雌岡山麓のキヌガサタケ

昨夜は深夜まで仕事してましたが、快眠! 朝6時に目が覚め朝食を済ませ仕事をしていると家族が外から戻り騒いでいました。あのキノコがまた出とる!

行ってみると初夏の雨の日なのでキヌガサタケが綺麗にカサを開いていました。

雌岡山麓のキヌガサタケ1-2018-5-31

真上から撮ろうとしましたが丸くありませんでした。

雌岡山麓のキヌガサタケ2-2018-5-31

ちょっとだけ枯れ草をとって撮り直しました。

雌岡山麓のキヌガサタケ3-2018-5-31

枯れ草をとるときにグレバ(先の茶色い部分)から糞臭がしていました。毎年出ますが糞臭がします、臭い(笑  糞臭がして網のような部分がほぼ地面にまで達していて長いのでこれはキヌガサタケだと思います。網のような部分が背丈に対して少し短めで果実臭がするとアカダマキヌガサタケらしいですが、私は果実臭のには出会ったことがないのでよくわかりません。私は綺麗に網が広がったのを写真に撮ろうとしているので、ここまで網が広がり伸びる前は甘い香りがしているのか???・・・・わかりませんが臭くても綺麗なのがいい(笑

めずらしいキノコなのかどうかはわかりません、雨が降って1~3時間で綺麗な傘を開いて半日もしないうちに溶けて崩れたり茶色く乾いたりするので、見たいと思って探してもなかなかこのタイミングで見つけられないだけのように思います。たまたま身近に出るところがあるから毎年出会えているだけでしょう。

梅雨の季節だと感じる出会いでした。

キノコですが雌岡山の周辺の植物に入れておきます(笑 ちょうど雨がやんでいるときだったのでG9にLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm(防塵防滴ではない)で撮影しました。こんな時は防塵防滴のマクロレンズあった方がいいなと思うのですが使う機会が今のところほとんどないので贅沢はしません。


カテゴリー: 05月撮影分, 2018年05月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の植物 タグ: パーマリンク