雌岡山の桜とホトトギス若

早く起きて調べもの等をしていてひと段落すると、7時を回っていたのでバイクで雌岡山の梅林へ出かけました。曇天で雨もいつ降り出すかわからない天気なので人気も少ないだろうから、ツツドリかホトトギスが狂い咲きしている桜に止まれば・・・・。

渡り前に必死にまだ葉の残るハゼの木にいる小さな青虫を食べまくっているホトトギスの若がいました。次の梅の木で待っていると2~3mの距離のところまできてくれました。

雌岡山のホトトギス-若1-2018-10-4

雌岡山のホトトギス-若2-2018-10-4

雌岡山のホトトギス-若3-2018-10-4

下尾筒を撮って背中の羽の端があまり白くないのも撮って、近すぎて250mm(換算500mm)で撮影。

すぐ近くに狂い咲きしている桜があります、まさかとは思いながら期待していると運よくその枝に移動してくれました。

雌岡山の桜とホトトギス若-2018-10-4

15分ほど撮らせてもらうと毎日登られる方も通られ、仕事に戻りました。一昨年の同じころも超至近距離で撮らせてくれる子がいました。今年は桜と一緒に撮らせてくれました、ありがとう。

注)私にはトケンの幼鳥の見分けがつきかねます。頭に白斑ある・虹彩は暗いようには思います・サイズも少し小さいのかな・・・・鳴き声を聞いてないので本当はトケンと表示すべきなんでしょうね。ホトトギスの若がいると皆さん言われるのでこれがそうかと思うので。とにかく近くでドアップで何方向かで撮ってみました。


カテゴリー: 10月撮影分, 2018年10月, 2018年撮影分 タグ: パーマリンク