ウラシマソウの実・セトウチホトトギス・キバナアキギリ・サクラ

SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)はレンズ内に埃が入りやすいレンズです。来週金曜日大阪に行くのでSIGMAに持って行こうかとも思いましたが、前玉のレンズの取り付けねじが剥き出しのレンズなのでネジを外して掃除してしまいました。昨日AF微調整してフィールドに出かけましたが、ホオジロやいつもの子たちばかりで、サメやコサメビタキにも出会えずじまい。ホオジロ-2011-10-1

今日は来週の祭りのために雌剛山は刈払機で派手に早朝から草刈り。昨日は雌剛山で秋の野草をいくつか見ていたので、SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)とZD35mm F3.5 Macroを持ち出し薄暗い山の中で野草の撮影からスタート。何十本と咲いていたウラシマソウも今実が付いているのはこの2本だけ(まだ赤くなっていないウラシマソウの実)。ウラシマソウの実-2011-10-2あとで上手くいけば梅林でツツドリも撮れればと思い、ホトトギスの柄に似ていることから名前がついたセトウチホトトギス(少しトリミング)。セトウチホトトギス1-2011-10-02セトウチホトトギス2-2011-10-02その脇に咲いていたキバナアキギリ(少しトリミング)。キバナアキギリ1-2011-10-02キバナアキギリ2-2011-10-02カリガネソウも撮っておこうかと思い近づくとホシホウジャクがいたので、SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)で撮影。カリガネソウとホシホウジャク-2011-10-2梅林に降りてツツドリがいればよし、サメビタキかコサメビタキでもいたら・・・・出るのはヤマガラ・シジュウカラ・エナガ・コゲラだけでした。道際のサクラの木に花が付いていたので、SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)で撮影。秋の桜-2011-10-02SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)が前玉だけですがごみ掃除しても問題し。それにしても桜は咲くし今年の秋はヘンな感じです。


カテゴリー: 10月撮影分, 2011年10月, 2011年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , , , パーマリンク