雌岡山のアオゲラ、天満大池のセイタカシギ・ウズラシギ・タカブシギ、トウネン・チドリの類

血糖値を下げるため先日より早朝に雌岡山を歩き始めました。今日は早朝に稲美の天満大池に行きセイタカシギ・ウズラシギ・タカブシギ、トウネン・チドリの類を撮りました。

稲美の天満大池のセイタカシギ1-2017-4-20

稲美の天満大池のセイタカシギ2-2017-4-20

稲美の天満大池のウズラシギ-2017-4-20

稲美の天満大池のトウネンの類1-2017-4-20

稲美の天満大池のトウネンの類2-2017-4-20

稲美の天満大池のタカブシギ-2017-4-20

稲美の天満大池のチドリの類-2017-4-20

いなかったムナグロやオオハシシギなどは待たずに、9時から仕事を始めるのですぐに雌岡山に帰りました。クロツグミは見つけられずペアリングで飛び回っているアオゲラを撮りました。

雌岡山のアオゲラ-2017-4-20

すぐ近くのイチリンソウ。

雌岡山のイチリンソウ1-2017-4-20

雌岡山のイチリンソウ2-2017-4-20

イチリンソウのところで地元の知り合いの方が撮影されており、クチナシグサ・ラショウモンカズラ、私には名前が特定できないスミレの類などの場所を案内してもらったり教えてもらい手早くGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmで撮影。

雌岡山のクチナシグサ-2017-4-20

雌岡山のラショウモンカズラ-2017-4-20

雌岡山のスミレの類1-2017-4-20

雌岡山のスミレの類2-2017-4-20

天満大池では水が減っており遠い子たちは、GX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmを三脚に載せ2倍のEXズーム(2倍クロップ換算1600mm)で撮影し、花はマクロレンズ持ってきていなかったので100-400mm手持ちで撮影・・・・便利なレンズです、GX8の上から覗けるファインダーだから超望遠マクロもやりやすい。

なんとか9時には事務所で仕事をはじめられました。早朝に起きても早い朝食後ちゃんと雌岡山歩こう!そしたら撮影できなくてもフクロウに会える。夜は夕食後に麓を歩こう!


カテゴリー: 04月撮影分, 2017年04月, 2017年撮影分, 他フィールドの生物, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク