明石のイソヒヨドリ・カンムリカイツブリ、雌岡山のシロハラ

今日は花粉症が酷いので明石西部の海岸の散歩に出かけました。シノリガモは昨日はいたらしいのですが今日は姿を見せず。9時ごろからスタンドアップパドルボード SUP(サップ)をする人が進んでくると一斉に鳥たちが飛んで行きました。撮ったのはイソヒヨドリのツガイ。

明石市魚住のイソヒヨドリ-メス-2018-4-1

明石市魚住のイソヒヨドリ-2018-4-1

あとカンムリカイツブリ。

明石市魚住のカンムリカイツブリ-2018-4-1

魚住から西二見まで往復の散歩になりました。春の山のピートの甘い匂いも季節を感じられていいですが、花粉症の私には潮の匂いも久しぶりにいいですね。シーカヤックやウインドサーフィンもしていた頃があり、SUP(サップ)をしている若い方が波を避けてテトラの手前を行く心境もよく分かります。

雌岡山に戻るとまだ春の野鳥は来ていません、冬鳥ばかり。菜園周辺のシロハラは座って待っていると警戒せず近づいてきます、堆肥入れた人が分かっているからでしょうかね~。

雌岡山のシロハラ-2018-4-1

雌岡山の北斜面中腹にクロジが集まって枝から枝へ飛んでいました、もうじき帰っていくようです。高く距離もあり枝まみれで撮れません。ヤブサメも北斜面の集めた枯れ枝のところでゴソゴソしています、もうすぐ移動していくでしょう。


カテゴリー: 04月撮影分, 2018年04月, 2018年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , パーマリンク