粟鹿山のオオアカゲラ・オオルリ・キビタキ

朝早く起きられず7時半ごろKSR110で北部の山の林道に出かけました。メチャクチャ湿度の多い日でした。いつものように丹波市側から粟鹿山によってそこから黒川ダム経由の林道で与布土へ行こうと考えていました。粟鹿山の南斜面の丹波市側も風害は少なかったですが、オオアカゲラが好きな木の一番近いのが崖崩れに巻き込まれなくなっていました。さらに上の撮影するには少し遠くなるところの木は無事でした。

丹波市粟鹿山のオオアカゲラ-2018-8-26

もういないだろうと思っていたオオルリがまだいました。バイクに乗ったままの撮影でピント合っていません。

丹波市粟鹿山のオオルリ1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のオオルリ2-2018-8-26

粟鹿山のオオルリ3-2018-8-26

頂上でタカを期待しましたがキビタキの幼鳥だけでした。

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥2-2018-8-26

黒川ダムから与布土への林道は途中土砂崩れで通行止め、銀山湖経由で与布土に行きましたがダムへの道はまだ通行止めでした。今日は鳥よりもSKR110で林道ツーリングがメインにして楽しみました。秋ごろになったらもっと気持ちよくツーリングできるでしょうね。粟鹿山の南斜面までは丹波、親戚の宍粟市はまだ播州、KSR110でまだ足を延ばしそうで但馬までは行きそうですね。・・・・今日も丹波側の途中の道でハンターの方とお会いしました、秋は気持ちいいけどいろいろ気をつけないといけませんね。但馬はタカも期待できますが、ホンモノのクマも丹波や播州以上に多いですからね。下手に林道や山道を徒歩で行くより、軽くて小さい少しのオフロードなら走れるKSR110で移動すればエンジン音でクマに対しては安全でしょう。

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 他フィールドの生物, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | 粟鹿山のオオアカゲラ・オオルリ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のコサメビタキ、明石のキョウジョシギ、加古川のハマシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ

台風20号の暴風は凄かったです、隣の小屋は吹き飛ばされ裏の林の大木はなぎ倒されていました。今朝は4時起きしてツーリングがてら出かけようかと思いましたが天候がはっきりせず仕事をしていました。8時過ぎにバイクで雌岡山と周辺の状況を見に行くと倒木や大きな枝が折れた木がたくさん。山の南斜面の木々は葉を落として山の中はは明るい。頂上ではコサメビタキが飛び回っていました。カッコウも少し鳴いていました。

雌岡山のコサメビタキ-2018-8-25

北側のアカゲラやアオゲラが来る大木はどれも大丈夫でした。南側麓のアカゲラやアリスイが出る大木も大丈夫でした。神出町の池もいくつか見て回りましたがほぼいつもの通り。稲美の方の池を見に行き、加古大池でうろついていると、知り合いの方から昨日サルハマシギが出ていたと教えていただきましたが居ず。明石の方でダイゼンやキョウジョシギ、加古川でもいろいろ出ていると教えていただきました。午後バイクで出かけてみました、ダイゼンは撮りましたが波の反射が顔に入ったものでした仕方ありません。カニ食うキョウジョシギも逆光気味。

明石のキョウジョシギ-2018-8-25

加古川に行くとメダイチドリとハマシギが一緒にいました。

加古川のハマシギとメダイチドリ1-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ2-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ3-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ4-2018-8-25

逆光気味のところにチョロチョロする子がいました、ソリハシシギでした。

加古川のソリハシシギ1-2018-8-25

加古川のソリハシシギ2-2018-8-25

順光側の土手に上がって撮ってみましたが、上からだと平面的になってしまいますね。

加古川のソリハシシギ3-2018-8-25

六甲山も悪くないですが北部の山道をゆっくり気持ちよくKSR110で走りたいな~、いい気晴らしになります。北部の山道は台風でかなりダメージ受けているんでしょうね。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , | 雌岡山のコサメビタキ、明石のキョウジョシギ、加古川のハマシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のツツドリ・キビタキ・コサメビタキ

