雌岡山の野草イカリソウ・ミヤマカタバミ・アカフタチツボスミレ、先週のホオジロ・ウグイス

土曜はいつものようにお仕事、今日はお彼岸の集い。でも野草が花をつけそう、ギフチョウもそろそろなので朝遅くミニカーで様子を見に、午後開花しそう。昼食を済ませると撮影に。朝に見つけていたイカリソウの白。

雌岡山のイカリソウー白ー2016-3-20

雌岡山のイカリソウー白ー2016-3-20

朝見つけていたミヤマカタバミは開花しておらず、紫のイカリソウと開花したミヤマカタバミをさがして山の中を1時間近く藪こぎ。ようやく見つけた紫のイカリソウ。

雌岡山のイカリソウー紫ー2016-3-20

雌岡山のイカリソウー紫ー2016-3-20

ミヤマカタバミはツボミのままのモノはいくつかありましたが、たった1輪開花しているのを見つけました。

雌岡山のミヤマカタバミ-2016-3-20

雌岡山のミヤマカタバミ-2016-3-20

ヒトリシズカも探しましたがアカフタチツボスミレだけ。

雌岡山のアカフタチツボスミレ-2016-3-20

雌岡山のアカフタチツボスミレ-2016-3-20

野鳥は先週の紅梅のホオジロ、とウグイス(上げていませんがイカルがいつものように出ただけ)。

雌岡山のホオジロー2016-3-13

雌岡山のホオジロー2016-3-13

雌岡山のウグイスー2016-3-13

雌岡山のウグイスー2016-3-13

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4-6.3はインナーフォーカスでズームロックもしっかりしている、360~370mmでF6.3の35mm換算650mmの望遠レンズの前ダマ径は約104mmなので改造RAYNOX HDP-9000EX(前ダマレンズ径104mm)がぴったり合う。35mm換算で1300mmの超望遠でAFが使える、4Kフォトなら1760mm、デジスコの世界をAFの1眼撮影ができる。LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4-6.3の現物も確認できたので遅ればせながら発売2日前に注文しましたが、来るのは2カ月先。春のヤマセミには間に合いませんが、アカショウビンのころには来るでしょう?

次の土曜からはまた仕事で中国、花やギフチョウのいい時期に出かけてしまいます。GX8に100-300mmは持って行くので会議室の窓辺から中国の普通の野鳥でも撮れたら・・・・。


カテゴリー: 03月撮影分, 2016年03月, 2016年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , , パーマリンク