雌岡山の麓のミサゴ・カンムリカイツブリ、明石のセイタカシギ、六甲山のルリビタキ

今朝は雌岡山に上がり、アカハラ・マミチャジナイが来そうな柿の木を探しましたが台風で実がほとんどなくなっていました。クロジもメスが暗がりに来ていましたが1羽だけしか見かけませんでした。ムギマキの若やキビタキはいました。山を下り麓の野池めぐりから明石方面へ行きました。ミサゴのダイブを狙いましたが魚はとれず。

神出町上北古のミサゴ1-2018-11-3

神出町上北古のミサゴ2-2018-11-3

あといたのはカンムリカイツブリ。

神出町上北古のカンムリカイツブリ-2018-11-3

稲美の池もめぐりましたが出会いなく、教えていただいた明石のセイタカシギへ。

明石のセイタカシギ-2018-11-3

カワサキから夏前にお願いしていたリコール対策の電話があり、明日ぐらいから1週間預けることに。その前にどの程度紅葉が進んでいるか六甲に出かけました。六甲は気持ちよかったです。カメラは持って行っていました、さすがに六甲は季節がかなり先に進んでいるようでルリビタキが飛び出してきました。まともに撮れていませんが。

六甲山のルリビタキ-2018-11-3

先週は県北部の紅葉の林道を何本も荒れたコースを上ったり下りたり行き帰り含め350km走ってタカも見れて良かったです。シカや山鳥にも何度も出会えました。来週ぐらいには六甲も紅葉の盛りになるでしょうね。


カテゴリー: 11月撮影分, 2018年11月, 六甲山系の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類, 雌岡山麓の水辺の野鳥 タグ: , , , パーマリンク