明石のシノリガモ・ヒドリガモ、雌岡山のミサゴ、三木市志染川のオシドリ

昨日からメールでシノリガモのオスがいると知らせていただいていましたが、お仕事で行けず。今日行ってみました。最初青っぽい派手な子が居ずすぐには分かりませんでしたが、小ぶりで顔に白い模様のある子が居ました。フロントテレコンかまして撮ってみましたがカニを食っているところでしたがシャキッとせず。

明石市のシノリガモ1-2017-12-16

フロントテレコン外して泳いでいたりエサを食べているところではなく海から上がったところを撮ってみました。

明石市のシノリガモ2-2017-12-16

明石市のシノリガモ3-2017-12-16

明石市のシノリガモ4-2017-12-16

明石市のシノリガモ5-2017-12-16

もう3日目ですが、今日が一番近いとおっしゃっていました。今日はもっと人が増えると思っていたがそうでもないともおっしゃっていました、もうブログにあげておられる方がいるんでしょう。去年のビロードキンクロの時のように長居してあと1~2ヶ月いてくれたら、この子はエクリプスでもう少ししたら色が出てくるのかな~、エサ獲るの下手そうだし1年目の子かな~。私にはよく分かりませんがうっすらとでも色が出ないか期待して歳明けにまた見に来よう、G9が来るころまでいてくれたらいいな~。

他にもたくさんカモがいましたが私にはよく分からず、たくさんいたヒドリガモを。

明石市のヒドリガモ-2017-12-16

家族が風邪をひいているので早めに引きあげました。午後志染川に出かける前に近くの池のミコアイサが近くに来ないか見に行くと、遠い。わずかな晴れ間にミサゴが来ました、多分ダットコロバシにいる子です。

雌岡山のミサゴ1-2017-12-16

金棒池の子を確認に行くとすでに魚を獲ってきて食べていました。

雌岡山のミサゴ2-2017-12-16

雌岡山周辺には4羽のミサゴがいます・・・・最近は全然撮っていませんでしたね。祖父の時代に谷底の田圃を持っていてその場所をダットコロバシといっていました。たぶん「脱兎が転ぶような谷」からきてるんでしょうか。

志染川はお目当ての子はいず、その奥のほうでオシドリがやすむ前に騒いでいました。

三木市志染川のオシドリ-2017-12-1

狩猟用のブラインドでひっそりと近くで待って撮れるところがあればいいんですが、どこも駄目ですね~。


カテゴリー: 12月撮影分, 2017年12月, 2017年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 タグ: , , , パーマリンク