雌岡山のキビタキ・オオルリの囀り、まだいるクイナ・シロハラ

朝遅く雌岡山へ行くと、キビタキやルリビタキの囀りが聞こえてきました。オスが元気に囀っていましたがメスは近くで見ませんでした。キビタキ囀り-2013-4-27オオルリ囀り-2013-4-27午後ミニカーで菊水山に出かけてみました。頂上までいい運動になりました。ツツドリがでっかい声で鳴き飛んでいるところは見ましたが撮影できませんでした。アオゲラの声も聞こえました。あとは雌岡山で撮影した子たちばかり、でも頂上までいい運動になりました。他にもいろいろいるようですが出会えず、まだいるシロハラが近くに寄ってきたので。シロハラ-2013-4-27神出に戻って野池でこちらもまだ残っているクイナ。クイナ-2013-4-27最近なかなかフィールドに出られなかった。小鳥の囀りに癒されました。今回の鳥インフルは感染した鳥が死なないのでよくわかりませんが、一昨年は冬の水鳥やカラスが数羽死んでいるのを見かけていますから来るんでしょうね。野鳥は普通に見たり撮影したりするのはそう気にすることもないでしょう。でも養鶏場は大変でしょうね、感染しても死なないからわかりません、ヒトが鳥と濃密な接触をするでしょうし。


カテゴリー: 04月撮影分, 2013年04月, 2013年撮影分, 他フィールドの生物, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 タグ: , , , パーマリンク