雌岡山のキビタキ・コサメビタキ・エゾビタキ、粟鹿山のタンナトリカブト

今日は雌岡山の秋祭り、だいぶ冷えてきているので早ければムギマキ来ているかもと祭りの前の早朝に上がりました。一番上のカラスザンショウはコサメとメジロがいましたがムギマキは見かけず。中腹のカラスザンショウはメジロに交じって黄色いのがいましたが、キビタキのオスでした。

雌岡山のキビタキー2017-10-8

すぐ近くの桜に気の強そうなメスもいました。

雌岡山のキビタキーメスー2017-10-8

最下段はセンダイムシクイぐらいしかいませんでした、まだ実も若すぎます。3回上り下りして見回りましたがいません。最上段付近のコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキー2017-10-8

梅林にはツツドリはいませんでした、山に飛んで行くのは昨日見かけましたが。梅林の柿の木でエゾビタキ。

雌岡山のエゾビタキー2017-10-8

キビタキがカラスザンショウに来ているので近いうちに少し冷えた日には来てくれるでしょう。雌岡山と野鳥はあきらめ早めに帰りました。早い昼食をすませ篠山の粟鹿山が台風でどうなっているのか確かめるのと、見つけていたトリカブトらしき葉っぱに花がついてるのを撮ろうと出かけました。無毒のサンヨウブシではなくタンナトリカブトのようです。

粟鹿山のタンナトリカブト1-2017-10-8

粟鹿山のタンナトリカブト2-2017-10-8

花は逃げないので場所が分かっていると遠くでも少しは安心していけますが、開花時期は感で行くしかありません。もう遅いかなと思いましたが、運よく3ヶ所でタンナトリカブトがまだ花を咲かせていました。山はあちこちでがけ崩れしていました。

明日は午後から仕事に出かけるので、朝また上がって探してみようと思います。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, キビタキ, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , パーマリンク