ユキワリイチゲ・シュンラン・クサボケ・スミレ2種・ユキワリソウ・カタクリ

秋冬と春夏の渡り鳥の入れ替わりの端境期、雌剛山は鳥が少ないですね。今日4月3日は午前中は曇りで、鳥も少ないだろうから花の撮影を中心に歩きました。

最初は、SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)で3月27日に撮影していたユキワリイチゲ。(4月3日はもう無くなっていました)ユキワリイチゲ-2011-3-27今日はZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(換算400mm)で撮影。1週間前にはユキワリイチゲがあったところの近くのシュンラン。シュンラン-2011-4-3シュンランの近くにあった自生のクサボケ。クサボケ-2011-4-3クサボケの近くにあったまだ開いていませんが紫色のエイザンスミレ。エイザンスミレ紫-2011-4-3何種類かのスミレが咲くところへ移動して撮影。白いエイザンスミレ。エイザンスミレ白-2011-4-3その横にあったナガバタチツボスミレ。ナガバタチツボスミレ-2011-4-3ヒトリシズカはまだ咲いていなかったので、ミスミソウのところへ。ミスミソウ-2011-4-3そしてカタクリ。カタクリ-2011-4-3雌剛山を下って、中腹のクヌギの林で20~30m向こうの木にアカゲラがいました。このレンズでは距離がありすぎ、すぐ飛んで行ってしまったので撮影することができませんでした。


カテゴリー: 04月撮影分, 2011年04月, 2011年撮影分, 雌岡山周辺の植物 タグ: , , , , , , パーマリンク