雌岡山麓の神出町北の2番のタマシギ

今日は血液検査の日、朝4時前に目が覚めるとタマシギの情報のメールが来ていました。朝食とれないので少しゴソゴソして少し白んできた4時半ごろ家を出て歩いて神出町北の田んぼに出かけました。最初雌2羽と雄1羽が水田にいました。少し距離がありますが撮影して、家に戻り6時ごろオンボロ軽四でタマシギのところに行くと、雄が4羽と雌2羽でゴソゴソしていました。すぐに2番になって2羽の雄は離れていきました。

雌岡山麓の神出町北のタマシギ1-1-2017-5-12

雌岡山麓の神出町北のタマシギ1-2-2017-5-12

雌岡山麓の神出町北のタマシギ1-3-2017-5-12

雌岡山麓の神出町北のタマシギ1-4-2017-5-12

朝5時前には餌を啄ばみ、車で近づくと少し身構えましたが数分で身づくろいをはじめました。こんなに近くでタマシギを撮らせてもらったのは初めてです、クロップ外して換算800mmでもあふれてしまうのでズームを戻しての撮影でした。もう一番は隣の水田、朝日の逆光、こちらは少し遠い。

雌岡山麓の神出町北のタマシギ2-1-2017-5-12

雌岡山麓の神出町北のタマシギ2-2-2017-5-12

車から約5分の撮影を3セット(ぐるっとちょっと走って戻ってきてを3回)、数百枚撮らせてもらいましたが同じようなものばかり。7時前には戻り仕事して、9時に医者に行って採血。医者から戻る途中寄りましたが朝早くはよく姿を見せてくれていましたが隠れてばかり。うずくまられるとどこにいるのか同化してしまい探すのも大変。いつものことですが、朝一がいいですね。季節と鳥の種類や場所によって朝一の時間も違いますが。

樋門開放の前に14日は一斉に掛け溝さらえがあります、私も行かなければなりません。翌週の樋門開放から一斉に田植えが始まります。


カテゴリー: 05月撮影分, 2017年05月, 2017年撮影分, 雌岡山麓の水辺の野鳥 タグ: パーマリンク