昨夜も遅くまで仕事していたので、今朝は早く起きれず朝6時半過ぎにバイクで六甲山に出かけましたが、お目当ての子には出会えず。10時過ぎに六甲山を出て11時過ぎに雌岡山に戻りました。梅林にはツツドリがいましたが下草刈りされていないので近づけず。

雌岡山のツツドリ-2018-8-19

来週か再来週ぐらいにならないと下草刈りされないでしょうから、それまでまともに撮影できないでしょう。9月に入ってからゆっくり撮らせてもらうことにします。

昼食後雌岡山に上がると、キビタキメスがいました。

雌岡山のキビタキ-メス1-2018-8-19

雌岡山のキビタキ-メス2-2018-8-19

今年は猛暑で山に虫が少ないですね。一緒にコサメビタキも出てくれました。

雌岡山のコサメビタキ-2018-8-19

雌岡山のコサメビタキ2-2018-8-19

朝の六甲では知り合いの方は私より1時間早くコルリを撮影されたと教えていただきました。私は全く出会えずバイクで帰ろうと走り出すと少し先の笹のところで動く子を見つけて、カメラを取り出しとりましたが逆光・・・・コルリのメスでした。

六甲山のコルリ-メス-2018-8-19

六甲ではあとアサギマダラを撮っただけ。

六甲山のアサギマダラ-2018-8-19

六甲は涼しくKSR110でトコトコ走っていると気持ちよかったです。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 六甲山の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のツツドリ・キビタキ・コサメビタキ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のアオゲラ・キビタキ幼鳥・センダイムシクイ・サンコウチョウ

久しぶりに今朝三木の防災公園に出かけました。東播用水が土砂崩れで埋まったり倒木で用水沿いを歩けなかったり、まだ全く豪雨被害から手つかずのままです。

それでもアオゲラが元気に飛んでいました。

三木市防災公園のアオゲラ1-2018-8-12

三木市防災公園のアオゲラ2-2018-8-12

サンコウチョウのメスもいましたが、倒木で近づけず竹藪の中のブレたものを証拠程度に。

三木市防災公園のサンコウチョウ-2018-8-12

あとセンダイムシクイがいましたがこれも近づけず。

三木市防災公園のセンダイムシクイ-2018-8-12

比較的近くで撮れたのはキビタキ幼鳥。

三木市防災公園のキビタキ幼鳥-2018-8-12

台湾に仕事で出張に出かけていましたが、最終日暑さと睡眠不足・蓄積疲労とストレスなどで倒れてしまい、帰国後も無理しないようにしています。お盆休みもなしで仕事、今日は休みますがフィールドに出ても9時を過ぎたので引き上げました。亜熱帯の台湾南部のような暑さ、たまりません。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , | 三木防災公園のアオゲラ・キビタキ幼鳥・センダイムシクイ・サンコウチョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のルリモンハナバチ・キビタキ

台風の前に雌岡山のルリモンハナバチを確認に今朝仕事の前に覗いてきました。ヤマジソはここ2週間少し花をつけてもなかなか咲きそろいません、猛暑のせいでしょうか。猛暑でミミズも高温の地中からはい出し道路で沢山干からびています。昨日ぐらいから少し猛暑もましになり蝉も増えたので確認に行くと、1匹だけルリモンハナバチがいました。

雌岡山のルリモンハナバチ1-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ2-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ3-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ4-2018-7-27

鳥もいたらとG9にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmをつけたものだけなので虫も300mmでズームロックして手持ち撮影です。

キビタキがいましたが木陰の暗がりで反逆光でした。

雌岡山のキビタキ-2018-7-27

台風が直撃しそうですね、地域の行事も中止の連絡がありました。台風のあとぐらいにルリモンハナバチも増えそうですが、来週は海外出張で覗きにいけません。明石のウミスズメも1度夕方行きましたが見つけられず、ブルービーぐらいは今日見ておこうと出かけてよかったです。

