雌岡山のエゾビタキ・コサメビタキ・チョウゲンボウ、アキギリ、アサギマダラ

仕事が忙しいですが久しぶりに気晴らしに雌岡山に出かけられました。梅林でツツドリは見かけるものの山を飛び回っています。撮らせてくれたのはエゾビタキ。

雌岡山のエゾビタキ-2018-9-23

そしてコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-23

頂上ではチョウゲンボウ。

雌岡山のチョウゲンボウ-2018-9-23

今日は祭りの太鼓を下ろす日で、30日には祭りの草刈り。道の際の山野草もみな刈られてしまいます。知り合いの方に教えてもらった道沿い以外のアキギリとキバナアキギリを見に行きました。アキギリは綺麗に咲いていました。

雌岡山のアキギリ-2018-9-23

キバナアキギリはまだ花を開いていませんでした。

雌岡山のキバナアキギリ-2018-9-23

梅林に戻りましたが、人も多くアサギマダラを撮っただけです。

雌岡山のアサギマダラ-2018-9-23

電池も切れたのでKSR110で近くの林道に出かけてこれまた気晴らし。

昨日の夜は大阪の友人の偲ぶ会にKSR110で出かけました。大学時代の知り合いも50歳を過ぎてバイクにまた乗っていた人も結構いましたが60歳を前に止めている人が多かったです。神戸といっても端っこの田舎の神出町に住む私は、少し走れば山の中の道を走れ、野鳥の写真を撮ったりできます。ありがたい!


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , , | 雌岡山のエゾビタキ・コサメビタキ・チョウゲンボウ、アキギリ、アサギマダラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・オオルリ

関空冠水でやきもきしていた来週末の海外出張もなんとか行けそう、ほっと一安心。仕事は立て込んでいますが、午後はなんとかPCで自動処理させながら雌岡山に上がりました。雨とガスの中で1時間ほど待っていると雨の中サンショウクイの大きな群れ(30羽以上)が来てくれました。そのなかからなんとか撮れそうなものだけ狙って撮ってみました。

雌岡山のサンショウクイ-2018-9-8

雌岡山のサンショウクイ2-2018-9-8

雌岡山のサンショウクイ3-2018-9-8

約10分ほど遊んでくれましたが、霧と雨で厳しすぎてまともには撮れません。この後けっこうな本降りの中大きな群れで飛んでいきました。雨が上がるのを待っていると知り合いの方が来られて、また回ってくるのを待ちました。1時間弱でまた来てくれました、雨は止んでいましたが今度はお腹ばかりになってしまいました。

雌岡山のサンショウクイ4-2018-9-8

知り合いの方から昨日は全然でなかった、その前は数羽程度だったと。今日の群れは大きくて迫力があったとおっしゃっていました。まあ雨と霧でも撮れただけましのようです。

雌岡山に上がったとき、少し霧が出ていましたがまだ背景がありましなコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-8

あと、オオルリの若が出たり入ったりしていました。

雌岡山のオオルリ若-2018-9-8

今日は雨も激しく霧もあったので人が少なく鳥もそれなりに出てくれました。明日は地域の農家で草刈りの日、私も明日早朝から参加しなければなりません。お天気は明日も雨のようですね。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・オオルリ はコメントを受け付けていません。

六甲山のヤブサメ・センダイムシクイ・オオルリ・ハンミョウ

今朝も早起きしようとしましたが目覚めたのが5時半、急いで支度して6時過ぎにKSR110で六甲に出かけました。森林植物園を過ぎたあたりで道が半分閉鎖されていましたが通ることができました。着いてすぐ道端でチョロチョロしていたのはヤブサメ、お目当ての子を探しましたが見つからず、奥の色々出そうなところに腰を下ろし待ちました。ヤブサメがすぐ近くの枝に来てくれました。

