし、仕事が気になり遠出するのも億劫になって。


カテゴリー: 12月撮影分, 2018年12月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , , | 雌岡山のカシラダカ・ルリビタキ・ミコアイサ・チョウゲンボウ・ミサゴ はコメントを受け付けていません。

姫路のイソヒヨドリ、稲美のサカツラガン・ズグロカモメ、雌岡山麓のタゲリ・チョウゲンボウ

今日は9時半ごろ干潮のようで姫路方面に、昼には戻る予定でKSR110で出かけました。姫路方面ではイソヒヨドリが寒い中体を温めていてゆっくり間近で撮らせてくれました。

姫路のイソヒヨドリ1-2018-12-15

姫路のイソヒヨドリ2-2018-12-15

途中の港や河口によるも特に出会いはなく、稲美まで戻ったのでサカツラガンのところに行って見ました。水に浮かんでいるところだけ撮れました。

稲美のサカツラガン1-2018-12-15

稲美のサカツラガン2-2018-12-15

人も多いしすぐに退散し、経ノ池へ向かうと何か飛んでくるのでバイクに跨りヘルメット被ったままカメラを取り出し撮りました。ヘルメットが邪魔でまともに撮れませんでした。でもズグロカモメのようです。

稲美のズグロカモメ1-2018-12-15

稲美のズグロカモメ2-2018-12-15

港や河口で出会えなかったのに。・・・・雌岡山に戻り麓の田井の池でタゲリ。

雌岡山麓の田井のタゲリ-2018-12-15

今年は田んぼの堆肥には来てくれませんね、遠すぎます。その近くでチョウゲンボウ。

雌岡山麓の田井のチョウゲンボウ-2018-12-15

雌岡山では特に出会いなく、五百蔵に行くとまたチョウゲンボウ。

雌岡山麓の五百蔵のチョウゲンボウ-2018-12-15

明日は朝から法事に出かけフィールドには出られない、半日いい気晴らしができました。


カテゴリー: 12月撮影分, 2018年12月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , , | 姫路のイソヒヨドリ、稲美のサカツラガン・ズグロカモメ、雌岡山麓のタゲリ・チョウゲンボウ はコメントを受け付けていません。

稲美町のサカツラガン、雌岡山の麓のチョウゲンボウ・ノスリ・ミサゴ

今朝は少し仕事の前に、連絡をいただきながら忙しく人も多そうなので行けてなかった稲美町のサカツラガンのところに行ってきました。3輪ミニカーで池に行きましたが居らず、周辺の田んぼを見て回ると居ました。飼料用水稲の刈ってない田んぼなので皆さんとは違うところから3輪のシートを脚立代わりにして立ち上がり撮影。

稲美町のサカツラガン1-2018-12-13

稲美町のサカツラガン2-2018-12-13

稲美町のサカツラガン3-2018-12-13

1時間ほどいましたが仕事に戻りました。事務所近くに帰り雌岡山の麓でもう少しだけ撮りました。光線もよかったのでチョウゲンボウ。

雌岡山麓のチョウゲンボウ-2018-12-13

雌岡山麓のノスリ-2018-12-13

ダイブしてくれなかったミサゴ。

雌岡山麓のミサゴ-2018-12-13

 


カテゴリー: 12月撮影分, 2018年12月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , | 稲美町のサカツラガン、雌岡山の麓のチョウゲンボウ・ノスリ・ミサゴ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のルリビタキ雌・ミヤマホオジロ、雌岡山のハイタカ・チョウゲンボウ

今朝は三木の防災公園に行きました。ルリビタキのメスが何か所かよく出て遊んでくれました。

三木防災公園のルリビタキ-メス1-2018-12-9

三木防災公園のルリビタキ-メス2-2018-12-9

カシラダカの群れにミヤマホオジロが居ましたがピンボケ。

三木防災公園のミヤマホオジロ-2018-12-9

訓練のヘリコプターが轟音を轟かせ始めたので退散。

夕方に昨日草刈りした草を栗畑に上げハンマー・ナイフ・モアで残渣処理してから麓の田んぼなどを回ってみました。バイクで走っていると猛禽が田んぼから飛び立ち耕作放棄地の奥のフェンスに行くのが見えました。バイクで回り込み跨ったままヘルメットを被ったまま撮りました。ハイタカでした。

雌岡山の麓のハイタカ1-2018-12-9

雌岡山の麓のハイタカ2-2018-12-9

また別のところで居たのはチョウゲンボウ。

雌岡山の麓のチョウゲンボウ-2018-12-9

栗のOrchard-Garden計画の第一段の終盤は、来週に法務局の現地調査があり登記変更が完了して、登記変更を農業委員会に報告書類を提出してまた現地調査があり完了。現地調査があるので急いで栗の植え付けと草刈りしなければなりませんでした。自分で登記変更の手続きをすれば非常に安く上がります。仕事が忙しいなかこれらの用事が追加されゆっくりフィールドに出かけられません。今月で住宅ローンを完済されるので抵当権設定されているのでこれを外す登記手続きも来月には自分でしなくてはなりません。


カテゴリー: 12月撮影分, 2018年12月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , | 三木防災公園のルリビタキ雌・ミヤマホオジロ、雌岡山のハイタカ・チョウゲンボウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のニホンイタチ、麓周辺のタゲリ・ノスリ・モズ

栗を植えた田んぼ2枚の草刈りが大変で先週はフィールドには出られず、登記変更も済ませ、今日の午前中はフィールドに出る予定でした。妻が長いこと風邪をこじらせていて昨日の夜また熱が出たので今日の朝いちばん医者に行くことに。孫を朝から預かる約束だったので、朝は孫が来るまで待機していました。7時過ぎに家の裏でイタチが遊ぶように餌探ししていたので2階の洗面所から撮影。

雌岡山のニホンイタチ1-2018-12-8

雌岡山のニホンイタチ2-2018-12-8

雌岡山のニホンイタチ3-2018-12-8

孫が来て妻が医者から帰って少し落ち着いてから、少しだけ3輪ミニカーで池や田んぼを見に出かけました。風が寒くて強い、ノスリが電柱に止まっていました。

雌岡山の麓上北古のノスリ-2018-12-8

田んぼにタゲリが今年はなかなか来てくれません、池の方ばかりで遠い。

雌岡山の麓田井のタゲリ-2018-12-8

ちょっとだけ近くで遊んでくれたのはモズだけです。

雌岡山の麓上北古のモズ-2018-12-8

昨日の夜親戚の方がなくなり今日通夜があるとのことだったので、それまでに午後からは栗畑の畔草刈り、2mの高さのところもあり強は刈るだけで精一杯。明日の午後は刈った畔草を畑に上げてハンマー・ナイフ・モアで砕かなければなりません。朝から半日少し出かけてみます。


カテゴリー: 12月撮影分, 2018年12月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山周辺の野生動物, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のニホンイタチ、麓周辺のタゲリ・ノスリ・モズ はコメントを受け付けていません。