粟鹿山のオオアカゲラ・オオルリ・キビタキ

朝早く起きられず7時半ごろKSR110で北部の山の林道に出かけました。メチャクチャ湿度の多い日でした。いつものように丹波市側から粟鹿山によってそこから黒川ダム経由の林道で与布土へ行こうと考えていました。粟鹿山の南斜面の丹波市側も風害は少なかったですが、オオアカゲラが好きな木の一番近いのが崖崩れに巻き込まれなくなっていました。さらに上の撮影するには少し遠くなるところの木は無事でした。

丹波市粟鹿山のオオアカゲラ-2018-8-26

もういないだろうと思っていたオオルリがまだいました。バイクに乗ったままの撮影でピント合っていません。

丹波市粟鹿山のオオルリ1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のオオルリ2-2018-8-26

粟鹿山のオオルリ3-2018-8-26

頂上でタカを期待しましたがキビタキの幼鳥だけでした。

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥1-2018-8-26

丹波市粟鹿山のキビタキ幼鳥2-2018-8-26

黒川ダムから与布土への林道は途中土砂崩れで通行止め、銀山湖経由で与布土に行きましたがダムへの道はまだ通行止めでした。今日は鳥よりもSKR110で林道ツーリングがメインにして楽しみました。秋ごろになったらもっと気持ちよくツーリングできるでしょうね。粟鹿山の南斜面までは丹波、親戚の宍粟市はまだ播州、KSR110でまだ足を延ばしそうで但馬までは行きそうですね。・・・・今日も丹波側の途中の道でハンターの方とお会いしました、秋は気持ちいいけどいろいろ気をつけないといけませんね。但馬はタカも期待できますが、ホンモノのクマも丹波や播州以上に多いですからね。下手に林道や山道を徒歩で行くより、軽くて小さい少しのオフロードなら走れるKSR110で移動すればエンジン音でクマに対しては安全でしょう。

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 他フィールドの生物, 播州・丹波の野鳥 タグ: , , パーマリンク