六甲山のヤブサメ1-2018-9-2

六甲山のヤブサメ2-2018-9-2

少し向こうにセンダイムシクイも来ていましたが近づいてくれず。少し移動して沢沿いにいるとセンダイムシクイの群れが来てくれ近くに枝にとまってくれました。

六甲山のセンダイムシクイ1-2018-9-2

六甲山のセンダイムシクイ2-2018-9-2

あと居たのはオオルリの幼鳥。

六甲山のオオルリ幼鳥-2018-9-2

今朝一番に出あったのはこのハンミョウ、この子たちに出会えるよう道案内してくれたんでしょうか。

六甲山のハンミョウ-2018-9-2

9時を過ぎると小鳥の気配が一気に減ったので、帰りながらいくつか途中のポイントによろうと六甲を後にしました。六甲山牧場のところで朝は封鎖などなかったのに道路を全面封鎖していました、2輪はどうやって六甲を降りろというんや。向こうからロードバイクの人が来たので「行けますか?」と声を掛けたら大丈夫とのことなので、そのまま走っていきました。何の問題もない・・・・何のための封鎖かよくわかりません。

途中寄ったポイントもこの前の台風の影響がありました・・・・また火曜に強い台風が来そうですね、大きな被害が人にも自然にもないことを祈ります。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 六甲山の野鳥, 六甲山系の野鳥 | タグ: , , , | 六甲山のヤブサメ・センダイムシクイ・オオルリ・ハンミョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のキビタキ親子・メボソムシクイ・コサメビタキ、稲美のセイタカシギ

今朝は曇り空でいつ降り出すかといったお天気でいい具合に雌岡山は人気が少なかったです。桜の木の下に腰を下ろしてゆっくり待っていると、キビタキの幼鳥が出てきて親を呼んでいました。

雌岡山のキビタキ幼鳥-2018-9-1

すぐに親が出てきてくれましたが、だいぶ上の方です。

雌岡山のキビタキ-2018-9-1

連れだってすぐに山の中へ飛んでいきました。その近くでゴソゴソしていたのはメボソムシクイでした。

雌岡山のメボソムシクイ-2018-9-1

あと近くまで来てくれたのはコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-1

そうこうしていると雨がぽつぽつ落ちてきて家に着くとザーッと本降り。

午後遅く知り合いの方から若鳥だけどセイタカシギが来ていると教えていただいていたので稲美の池へ出かけました、2羽いました。

稲美町のセイタカシギ1-2018-9-1

稲美町のセイタカシギ2-2018-9-1

稲美町のセイタカシギ3-2018-9-1

仕事の合間に出かけていい気晴らしができました。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のキビタキ親子・メボソムシクイ・コサメビタキ、稲美のセイタカシギ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のコムクドリ・イソヒヨドリ

ここのところ毎日庭先の電柱に来て鳴いている子がいます。コムクドリとイソヒヨドリの幼鳥がそれぞれ単独で来ては鳴いていきます。逆光だしまあいいかとスルーしていました。あまりに毎日来るので露出補正しまくってリビングの窓から撮りました。

雌岡山のコムクドリ-2018-8-28

背中を向けられているとなんだかよくわかりませんね。

雌岡山のコムクドリ2-2018-8-28

イソヒヨドリの若は電線のすぐ横の電柱で綺麗な声で鳴いてくれます。

雌岡山のイソヒヨドリ若1-2018-8-28

雌岡山のイソヒヨドリ若2-2018-8-28

雌岡山のイソヒヨドリ若3-2018-8-28

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のコムクドリ・イソヒヨドリ はコメントを受け付けていません。

粟鹿山のオオアカゲラ・オオルリ・キビタキ

朝早く起きられず7時半ごろKSR110で北部の山の林道に出かけました。メチャクチャ湿度の多い日でした。いつものように丹波市側から粟鹿山によってそこから黒川ダム経由の林道で与布土へ行こうと考えていました。粟鹿山の南斜面の丹波市側も風害は少なかったですが、オオアカゲラが好きな木の一番近いのが崖崩れに巻き込まれなくなっていました。さらに上の撮影するには少し遠くなるところの木は無事でした。

