超望遠マクロでアジアトンボ・ヤブヤンマ・ヒメヒラタアブ・トゲヒゲトラカミキリ・アオオビハエトリなど

今日は午後からZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6+EC-14(換算840mm)の超望遠マクロで、昆虫や花を。

水連の花にとまるアジアイトトンボ。アジアイトトンボ-2011-5-15産卵するヤブヤンマ。ヤブヤンマ-2011-5-15水連にとまるヒメヒラタアブ。ヒメヒラタアブ-2011-5-15雌剛山の草陰のトゲヒゲトラカミキリ。トゲヒゲトラカミキリ-2011-5-15体長5mmぐらいの奇麗な色のクモ、アオオビハエトリ。アオオビハエトリ-2011-5-15野生のギンラン。ギンラン-2011-5-15紫の色をした唇のような花。紫の唇の花-2011-5-15太陽の光に透ける赤いカエデの実。カエデの実-2011-5-15小さい虫や小さな花、色が奇麗なものも多い。これからの季節こんなのが増えそうかな?


カテゴリー: 05月撮影分, 2011年05月, 2011年撮影分, 雌岡山の昆虫, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , , パーマリンク