雌岡山のビンズイ・オオルリ・ハシブトガラス・センダイムシクイ

そろそろムギマキが来ていてもいい頃だし7時前にワゴンで雌岡山に上がりました。でもなんかヌルイ気温と湿度、カラスザンショウを確認しがてら下の梅林まで下りました。中腹のベンチまでは実も熟れていましたがメジロ・ムシクイ・コゲラぐらいしかカラスザンショウに来ていません、キビタキも見かけません。梅林にビンズイがいました。

雌岡山のビンズイ-2017-10-14

山頂まで引き返し、一番上のカラスザンショウをはっていてもいつものメジロ・コサメビタキぐらいしか来ません。なにか来たと思ったらオオルリでした。

雌岡山のオオルリ-2017-10-14

知り合いの方が来られて山頂でジョウビタキの声を聴いたよと教えていただき、それならムギマキも来てるだろうと少し期待しました。中腹まで4回往復しましたがキビタキにも会いません。5回目は梅林まで下りジョウビタキでも撮れないかと思いましたがいません。梅林のベンチに座るとカラスが飛んできてポーズをとって5分ぐらいいました、横をウォーキングの人が通っても飛びません。見返りポーズをとっているし羽の色も綺麗なので撮影しました。

雌岡山のハシブトガラス-2017-10-14

頂上に戻ると雨が降り出しました、車で戻り昼食をとっていると雨がやみました。雨が上がると鳥も動き出すだろうとまたワゴンで上がりました。ちょっとだけ日も差し、期待しましたが撮れたのはセンダイムシクイだけ。

雌岡山のセンダイムシクイ-2017-10-14

数回中腹のベンチまで往復しましたがだめでした。前線が通り過ぎても思うほど北からの空気も入らずヌルイかんじ、ジョウビタキの声がしていても姿を見られず・・・・。明日も天気は良くないですが、自衛隊の迷彩ポンチョをもって中腹のベンチまで何度か往復するんでしょう。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , パーマリンク