丹波市粟鹿山のオオアカゲラ-2018-8-26

もういないだろうと思っていたオオルリがまだいました。バイクに乗ったままの撮影でピント合っていません。

丹波市粟鹿山のオオルリ1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のオオルリ2-2018-8-26

粟鹿山のオオルリ3-2018-8-26

頂上でタカを期待しましたがキビタキの幼鳥だけでした。

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥2-2018-8-26

黒川ダムから与布土への林道は途中土砂崩れで通行止め、銀山湖経由で与布土に行きましたがダムへの道はまだ通行止めでした。今日は鳥よりもSKR110で林道ツーリングがメインにして楽しみました。秋ごろになったらもっと気持ちよくツーリングできるでしょうね。粟鹿山の南斜面までは丹波、親戚の宍粟市はまだ播州、KSR110でまだ足を延ばしそうで但馬までは行きそうですね。・・・・今日も丹波側の途中の道でハンターの方とお会いしました、秋は気持ちいいけどいろいろ気をつけないといけませんね。但馬はタカも期待できますが、ホンモノのクマも丹波や播州以上に多いですからね。下手に林道や山道を徒歩で行くより、軽くて小さい少しのオフロードなら走れるKSR110で移動すればエンジン音でクマに対しては安全でしょう。

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 他フィールドの生物, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | 粟鹿山のオオアカゲラ・オオルリ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のコサメビタキ、明石のキョウジョシギ、加古川のハマシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ

台風20号の暴風は凄かったです、隣の小屋は吹き飛ばされ裏の林の大木はなぎ倒されていました。今朝は4時起きしてツーリングがてら出かけようかと思いましたが天候がはっきりせず仕事をしていました。8時過ぎにバイクで雌岡山と周辺の状況を見に行くと倒木や大きな枝が折れた木がたくさん。山の南斜面の木々は葉を落として山の中はは明るい。頂上ではコサメビタキが飛び回っていました。カッコウも少し鳴いていました。

雌岡山のコサメビタキ-2018-8-25

北側のアカゲラやアオゲラが来る大木はどれも大丈夫でした。南側麓のアカゲラやアリスイが出る大木も大丈夫でした。神出町の池もいくつか見て回りましたがほぼいつもの通り。稲美の方の池を見に行き、加古大池でうろついていると、知り合いの方から昨日サルハマシギが出ていたと教えていただきましたが居ず。明石の方でダイゼンやキョウジョシギ、加古川でもいろいろ出ていると教えていただきました。午後バイクで出かけてみました、ダイゼンは撮りましたが波の反射が顔に入ったものでした仕方ありません。カニ食うキョウジョシギも逆光気味。

明石のキョウジョシギ-2018-8-25

加古川に行くとメダイチドリとハマシギが一緒にいました。

加古川のハマシギとメダイチドリ1-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ2-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ3-2018-8-25

加古川のハマシギとメダイチドリ4-2018-8-25

逆光気味のところにチョロチョロする子がいました、ソリハシシギでした。

加古川のソリハシシギ1-2018-8-25

加古川のソリハシシギ2-2018-8-25

順光側の土手に上がって撮ってみましたが、上からだと平面的になってしまいますね。

加古川のソリハシシギ3-2018-8-25

六甲山も悪くないですが北部の山道をゆっくり気持ちよくKSR110で走りたいな~、いい気晴らしになります。北部の山道は台風でかなりダメージ受けているんでしょうね。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , , | 雌岡山のコサメビタキ、明石のキョウジョシギ、加古川のハマシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のツツドリ・キビタキ・コサメビタキ

昨夜も遅くまで仕事していたので、今朝は早く起きれず朝6時半過ぎにバイクで六甲山に出かけましたが、お目当ての子には出会えず。10時過ぎに六甲山を出て11時過ぎに雌岡山に戻りました。梅林にはツツドリがいましたが下草刈りされていないので近づけず。