ただこの酷暑で虫が少なく、ミミズも自死するような状況で、雌岡山の野鳥も今年はどうでしょうね~。台風も変な進路で台風一過のいつものかんじではなく酷暑のぶり返しがあるような感じですし。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のルリモンハナバチ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のサンコウチョウ、ヤマガラ

今朝久しぶりに三木の防災公園に行きました。大雨の影響で1kmぐらいの谷底の道は5か所ほど崩落していました。いつものサンコウチョウです。

三木市防災公園のサンコウチョウ1-2018-7-21

三木市防災公園のサンコウチョウ-幼鳥1-2018-7-21

同じ谷の後から来たつがいの子供は少しやせている子がいました。

三木市防災公園のサンコウチョウ-幼鳥2-2018-7-21

2番からそれぞれ孵っているので幼鳥はかなりの数がおり警戒心も薄くよく見かけますが、親はなかなか出てきてくれません。幼鳥の様子をみると来年もちゃんと来てくれそうですね。

ヤマガラがヒグラシを捕まえて食べていたので撮りました。

三木市防災公園のヤマガラ-2018-7-21

アオゲラとアカゲラの声とドラミングが聞こえていましたが、10時になると倒れそうに暑かったので無理して探さず帰りました。

雌岡山に寄りましたが、まだヤマシソが咲きそろっておらずルリモンハナバチ(ブルービー)はいませんでした。いくら何でも来週には出てくれるでしょう。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , | 三木防災公園のサンコウチョウ、ヤマガラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のアオゲラ・キビタキ

今朝は早朝からクーラーをつけて仕事してました。そろそろヤマジソが咲きルリモンハナバチが来ているかもと、10時の休憩にミニカーで雌岡山に上がりました。まだヤマジソが咲ききってなくブルービーはいませんでした。いつものアオゲラが鳴いていたので、声を追いかけました。

雌岡山のアオゲラ1-2018-7-16

雌岡山のアオゲラ2-2018-7-16

いつものようにアオゲラが移動している途中・・・・なかなかいいところには出てくれませんね。ルリモンハナバチのところはキビタキのエリアに近く今日は近くに出て鳴いていました。

雌岡山のキビタキ1-2018-7-16

雌岡山のキビタキ2-2018-7-16

ルリモンハナバチは今度の週末までには出てくるでしょう。しかし暑い、10時の休憩は長めになってしまい30分ほど撮影していると汗が噴き出してきました。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 未分類, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のアオゲラ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

六甲山のクロツグミ・オオルリ・カケス・ソウシチョウ

昨日はヘアードライヤーのような風を浴びてバイクで走り疲れてしまいました。土日祝日はバイクで上がれない六甲にワゴン車で上がりゆっくり歩いて気晴らしに行きました。ソウシチョウばかりが鳴きまくりクロツグミの声がしませんでした、早い昼飯のパンを食べてから、戻りに念のためはじめの沢に戻るとクロツグミがいました。

六甲山のクロツグミ1-2018-7-15

六甲山のクロツグミ2-2018-7-15

この沢では最初はカケスを撮影していました。

六甲山のカケス-2018-7-15

一番期待していたクロツグミのポイントではソウシチョウが鳴きまくるばかり、近くにオオルリが来てくれました。

六甲山のオオルリ1-2018-7-15

六甲山のオオルリ2-2018-7-15

ソウシチョウ。

六甲山のソウシチョウ-2018-7-15

ぐるっと7~8kmゆっくり歩くと気持ちいい、今日は人も少なくいい気晴らしになりました。やっぱりこの時期の移動はクーラーのきいた車がいい、バイクのKSR110は山の中の日陰の道はいいけど一般道はドライヤー地獄です。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 六甲山の野鳥 | タグ: , , , | 六甲山のクロツグミ・オオルリ・カケス・ソウシチョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のキビタキ・ヤマガラ、粟鹿山のオオルリ

西日本豪雨で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

宍粟市で被災した親戚をバイクで見舞いに行ったりしていましたが、腱鞘炎で左手に思うように力が入らず無事の確認だけでお役に立てず。今日は趣味の野鳥の撮影というよりもフィールドの雌岡山と丹波市の粟鹿山の状態を見に出かけました。雌岡山は大きな変化はありませんでした。キビタキの幼鳥が飛び親が囀っていました。

