稲美町のツクシガモ、雌岡山のミコアイサ・チョウゲンボウ・アトリ

稲美町の池にツクシガモが戻ってきたと教えていただき、今朝一番で行きました。

稲美町国岡のツクシガモ1-2017-12-17

稲美町国岡のツクシガモ2-2017-12-17

稲美町国岡のツクシガモ3-2017-12-17

最初は距離はありましたが順光側から、次は距離を縮めるため反逆光側に移動して撮りました。雌岡山に戻る途中いつもとまた別の場所でチョウゲンボウのメスがいました。最初は反逆光で、次は何とか場所移動して順光側から撮りました。

神出町紫合のチョウゲンボウ1-2017-12-17

神出町紫合のチョウゲンボウ2-2017-12-17

雌岡山の麓の池で茂みの隙間からミコアイサ。

雌岡山のミコアイサ-2017-12-17

雌岡山のミコアイサ2-2017-12-17

ミコアイサをもっと近くで撮りたいですがなかなか近づけないですね~。

雌岡山の中腹にはクロジが8羽いましたが手持ちで撮影しましたが暗くてブレブレでだめでした。明るいところには餌付けもされていませんが、紅葉のみを食べるアオジがおり2m以下でも逃げません。

雌岡山のアオジ-2017-12-17

かんでかんでの梅林は枯草(コセンダングサ)が茂っていて地面に下りたミヤマホオジロが撮りにくいと昨日明石の海岸で会った方に言われたので、行ってみると今日はキレに刈り取られて地面がよく見えていました。

かんでかんでの梅林のアトリ-2017-12-17

かんでかんでのジョウビタキ-2017-12-17

梅林の剪定のための下草刈りでしょう。剪定のない日曜日か剪定の始まる前(朝一)・終わった後(午後遅く)の時間にミヤマホオジロが狙いやすくなりました。

寒いのでミヤマが出るのを待たず帰ることにしました。かんでかんでの梅林から、ずっと向こうに白いゲレンデのようなのがある山を見かけました。たぶんオープンしたばかりの峰山高原のスキー場でしょう。

雌岡山から見える峰山高原-2017-12-17

もう35年以上になりますが若い頃は競技スキー楽しんでいた頃は八方尾根や戸隠に行っていました。登山もしていたので天気のいい日に八方尾根の先の唐松岳の頂上まで登り、帰りは山スキー、その時真っ白なライチョウを撮りましたがスライドを紛失してしまいました。・・・・冬山登山は長くやっていませんが、そのうち八方尾根の上部に白いライチョウの写真を撮り直しに行けたらいいなと妄想しながら撮りました(笑


カテゴリー: 12月撮影分, 2017年12月, 2017年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 タグ: , , , パーマリンク