雌岡山のアカハラ・クロツグミ・キビタキ、Nikon COOLPIX P1000テスト運用

持っているGITZOのカーボン三脚・雲台に載せてNikon COOLPIX P1000を35mm換算1600mm-2400mm専用のサブカメラにして始めてフィールドに出てみました。晴れたり突然雨が降ったりの天気のようで遠くには出かけず、クロツグミ・アカハラが出ているという裏の雌岡山にしました。LUMIX G9 PROでアカハラを狙いましたが近くでは正面を撮らせてくれません。

雌岡山のアカハラ1-2019-4-27

GITZOの三脚・雲台に載せてNikon COOLPIX P1000をレリーズケーブルを使い35mm換算2400mmで遠くの暗い所のアカハラを狙いました。(アクティブD-ライティングを使わず)

雌岡山のアカハラ2-2019-4-27

雌岡山のアカハラ3-2019-4-27

雌岡山のアカハラ4-2019-4-27

Nikon COOLPIX P1000にLUMIX G9 PRO+100-400並の解像度ダイナミックレンジを求めず2400mmで使えば私には許容できる範囲かなあ~。アクティブD-ライティングを標準で使えばだいぶ良くなるんでしょう。アクティブD-ライティングを使うと中央1点測光が使えず、右目でファインダーの中央1点測光のマークと左目で対象を見て被写体を合わせる人間照準器のような私。・・・どうするかな~。

クロツグミも遠くに居ましたが狙うと撮影条件が厳しい所だったのでダイナミックレンジ厳しい。

雌岡山のクロツグミ1-2019-4-27

雌岡山のクロツグミ2-2019-4-27

合間にいたキビタキをNikon COOLPIX P1000で露出補正アンダーに振りまくりで撮りました。

雌岡山のキビタキ1-2019-4-27

雌岡山のキビタキ2-2019-4-27

Nikon COOLPIX P1000を使うにあたって、800mm~3000mmまで100または200mm間隔で70m先の電柱のトランスの銘板を撮影して解像度の一番いい焦点距離を使うようにズームメモリー設定しました。2400mmを通常使える最望遠の焦点距離に私はしました、あとは1600mm・2200mmをメモリーして、3000mmはエマージェンシー用(F11に絞れば使える)でメモリーに入れてはいます。2400mmは被写体との距離20mで映す範囲の幅が30cmです、20mの距離で小鳥も2つ上のキビタキぐらいに撮影できます。

【計算式】映る範囲の幅(m)=被写体までの距離(m)×36(mm)÷レンズ焦点距離(換算:mm)

明るい大口径の単焦点レンズ(600mmF4)でAPS-Cのカメラで20m先の被写体の撮影できる幅78cm、高さと幅をそれぞれ1/2.6に大トリミングすれば同じ。来年オリンパスから換算1000mmF4と2倍テレコンが出るようなので2000mm・・・・気晴らしにやってるんだからこんな高価なプロ用レンズに手を出さないようにNikon COOLPIX P1000にしました。

P1000-2400mmで70m先の銘板撮影等倍切り出し

P1000-3000mmで70m先の銘板撮影等倍切り出し

手持ち撮影はLUMIX G9 PRO+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm、Nikon COOLPIX P1000はサブカメラとして1600mm-2400mm三脚専用で運用します。4K動画は1200mmまでは当然LUMIX G9 PRO+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmがよくRAYNOX HDP-9000EXを付ければ2000mmまで対応できます。Nikon COOLPIX P1000はダイナミックレンジが厳しいですがアクティブD-ライティングは常用しない方がいいようです。

あと海外へ出かけるときは、野鳥撮影もできるNikon COOLPIX P1000のほうが気楽に持って行けるかなと思っています、手持ち撮影ともっと小さなカーボン三脚と雲台もあるので。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のアカハラ・クロツグミ・キビタキ、Nikon COOLPIX P1000テスト運用 はコメントを受け付けていません。

三田のコマドリ

時差もあり明け方前から仕事の打ち合わせをし、8時ごろ気分転換にKSR110で三田市母子に出かけました。ノビタキの夏羽やコマドリをゆっくり近くで撮れたらと。ノビタキはいませんでしたが、KSR110で林道を走り沢筋を歩いて奥に入るとコマドリがいました。

三田市母子のコマドリ1-2019-4-19

三田市母子のコマドリ2-2019-4-19

三田市母子のコマドリ1-2019-4-19

三田市母子のコマドリ4-2019-4-19

三田市母子のコマドリ5-2019-4-19

20分ぐらい遊んでくれ、一人きりなのですぐ近くにまで来てくれました。篠山の方に先週見かけたキバシリに出会えないかと足を延ばしましたが、木の上の方で鳴く声だけで姿を見かけることはできませんでした。ここでもコマドリを見かけました。再度山では思うようにコマドリを撮れませんでしたが、何とか撮れました。

午後からは事務所で仕事です。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: | 三田のコマドリ はコメントを受け付けていません。

