雌岡山のトケン、ムギマキ成鳥

22日朝、雌岡山に上がるとムギマキ成鳥がいました。

雌岡山のムギマキ1-2016-10-22

雌岡山のムギマキ1-2016-10-22

雌岡山のムギマキ2-2016-10-22

雌岡山のムギマキ2-2016-10-22

ムギマキ成鳥は、人が来られる前や帰られた後に姿を現しているようです。でも上の方の高いカラスザンショなのでお腹ばかりや、枝かぶりが多くなってしまいます。若やメスになるでしょうけど来週ぐらい一番下で 綺麗に撮らせてくれるようになるのでしょう。

人なれしすぎたのか、渡りをするには成長が遅れているのを補うためエサ取りに懸命なのかすぐ近くにカッコウのようなツツドリのような子がまだ出てくれています。この2週間で一回り大きくなりました。そろそろ渡っていくのでしょう。

カッコウのようなツツドリのような子2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子1-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子1-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2-2016-10-22

カッコウのようなツツドリのような子2-2016-10-22

8月21日にセグロカッコウの鳴き声を聞いてツツドリを見かけて以来約2ヶ月間入れ替わりながら楽しませてくれてありがとう。また来年の春立ち寄ってくれたらうれしいです。

23日は風のせいか人が多いせいかムギマキの成鳥もトケンも私は見かけることはできませんでした、午後は仕事の準備やいろいろありあがりませんでした。


カテゴリー: 10月撮影分, 2016年10月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , パーマリンク