雌岡山のツツドリ-2018-8-19

来週か再来週ぐらいにならないと下草刈りされないでしょうから、それまでまともに撮影できないでしょう。9月に入ってからゆっくり撮らせてもらうことにします。

昼食後雌岡山に上がると、キビタキメスがいました。

雌岡山のキビタキ-メス1-2018-8-19

雌岡山のキビタキ-メス2-2018-8-19

今年は猛暑で山に虫が少ないですね。一緒にコサメビタキも出てくれました。

雌岡山のコサメビタキ-2018-8-19

雌岡山のコサメビタキ2-2018-8-19

朝の六甲では知り合いの方は私より1時間早くコルリを撮影されたと教えていただきました。私は全く出会えずバイクで帰ろうと走り出すと少し先の笹のところで動く子を見つけて、カメラを取り出しとりましたが逆光・・・・コルリのメスでした。

六甲山のコルリ-メス-2018-8-19

六甲ではあとアサギマダラを撮っただけ。

六甲山のアサギマダラ-2018-8-19

六甲は涼しくKSR110でトコトコ走っていると気持ちよかったです。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 六甲山の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のツツドリ・キビタキ・コサメビタキ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のアオゲラ・キビタキ幼鳥・センダイムシクイ・サンコウチョウ

久しぶりに今朝三木の防災公園に出かけました。東播用水が土砂崩れで埋まったり倒木で用水沿いを歩けなかったり、まだ全く豪雨被害から手つかずのままです。

それでもアオゲラが元気に飛んでいました。

三木市防災公園のアオゲラ1-2018-8-12

三木市防災公園のアオゲラ2-2018-8-12

サンコウチョウのメスもいましたが、倒木で近づけず竹藪の中のブレたものを証拠程度に。

三木市防災公園のサンコウチョウ-2018-8-12

あとセンダイムシクイがいましたがこれも近づけず。

三木市防災公園のセンダイムシクイ-2018-8-12

比較的近くで撮れたのはキビタキ幼鳥。

三木市防災公園のキビタキ幼鳥-2018-8-12

台湾に仕事で出張に出かけていましたが、最終日暑さと睡眠不足・蓄積疲労とストレスなどで倒れてしまい、帰国後も無理しないようにしています。お盆休みもなしで仕事、今日は休みますがフィールドに出ても9時を過ぎたので引き上げました。亜熱帯の台湾南部のような暑さ、たまりません。


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , | 三木防災公園のアオゲラ・キビタキ幼鳥・センダイムシクイ・サンコウチョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のルリモンハナバチ・キビタキ

台風の前に雌岡山のルリモンハナバチを確認に今朝仕事の前に覗いてきました。ヤマジソはここ2週間少し花をつけてもなかなか咲きそろいません、猛暑のせいでしょうか。猛暑でミミズも高温の地中からはい出し道路で沢山干からびています。昨日ぐらいから少し猛暑もましになり蝉も増えたので確認に行くと、1匹だけルリモンハナバチがいました。

雌岡山のルリモンハナバチ1-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ2-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ3-2018-7-27

雌岡山のルリモンハナバチ4-2018-7-27

鳥もいたらとG9にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmをつけたものだけなので虫も300mmでズームロックして手持ち撮影です。

キビタキがいましたが木陰の暗がりで反逆光でした。

雌岡山のキビタキ-2018-7-27

台風が直撃しそうですね、地域の行事も中止の連絡がありました。台風のあとぐらいにルリモンハナバチも増えそうですが、来週は海外出張で覗きにいけません。明石のウミスズメも1度夕方行きましたが見つけられず、ブルービーぐらいは今日見ておこうと出かけてよかったです。

ただこの酷暑で虫が少なく、ミミズも自死するような状況で、雌岡山の野鳥も今年はどうでしょうね~。台風も変な進路で台風一過のいつものかんじではなく酷暑のぶり返しがあるような感じですし。


カテゴリー: 07月撮影分, 2018年07月, 2018年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のルリモンハナバチ・キビタキ はコメントを受け付けていません。