雌岡山のミサゴ・チョウゲンボウ・アオジ・オオタカ

マインドフルネスプログラムの静座瞑想のエクササイズを家と梅林のベンチでして、車などが走らないので雌岡山を歩きながら歩行瞑想のエクササイズしたりしながらフィールに出かけています。土曜は下のマシコなどが出るところで、ミサゴの親子が飛ぶのを見たのと、麓のチョウゲンボウの食事ぐらいしか出会いませんでした。

雌岡山のミサゴ-2017-11-11

雌岡山のチョウゲンボウ-2017-11-11

梅林で静座瞑想のエクササイズをしているときにツツドリを見かけました。瞑想と言っても宗教的なものを一切排除したものでベンチに座って目を開けてやっていますから見ることはできます。呼吸に集中するエクササイズで、ツツドリが出たからと言って撮影に動くことはできません(笑

日曜は雌岡山にミニカーで上がり、駐車場近くの神社から少し離れたところの落ち葉や枯れ枝をかたずけたところにクロジが出ていないか見ましたが、奥の暗い笹薮の中にいました。2mぐらいのところに来たのはアオジでした。

雌岡山のアオジ-2017-11-12

雌岡山のアオジ2-2017-11-12

今日も頂上で、オオタカの親子が舞っていました。

雌岡山のオオタカ-2017-11-12

先シーズンは神出神社本殿のすぐ裏手で居ついて、植込みに入り三脚で撮影したり、庭石に腰かけたり・・・・私は氏子ですし、私が良く知った近所の方が神主さんなので、神さんへの配慮や畏敬にかける行為に神主さんが怒るのは無理ないことを理解しています。展望舞台のアルミベンチ4台のうち中2台は神殿正面で神に背を向けるのは非礼だと北側の神殿向きにしているはずです。心無いまたはよく理解していないハイカーの方などが景色のいい南向きにベンチの方向を変え神殿に背を向けていると神主さんは、厳しく注意しています。

氏子なら祭りや用事で神社にどうしても車で入らないといけない時、必ず神への礼儀として神殿裏を通り、絶対に神殿前を車やバイク・自転車などを入れることはありません。自転車の愛好家の方が神殿脇や正面に平気で入ってこられるのにも神主さんは厳しく注意されます。

大きな駐車場の方でも、車を止め椅子に座って大勢が砲列を並べるのも神主さんは快く思っていません。鳥居をくぐるとそこからが境内です、ある意味山全体が神聖な場所ということになります。そのことをわきまえて行動してほしいと神主さんは仰っています。丁寧な方は下の鳥居をくぐるとききちんと挨拶してから参道を上がられる方もいらっしゃいます。そこまでは言いませんがよろしくご配慮ください。

クロジは神殿裏だけでなく、その下あたりにもよく出ます、今シーズンは駐車場階段より上での撮影はお控えください。

 


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 タグ: , , , パーマリンク