三木防災公園のサンコウチョウ・オオルリ幼鳥・センダイムシクイ

今日の方が天気がいい、それでもゆっくり出かけたのは三木の防災公園。谷底で山鳥がいつものように顔だけのぞかせていました。出会ったのは元気にしていたサンコウチョウ。

三木防災公園のサンコウチョウ1-2019-7-7

三木防災公園のサンコウチョウ2-2019-7-7

ここのところ場所は違い歩いていると雰囲気も異なり気晴らしになりますが、被写体はサンコウチョウばかりかな~。

違う子では、オオルリの幼鳥。

三木防災公園のオオルリ幼鳥1-2019-7-7

三木防災公園のオオルリ幼鳥2-2019-7-7

あちこちで鳴きまくっているセンダイムシクイ。

三木防災公園のセンダイムシクイ-2019-7-7

三木の防災公園の谷底は7月16日から来年1月20日まで、東播用水の余水の排水路の工事で通行止めになるようです、看板が出ていました。8時から17時が工事のようで朝一なら少しはいいのかな?冬鳥の頃は工事も終わっているので行く回数は極端に少なくなりそうですね。

もう少ししたら下よりも涼しい六甲もいろんな幼鳥が出てくるんでしょうね。

 


カテゴリー: 07月撮影分, 2019年07月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 タグ: , , パーマリンク