稲美のセイタカシギ、GX8&LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmの+RAYNOX HDP-9000EX(換算1440mm)

朝目が覚めると8時をまわっていました、起きるの遅かったので稲見のセイタカシギの撮影に出かけました。赤い目が撮れたらとGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm+RAYNOX HDP-9000EX後ダマ加工35mm換算1440mm、足元はGITZOの大型三脚 #563L 4型 システマチック+雲台G2380。

稲美のセイタカシギ1-2016-7-23

稲美のセイタカシギ1-2016-7-23

稲美のセイタカシギ2-2016-7-23

稲美のセイタカシギ2-2016-7-23

午前の光で金網越し、ノートリでなんとか目の赤いのが撮れましたが、飛ぶところは撮れず。

午後はクーラーの効いた部屋でVAPEでメントールを吸引しながらゆっくりと好きな音楽CDアルバムを2枚聞いていました。久しぶりに気持ちい午後を過ごしました。

3時をまわって飛ぶところを撮ろうと出かけました。5~6人の方がいて2時ごろ飛んだと聞きました。飛ぶところ撮れたらとGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm(35mm換算800mm手持ち)で粘りましたが、3羽ともこんな状態。

稲美のセイタカシギ3-2016-7-23

稲美のセイタカシギ3-2016-7-23

ちょっとだけ羽ばたいたところ(トリミング)。

稲美のセイタカシギ4-2016-7-23

稲美のセイタカシギ4-2016-7-23

小魚を捕えて(トリミング)。

稲美のセイタカシギ5-2016-7-23

稲美のセイタカシギ5-2016-7-23

午後遅くは飛ぶところも、赤い目も撮れませんでした。赤い目は分かる程度のは何枚もありましたが、200枚以上を撮って狙っていたものに近いのは午前の1枚だけでした。


カテゴリー: 07月撮影分, 2016年07月, 2016年撮影分, 他フィールドの生物 タグ: パーマリンク