雌岡山のアカゲラ、稲美町のアカマシコ・ベニマシコ

今日は午前中を休みにして出かけることにしました。洗面所で身支度しているとモズの鳴き声をアリスイかと思い窓を開けると裏の田圃の畔の灌木にアカゲラがいました。歯ブラシ咥えたままレンズつけっぱなしのカメラを防湿庫から取り出し洗面所の窓から慌てて撮影しました。

雌岡山麓のアカゲラ1-2018-3-27

雌岡山麓のアカゲラ2-2018-3-27

毎年この時期に家の周りの木に来るアカゲラですがこの灌木は初めてです。モズは巣材にするススキの穂を咥えていました、窓を開けさせたこの子に感謝です。

雌岡山麓のモズ-2018-3-27

気になったのでアリスイの所も確認しましたが全く気配なし、北の山に帰ったのでしょう。アカゲラに気を良くしてこの時期に来るハチジョウツグミも気になり近くの貸農園から山沿いの田圃を見に行きました。いませんでしたね。この時間ツグミが畔に上がって日向ぼっこをしているのでちょちょっと歩けば見て回れます、あちこちでこんな感じでいます。

雌岡山麓のツグミ-2018-3-27

リュウキュウサンショウクイのところにも寄って帰りましたが見かけることはできませんでした。

そんなこんなで少し出遅れて、稲美町蛸草に出かけると着いた時にはお目当ての子は出た後でした。その後も昼まで出ませんでした。撮影できたのはベニマシコ。

稲美町蛸草のベニマシコ1-2018-3-27

稲美町蛸草のベニマシコ2-2018-3-27

土曜に皆さんとは逆の対岸にヒレンジャク追ってたまたま見慣れない子がヒレンジャクの近くの枝に止まっていました。反逆光ですが何気なく気になりその子を撮っていました。今日はその子を撮りに出かけたのですが、朝アカゲラを洗面所で撮影して家の周りの子たちが気になって、アリスイやハチジョウやリュウキュウの所をまわり出遅れてしまいました~。

よく分からなかった子の同定をして頂いた方々に感謝いたします、本当にありがとうございました。
【追伸】3月24日に撮ったよく分からなかった子は25日夜にアカマシコjだと連絡いただきました。月曜は仕事で、火曜の午前中と夕方に出かけましたが私は撮れず(撮られた方もおられました)。水曜は仕事で、今日29日木曜日の仕事前の朝7時前から1時間弱だけの時間で少しだけ撮ることができました。私は鳥に詳しくないので色が少し違う・頭の丸くない・尻尾の短いベニマシコのメスに似た子という最初に見たときに受けた自分の印象で探していました。朝日の中で緑がかった褐色がどこまで出るか心配でしたが色もそれなりに出ているようです。昨年秋にまとめサイトに出ていることをお聞きしているので、大変珍しい子だということなので今日追伸で上げ、備忘録として掲載させていただきます。この後しばらくこの子はベニマシコのオスを追っかけていました。

稲美町蛸草のアカマシコj1-2018-3-29

稲美町蛸草のアカマシコj2-2018-3-29

ほんの1~2分の撮影でした。この2枚目はしゃがみこんだ状態で反逆光覚悟でベニマシコと上手く連なりブルーシートを避けられる位置へ移動。この後横から撮影できそうな枝に移動しましたが枝かぶり。

稲美町蛸草のアカマシコ3-2018-3-29

回り込んでいる間の数秒で日陰の別の木の枝に移動、日陰で色が出ていません。

稲美町蛸草のアカマシコ4-2018-3-29

朝一ならベニマシコとの写真が撮れるのではないかとの期待はしていました。最初一人の時にベニマシコが現れ期待が膨らみました。


カテゴリー: 03月撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , , パーマリンク