再度山のコマドリ・シメ・オオルリ、稲美のクロツラヘラサギ

AIで仕事の解析をさせながら今朝は再度山にコマドリに会いに出かけました。三脚をもっていかなかったので暗くてブレまくり。

再度山のコマドリ-2019-4-15

あとはシメとオオルリに出会いました。

再度山のシメ-2019-4-15

再度山のオオルリ-2019-4-15

知り合いの方とも出会い、日曜には見かけなかったのでもう北へ旅立ったのかと思っていましたが、稲美のクロツラヘラサギがまだいると教えていただきました。帰りに寄ると居ましたがなかなか岸の方に来てくれません、島で丸くなって寝てばかり。ここでも知り合いの方と出会い、いつもの私ならしびれを切らして仕事もあるので直ぐ帰っていたのをギリギリまで待てました。(笑

仕事の解析も終わるころにようやく岸に近づいてくれました。

稲美のクロツラヘラサギ1–2019-4-15

稲美のクロツラヘラサギ2–2019-4-15

稲美のクロツラヘラサギ4–2019-4-15

稲美のクロツラヘラサギ3–2019-4-15

台湾でも出会い4月ごろなら台中のあたりで婚姻色のクロツラにも出会えるようで、綺麗な写真をいくつか地元の方にいただいて帰りました。今年は4月に台湾に行けそうにないので来年の4月ごろプライベートで行けたらいいな~。

今日は知り合いの方に会いコマドリ・クロツラヘラサギに出会うことができました、ありがとうございました。

仕事も早めにひと段落着いた~。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 六甲山系の野鳥, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , | 再度山のコマドリ・シメ・オオルリ、稲美のクロツラヘラサギ はコメントを受け付けていません。

三田市母子のノビタキ夏羽・オオルリ・キンクロハジロ・キジメス・キビタキ

今日も黎明前に仕事をして朝一でKSR110で三田の母子へ出かけました。ノビタキの夏羽を探しに出かけましたが、朝に見かけましたがイノシシやシカ避けの柵があり近づけません。小っちゃい証拠程度です。

三田市母子のノビタキ夏羽-2019-4-13

一日探しましたがこれ以降見かけませんでした。会ったのはオオルリ。

三田市母子のオオルリ-2019-4-13

あとノビタキのところから近いの池にまだいたキンクロハジロ。

三田市母子のキンクロハジロ-2019-4-13

KSR110で山の方へ入って行くと、雌のヤマドリかと思いバイクに跨りヘルメット被ったまま撮りました、キジメスでした。

三田市母子のキジ-メス-2019-4-13

夕方まで粘ってキビタキに会っただけでした。

三田市母子のキビタキ-2019-4-13

母子大池への林道は5月末まで工事で通行止め、篠山への道も去年の台風の復旧工事でバイクしか通れない。小さくてもノビタキの夏羽見られただけでも良かったとしましょう。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , , | 三田市母子のノビタキ夏羽・オオルリ・キンクロハジロ・キジメス・キビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のギフチョウ、稲美のタカブシギ・カリガネ

今朝は再度山に行きました。オオルリの声を聴くもコマドリにはまだ早かったようです。雌岡山に帰りギフチョウを。

雌岡山のギフチョウ-2019-4-7

桜が咲き、薄紫のツツジも咲いているのに花にはとまってくれません。

稲美に移動して、タカブシギ。

稲美町のタカブシギ1-2019-4-7

稲美町のタカブシギ2-2019-4-7

まだいるカリガネを。

稲美町のカリガネ1-2019-4-7

稲美町のカリガネ2-2019-4-7

稲美町のカリガネ3-2019-4-7

今朝まだルリビタキのメスを再度山で見ましたが、そろそろ本格的に夏の子たちが渡ってくるんでしょう。


カテゴリー: 04月撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山の昆虫 | タグ: , , | 雌岡山のギフチョウ、稲美のタカブシギ・カリガネ はコメントを受け付けていません。

丹波市粟鹿山のミソサザイ・コガラ・オオアカゲラ・ホンドジカ

今朝も黎明前に仕事して、日の出とともにミソサザイとコガラに会いにKSR110で丹波市の粟鹿山へ出かけました。この前のように残雪はなく中腹でミソサザイが鳴いていました。

丹波市粟鹿山のミソサザイ1-2019-4-6

丹波市粟鹿山のミソサザイ3-2019-4-6

丹波市粟鹿山のミソサザイ4-2019-4-6

頂上近くでコガラが巣を作っていました。

丹波市粟鹿山のコガラ1-2019-4-6

丹波市粟鹿山のコガラ2-2019-4-6

丹波市粟鹿山のコガラ3-2019-4-6

丹波市粟鹿山のコガラ4-2019-4-6

下っていくとオオアカゲラがいるところの近くでドラミングが聞こえました。

丹波市粟鹿山のオオアカゲラ1-2019-4-6

丹波市粟鹿山のオオアカゲラ2-2019-4-6

途中ホンドジカにも出会いました。

丹波市粟鹿山のホンドジカ1-2019-4-6

丹波市粟鹿山のホンドジカ2-2019-4-6

またオオルリの頃に来るとしましょうか・・・・今年はもっと奥に通おうか。今日は十分息抜きさせてもらいました。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 県北の野鳥や生き物 | タグ: , , , | 丹波市粟鹿山のミソサザイ・コガラ・オオアカゲラ・ホンドジカ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のシロハラ・アオゲラ・ビンズイ・ルリビタキ・サシバ

