雌岡山のギフチョウ・カタクリ・タチツボスミレ・メジロ

土曜の午前中、雌岡山に桜とキビタキを狙いに上がりました。その前に毎年ギフチョウがいるところへ、GX8に100‐300mm+RAYNOX HDP-9000EX後ダマ加工35mm換算1030mm超望遠で手でシャッター切るとここまでしか撮れない。

雌岡山のギフチョウ1-2016-4-2

雌岡山のギフチョウ1-2016-4-2

雌岡山のギフチョウ2-2016-4-2

雌岡山のギフチョウ2-2016-4-2

自然孵化したギフチョウ、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4-6.3があったらな~、まだまだ来ない。狙っていた桜にキビタキは空振り、駐車場に車が来るので桜のずっと奥にいるのを見つけただけ。メジロさんしか撮れません。

雌岡山の桜とメジロ-2016-4-2

雌岡山の桜とメジロ-2016-4-2

11時を回ったので、カタクリのところに行くと1株だけ花を開いていました。

雌岡山のカタクリ-2016-4-2

雌岡山のカタクリ-2016-4-2

雌岡山のギフチョウは数が少なく、皆さんが期待されるカタクリにとまるのを撮るのはほぼ無理です。今回撮影できたギフチョウは雌よりも1週間ほど早くでてくるオスだと思います、単独でいましたし、後ろの翅のしっぽのような突起も擦り切れていないので。来週ぐらいが雌岡山では一番ギフチョウが見られる確率が高いのでしょうね、優しく見守ってやってください。カタクリ園で人工繁殖のギフチョウを放蝶した時の一瞬だけカタクリにとまるギフチョウが撮影できますが、最近は放蝶していません、今年はどうされるのか聞いていません。近くの桜の木の洞で咲くタチツボスミレが綺麗だったので。

雌岡山のタチツボスミレ-2016-4-2

雌岡山のタチツボスミレ-2016-4-2

中国はカメラとレンズを持って行きましたが、いろいろと撮る気になれず、仕事で使うと無線コントロール用のフラッシュが壊れ・・・・。雌岡山に上がってから、午後は日本に帰ってもつまらないごたごた・・・・。来週は天気がよかったら気晴らしにヤマセミに会いに行こう!


カテゴリー: 04月撮影分, 2016年04月, 2016年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , パーマリンク