雌岡山のイカル・トラツグミ・ルリビタキ(メス)・ツグミ

数日過ごしやすい気温だったのに、今日はまた寒く北風が強い日でした。最近撮ってなかった子はイカルぐらいでした。

雌岡山のイカル1-2018-2-17

雌岡山のイカル2-2018-2-17

今日もフィールドに出るは遅くにしましたが、寒くて新しい子は期待できませんね。麓の田んぼの畔の木に生る様にとまっていたツグミ。

雌岡山のツグミ-2018-2-17

ツグミの類はあといつもの梅林のトラツグミ。

雌岡山のトラツグミ-2018-2-17

梅林の中の大きな木は金曜日に梅のお世話をする方たちが伐採してしまいました。これまでいろんな野鳥がそれぞれの季節にねぐらにしていたんですがね~。梅の木がその木の日陰になり生育が悪くなるからでしょう・・・・でも梅林は後から作ったものです、もとからあった大きな木々をこれまでにも伐採されてしまいました。鳥とは関係のない地元住民の方から私に(私も地元住民なので)、「なんで大きな木を切り倒してしまうんでしょうね、何とかなりませんか」と苦情をこれまでにもお聞きしたりしました。・・・・地元住民で下草刈りやお世話を年に何度もするのは大変です、梅林をお世話するNPO法人の方々がやってくださっています。神社は神主さんだけでなく神社の地元氏子の氏子総代の方々がおられます、梅林をお世話するNPO法人の方々にももっと地元の方々と上手くやってほしいものです。

あと出会ったのは梅林で、雌のルリビタキ。

雌岡山のルリビタキ-メス-2018-2-17


カテゴリー: 02月撮影分, 2018年02月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , パーマリンク