黎明前から一仕事し早い朝食をとり朝一雌岡山を歩きました。梅林でアカハラの鳴き声を聞きましたが撮れたのはシロハラだけ。

雌岡山のシロハラ-2019-4-5

アオゲラが鳴いて飛んできましたが反逆光。

雌岡山のアオゲラ-2019-4-5

ビンズイの枝どまりを狙って。

雌岡山のビンズイ1-2019-4-5

雌岡山のビンズイ2-2019-4-5

ギフチョウがそろそろ出ていないかと覗きましたが、居たのはルリビタキのメス。

雌岡山のルリビタキ-メス-2019-4-5

西の方から3羽タカらしきものが雌岡山をかすめていきました。サシバでした。

雌岡山のサシバ-2019-4-5

頂上の桜にキビタキが来ていないかと期待しましたがまだ早いようです。でも渡ってきたばかりのサシバを見かけることができてラッキーでした。

さてさて次の仕事に取り掛かろう!

 


カテゴリー: 2019年04月, 2019年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , , | 雌岡山のシロハラ・アオゲラ・ビンズイ・ルリビタキ・サシバ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のハチジョウツグミ・アトリ・ジョウビタキ・ビンズイ

今日は一段と寒い朝でした。雌岡山の梅林の下草が一部刈られていたので朝一で出かけました。運よく通過のハチジョウツグミに出会えました。

雌岡山のハチジョウツグミ2-2019-3-31

雌岡山のハチジョウツグミ1-2019-3-31

最初木にとまっているツグミの小さな集団に混じっているのを見かけ、下草を刈ったところに降りるのを待ちました。下に降りていたのは少しの時間、山に上がる方が来たら東へ飛んで行きました。山の中であと会ったのは、夏羽のアトリ。声が聞こえたので探すといましたが一瞬で飛び去りピンアマです。

雌岡山のアトリ-2019-3-31

少しはゆっくり撮らせてくれたのはジョウビタキ。

雌岡山のジョウビタキ-2019-3-31

昼前まで梅林で待ちましたがやはり通過だったのでしょう、ハチジョウはもう見かけませんでした。帰り際ごそごそ出てきたのはビンズイ。

雌岡山のビンズイ-2019-3-31

 


カテゴリー: 03月撮影分, 2019年03月, 2019年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のハチジョウツグミ・アトリ・ジョウビタキ・ビンズイ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のルリビタキ・モズ、ミヤマカタバミ・ユキワリソウ、稲美のタシギ・タカブシギ

いつ雨が落ちてくるか怪しい天気でした。ワゴンで雌岡山に上がりました、頂上の桜もちらほら咲きかけていました。ヒタキの地鳴きの声がするので近づくとルリビタキのメスがまだいました。

雌岡山のルリビタキ-2019-3-30

ミヤマカタバミの群生は元気でした。

雌岡山のミヤマカタバミ-2019-3-30

イチリンソウも元気でしたがまだ花をつけてはいません、あと2週間ぐらいでしょうか。

雌岡山の雪割草とイチリンソウ-2019-3-30

あと桃の木にモズが止まっていたので。

雌岡山の桃にモズ-2019-3-30

雌岡山を降りて稲美に回ってみました。タシギやタカブシギがいました。

稲美のタシギ-2019-3-30

稲美のタカブシギ-2019-3-30


カテゴリー: 03月撮影分, 2019年03月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 | タグ: , , , , , | 雌岡山のルリビタキ・モズ、ミヤマカタバミ・ユキワリソウ、稲美のタシギ・タカブシギ はコメントを受け付けていません。

六甲山のウソ・カヤグリ

今朝も寒い朝でした、気象庁の雨の予測を見ると粟鹿山方面は夜に雪で昼まで雨のようで、六甲山に向かうことに。昨日KSR110の後輪を交換したのでタイヤの皮むきに出かけたかったのです。着くと何人かの方がカメラを構えておられたので聞くとウソが出るようです。寒い中2時間以上待ってようやく来てくれました。

六甲山のウソ-2019-3-24

六甲山のウソ2-2019-3-24

六甲山のウソ3-2019-3-24

3羽来てくれましたが赤いオスはいませんでした。六甲山の登山道沿いはどこも伐採されスケスケになっていました。今年はクロツグミなどもどうでしょうね。

体の芯まで冷えていましたがバイクで少し移動してカヤクグリがいましたが、カメラを構えても手が震えます。ぶれまくり(笑

六甲山のカヤクグリ-2019-3-24

あまりに体が冷えたので六甲を折りスリランカ・カレーを食べに。それでも体がついていきそうにないので帰りました。タイヤは何とか一皮むけてまともに走れそうな感じですかね。


カテゴリー: 03月撮影分, 2019年03月, 2019年撮影分, 六甲山系の野鳥 | タグ: , | 六甲山のウソ・カヤグリ はコメントを受け付けていません。