雌剛山のエナガ・コサメビタキ・メボソムシクイ・オオルリ

10月8日・9日は神出神社の秋祭り。今年は当番ではないので祭りの始まる前の朝鳥の撮影に出かけました。

朝出遅れたので8日は神社を避けて次のツツドリが来ていないか見に梅林へ。ツツドリは見かけるものの梅林には止まらず・・・・天気もよくSIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)で空の青さが出ないかと露出アンダーでエナガとコサメビタキ。エナガ-2011-10-8コサメビタキ-2011-10-89日は7時半に家を出て、雌剛山の中では光が足りないのが目に見えていたので三脚にビデオ雲台にメッシュネットの装備でSIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)。暗い道から外れた山の中で、メボソムシクイと証拠程度のオオルリ。メボソムシクイ-2011-10-9オオルリ-2011-10-9祭りに役員の方々が集まり始めていましたから脇をそそくさと通って下の梅林へ。この日もツツドリが出るものの梅林には止まらず。三脚にビデオ雲台にメッシュネットの装備でSIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)でISO200で丁寧にコサメビタキを。コサメビタキ-2011-10-9

三脚にビデオ雲台にメッシュネットでISO200で撮れば吐き出される画は確かにきれいですが、やっぱり気晴らしに雌剛山を歩きまわり手持ちで撮影する方が私にはあっています。

明日は旅立ち前のオオルリの子どもの群れやそろそろタカがこないかなと思っていました。10日は祭りも終わり念のために1脚は持っていくけど、いつものように健康的に手持ち撮影で歩き回って気晴らしになる撮影をしよう!


カテゴリー: 10月撮影分, 2011年10月, 2011年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , パーマリンク