雌岡山のエゾビタキ・マガン・タゲリ、呑吐ダムのジョウビタキ

金曜日はクライアント様が営業日でお仕事、土曜日は雌岡山に上がりましたが鳥の出そうなところにドッサリ溜まった落ち葉や大きな落ちた枝の除去をしたり、事務所の収納の日曜大工してました。土曜の夕方に雌岡山でキクイタダキを撮りましたがお腹ばかり。日曜の今日は、朝から雌岡山を歩いてもエゾビタキぐらいでした。

雌岡山のエゾビタキ-2017-11-5

知り合いの方にお会いして、神出町宝勢の池にマガン・その少し離れたあたりにタゲリがいると教えていただき雌岡山に来られていた方数名と向かいました。マガンはいましたが遠くこんなのしか撮れませんでした。

雌岡山麓の神出町宝勢のマガン-2017-11-5

GX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmで三脚持って行ってないので手持ち換算800mmでまず数枚撮影し、PCで2倍のトリミングしたものがこれです。

現場ではGX8はファインダーを覗けばクロップ(EXテレコン)2倍×デジタルズーム2倍でダイヤル設定ですぐ3000mm超の望遠鏡になります。望遠鏡代わりに覗くにも三脚がないので手振れ補正で2000mmがこの日は限界(この画像の少し大きいぐらいで見えていました)。クチバシは黄色・顔前面の白い羽は頭まではない、体も大きい、カリガネの幼鳥とは違い黒っぽいしカオの前の白い羽がある。黄色のアイリングがないことを確認したくて、少し光線ましなところに移動するとほんの数分なのに見失ってしまいました。3脚さえあれば3600mmの望遠鏡で確認できたのですが・・・、その後、発見できずいなくなっていました。1羽だけというのが気になりますが、たぶん教えていただいた通りマガンだと私は思っています。

ピクセル等倍で切り出し(2000mmファインダーで見えていたのと同じくらい)フォトショップCS6で可能な限り目の部分が見えるように処理したのがこちらです。

マガン-等倍切り出し画像処理

タゲリは教えていただいたところには居ず、私がいつも撮影するあたりに移動すると田んぼにいました。光線はいいけど稲のひこばえが邪魔です。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ1-2017-11-5

正面向きなら全体写りますが、真横はダメ、斜めの一瞬しか全体を撮れない・・・・悩ましい。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ2-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ3-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ4-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ5-2017-11-5

飛ぶのを待って撮ったのがこちら。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ6-2017-11-5

タゲリは1月いっぱいまでいるだろうから、田んぼが鋤かれたら稲のひこばえがなくなるのでその頃また撮ればいい。

午後遅くベニマシコが来ていないか呑吐ダムにワゴンに折りたたみ自転車積んで出かけました。ダムの周り1時間のサイクリングになりましたが何もいない、早すぎるのは分かっていましたが(笑 帰り際何も撮らないのはな~、とジョウビタキ。

呑吐ダムのジョウビタキ-2017-11-5


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 タグ: , , , パーマリンク