雌岡山のシメ・ノスリ、稲美のヨシガモ

昨日は丹波市から生野の林道を走りに行ってました。風が強く鳥との出会いなし。今朝は曇りで9時過ぎから雌岡山や稲美をバイクでP1000手持ちスタイルで回りましたが、雌岡山ではシメ。

雌岡山のシメ1-2019-12-15

雌岡山のシメ2-2019-12-15

稲美ではいつもの池にヨシガモが来ていました。

稲美町のヨシガモ-2019-12-15

午後一雌岡山に上がるも柿木にはヒヨドリばかり、マミチャやアカハラは姿を見せてくれません。南の池のオシドリがまだいるのを確認して、雌岡山麓の老ノ口の田んぼへ。ノスリが地面に降りていました。

雌岡山麓老ノ口のノスリ1-2019-12-5

雌岡山麓老ノ口のノスリ2-2019-12-5

だいぶたってから枝どまりの子を撮ってすぐに老ノ口に戻ると電柱ですがノスリが止まっていました。昼過ぎに畑に降りていた子だと思いますが、同じかどうかわかりません。

雌岡山麓老ノ口のノスリ3-2019-12-5

老ノ口の電柱のノスリの前に、また別の子だと思いますが枝どまりのノスリが撮りたくて雌岡山の南斜面の麓で枝どまりを撮りました、この後に老ノ口の間反対の押部谷の方に飛んでいきました。

雌岡山麓東のノスリ1-2019-12-5

今日の午後はよくノスリに出会いました。栗園の今年最後の草刈りをするために午後早めに引き上げました。


カテゴリー: 12月撮影分, 2019年12月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 タグ: , , パーマリンク