神出町雌岡山のウスバカゲロウ、コノハズクの鳴き声

昨日の夜は寝室の窓を開けて寝ました。明け方4時半ごろ、ブッ ポ ソーという声で目が覚めました、コノハズクの鳴き声です。パンとコーヒーを食べて、すぐにマンフロットのビデオ用三脚にGH2に100-300mmを付けて暗い中でも動画撮影できる体制で雌岡山に出かけました。3時間声の聞こえた方角を重点的に探しましたが出会えず。出会ったのはウスバカゲロウ(トンボではなくアリジゴクの成虫)。usubakagero1-2014-7-21usubakagero2-2014-7-21ウスバカゲロウは夜行性で、今日のように薄暗い早朝でないとなかなか見つけられません。雌岡山に向かう頃にはコノハズクは鳴きやんでいました。全く見つかりません。

撮るものを探すと・・・・日当たりのすごく悪い所にナデシコが2輪、外来園芸種のコンテリクラマゴケ。nadesiko-2014-7-21konterikuramagoke-2014-7-21インド北部から中国南部の原産だと思われる外来園芸種のコンテリクラマゴケはだめです。日本の野草のナデシコも普通なら咲かないようなところですから人の手によるものでしょう。

雌岡山周辺の野草を守ろうと山中で育ててくださっておられるご夫婦がおられます。自然を大切にしてくださっています。・・・・自然にあまり理解の無い方がたぶん悪気はないのだと思いますが園芸種の花や外来種をご自分の花壇のように雌岡山に植えてしまっているのでしょう。引き抜こうかともいつも思うのですが繁茂するほどではないのでそのままにしています。他の山野草に影響が出そうになったら除去しようと思います。

9時には事務所に戻り、エアコンの効いた部屋で快適に1日お仕事や学習などしていました。ちょっと早く起きすぎ昼食後は眠気が(笑・・・・今日は少し早く寝ましょう。


カテゴリー: 07月撮影分, 2014年07月, 2014年撮影分, 未分類, 雌岡山の昆虫 タグ: パーマリンク