ヒヨドリ・ジョウビタキ・コゲラ・紅梅・白梅とミツバチ、E-5調整前

E-5の設定を何も調整せず、SIGMA APO 50-500mm(換算1000mm)でフィールドに出てみました。

畑のブロッコリーを喰い散らすヒヨドリ。ヒヨドリ-2011-2-27雌剛山に上がる途中の梅林のジョウビタキ。ジョウビタキ-2011-2-27ISO1600で日陰のコゲラ。コゲラ-2011-2-27SIGMA APO 50-500mmのワイド端(換算100mm)で紅梅。紅梅-2011-2-27SIGMA APO 50-500mmのテレ端(換算1000mm)で白梅とミツバチ。白梅とミツバチ-2011-2-27

SIGMA APO 50-500mmはAFちょっと前ピン(EC-14噛ませると前ピン・後ピン相殺するのかちょうどよい)、E-5になってAF微調整ができるようになりましたがまだ未調整です。他のレンズも一部のレンズでEC-14噛ませたとき後ピンがあります。次までにSIGMA APO 50-500mmのAF微調整しようと思います。

E-5はE-3よりも解像感が上がりました。コゲラで試しましたがこれまでより1段ISO上げても大丈夫なようです。山の木々の葉が茂ってもSIGMA APO 50-500mmでなんとか行けそうな感じです。


カテゴリー: 02月撮影分, 2011年02月, 2011年撮影分, 撮影機材, 雌岡山周辺の山野の野鳥 タグ: , , , , パーマリンク