雌岡山のキビタキ幼鳥-2018-7-14

雌岡山のキビタキ-2018-7-14

あとヤマガラの幼鳥がたくさん飛び回っていました。

雌岡山のヤマガラ幼鳥-2018-7-14

2時間ちょっと雌岡山のフィールドを歩き、9時過ぎにバイクに乗って丹波市の粟鹿山に向かいました。着くだいぶ手前ですが途中で給油とコンビニでパンと飲み物を買い、お昼ごろに粟鹿山の奥に着きました。ここも大きな変化はありませんでした。カメラは持ってきていたのでオオルリの若鳥が囀っていたのを撮影しました。

丹波市粟鹿山のオオルリ-2018-7-14

金曜日は仕事で小野市に出かけていました、警報が発令されたりして強い雨でしたが尋常ではないというほどではありませんでした(これまで経験したことがある程度の強さ)。夕方6時前に帰るときに175号線がベタ混みでした(高速通行止めの影響でしょう)。地元の道を迂回するとスムーズに帰りつきました。家の周りの雌岡山周辺で大雨が降ると水があふれる箇所を車で見て回ると今回は溢れなさそうでした。土曜も強い雨が一日中降り続いていましたが、雄岡山北斜面で道路に水が溢れていましたが、雌岡山周辺はそれほどでもありませんでした。

明石から雌岡山・三木市にかけ線状降雨帯がかかり長時間にわたり多量の雨が降っていましたが神出町には大きな川がありません。土曜の午前中は危険を感じず医者にも行き、日曜には雨が上がり約束していた奈良のマーケの師匠宅に何とか行けるだろうと考えていました。同行する予定の人から土曜の昼前に連絡がありようやく行くのを中止する連絡をしました。

宍粟市の本家筋の親戚が土砂災害で孤立しヘリで救出され非難していました。車では無理だろうからKSR110のバイクで見舞いに向かいました。山の中の県道等は土砂崩れで通行止めのところがありましたが、山崎から宍粟市に向かう国道29号線やそこから避難所の中学校に向かう間はほとんど普段と変わりませんでした。その奥で叔母の同級生が土砂崩れで亡くなり、その奥に親戚がありました。行く途中には危険な個所は他にも沢山あるように見えました。危険やリスクは管理できますが危機は管理できない、管理しきれない危険やリスクがあるから現場で危機を感じ取ることが大切なんだ、とまたも私は思い知らされました。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のキビタキ・ヤマガラ、粟鹿山のオオルリ はコメントを受け付けていません。

三木市防災公園のサンコウチョウ・アオゲラ

今朝は仕事の前にミニカーで田んぼを回りましたが目当ての子には会えず、三木の防災公園にサンコウチョウの様子を見に移動しました。巣立ったサンコウチョウの幼鳥が朝早くから鳴いていました。

三木市防災公園のサンコウチョウ幼鳥1-2018-7-3

三木市防災公園のサンコウチョウ幼鳥2-2018-7-3

三木市防災公園のサンコウチョウ幼鳥3-2018-7-3

お父さんは警戒してなかなか近くに出てくれませんでした。カラスが良く飛んできていましたが、今日見ると尾羽が1本になっていました。

三木市防災公園のサンコウチョウ1-2018-7-3

三木市防災公園のサンコウチョウ2-2018-7-3

竹藪の奥の向こうの方のサンコウチョウも雛が巣立ったようです。28日に防災公園で花火大会があるのであと数週間でいつもの年のように見られなくなるんでしょうね。仕事前に来てよかった、元気な幼鳥に会えました。

着いてすぐにいたのはアオゲラ、こちらも数羽居ましたが幼鳥が巣立ったようです。

三木市防災公園のアオゲラ1-2018-7-3

三木市防災公園のアオゲラ2-2018-7-3

三木市防災公園のアオゲラ3-2018-7-3

 


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , | 三木市防災公園のサンコウチョウ・アオゲラ はコメントを受け付けていません。