三木防災公園のベニマシコ・アカハラ

春のように温かい日でした。工事中で長く行ってなかった三木防災公園にNICON P1000を持ってゆっくり9時ごろ出かけました。ベニマシコが去年までは群れで飛んでいましたが今年は工事中のためかこの1羽だけしか見かけませんでした。

三木防災公園のベニマシコ-2021-2-14

三木防災公園のベニマシコ2-2021-2-14

カシラダカはいっぱいいましたが、クロジは全見かけません。アカハラが鳴いてあちこち飛んでいましたがなかなか撮らせてくれません。帰り際ようやく枝被りで。

三木防災公園のアカハラ1-2021-2-14

三木防災公園のアカハラ2-2021-2-14

P1000で1200mm~1600mm手持ち撮影でしたが、こんなに明るいのにベニマシコはよく動くので被写体ブレしまくっていました。中華のジンバル雲台を買ってバラバラに分解してコンパクトに持っていけるように改造したら、スイングアームに取り付けるプラットホーム・プレートのダイヤルの雌ネジが不良でスカスカ。メネジ補正キットを注文してドリルで穴を調整してタップでネジ切してステン製の補修部品を入れて30分ほどで完全復活してくれました。カメラ関係だけでなく農機具もそうですが中華の製品は不具合修理や改造を自分ですることが必要です。私はバイクの改造や農機具の修繕で工具類はかなり揃っている方ですから何とかなてはいますが。

LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8がちゃんと使えているので、TC-20を手に入れれば換算800mmF5.6で手持ち撮影ができる。LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3は300mmを超えると1段絞ってF9ぐらいでないとダメダメなのでコロナが落ち着いてからの孫の運動会用にとっておく。フィールドではLEICA DG ELMARIT 200mm F2.8とTC-14(換算560mm F4)・TC-20(換算800mm F5.6、7.1ぐらいに絞るでしょう)・RAYNOX HDP-9000EX(換算720mm F3.2)。TC-20を注文しました、フロントテレコンのレンズサポートの部品は注文していましたが届くのは今月末ごろ、全て揃ったところでTC14+LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8+RAYNOX HDP-9000EXのF4 1008mmもテストしてみます。

F2.8換算400mm、F2.8換算720mm(要三脚)、F4換算560mm、F4換算1008mm(要三脚・F5.6に絞る)、F5.6(7.1に絞る)換算800mm、KSR110で山野の野鳥と息抜きの出会いを探しに出かける道具づくりを今月中に完了させたいな。


カテゴリー: 02月撮影分, 2021年02月, 2021年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 撮影機材 タグ: , パーマリンク