雌岡山のメボソムシクイ・エゾビタキ、野草セトウチホトトギス・キバナアキギリ

寝不足が続き今朝起きたら不覚にも8時、温度がかなり下がっていたので少し期待して雌岡山に上がりました。今年撮っていなかった野草の終わり間際の花を撮って帰りました。午後遅く出かけてみましたが、居たのは地鳴きの声からするとメボソムシクイ。

雌岡山のメボソムシクイ1-2018-10-13

雌岡山のメボソムシクイ2-2018-10-13

あとエゾビタキ。

雌岡山のエゾビタキ1-2018-10-13

雌岡山のエゾビタキ2-2018-10-13

珍しい子でなくても近くで遊んで気を晴らせてくれる子はかわいい。

野草の花はキバナアキギリ(紫の斑があるのが雌岡山の自生のもの)。

雌岡山のキバナアキギリ-2018-10-13

セトウチホトトギス。

雌岡山のセトウチホトトギス-2018-10-13

明日からまた短期ですが海外出張、それまでに片付ける仕事や帰って翌日ある別件の打ち合わせの資料作りでバタバタ・・・・。出張の準備もしなければ(笑

もう1~2週間もするとジョウビタキも来たり、待っているムギマキも来るでしょう。県北部の林道で見かけたタカにも会いたいしその頃は紅葉も真っ盛りでしょうからKSR110をとばして行くんでしょうね~。

 


カテゴリー: 10月撮影分, 2018年10月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物 | タグ: , , , | 雌岡山のメボソムシクイ・エゾビタキ、野草セトウチホトトギス・キバナアキギリ はコメントを受け付けていません。

豊岡のコウノトリ、香住町のカケス、香美町のホンドジカ

3連休はほとんど仕事をしていて、8日に数時間雌岡山にムギマキには早いですがカラスザンショの実の熟れ具合を確認に上がっただけ。昨日も遅くまで仕事をしていて、今日は代休にしましたが起きるのが遅く、9時前に出て県北の日本海沿いを香住町に走り、香美町の林道ツーリングに出かけました。

途中、豊岡の国道を走っているとコウノトリが2羽電柱に止まっていたのでKSR110を止めて撮ってみました。

豊岡のコウノトリ-2018-10-9

さらに少し北に走ると2羽川向うで飛んでいましたが、林道ツーリングの時間が遅れるのでパス。

香住町から林道に入るとカケスが騒いでいたのでこれも撮ってみました。

香住町のカケス-2018-10-9

林道では大きなタカが上を舞っているのを見かけ、バイクを止めリュックからカメラを取り出していると見えなくなりました。もう少し走りニコチン休憩しているとヒヨ大の鳥が逃げるように杉の木の奥に入るとさっきの大きなタカが杉に突っ込み捕まえて飛び去って行きました。・・・・カメラはリュックの中でしたが、目の前で狩りを見れてラッキーでした。

林道はシカとあちこちで出くわしました、角の立派なオスも4回。メスの単独も4~5回、そのうち子連れのシカはすぐには逃げず目を合わせていてくれたので撮らせてもらいました。

香美町のホンドジカの親子1-2018-10-9

香美町のホンドジカの親子2-2018-10-9

日本海沿いのツーリングも気持ちよかった。そこからすぐに林道ツーリングに入れる県北はいいですね。もう少し早い時間に林道に入っていれば大きなタカを待ったのですが、時間が全くなく残念でした。仕事の関係で去年からバイクのレストアをはじめ、今年から林道ツーリングを何十年ぶりかで再開しいい気分転換ができています。歳なので小さな軽いバイクがいいですね、燃費もすこぶるいいですし。

次の日曜からはまた海外出張、仕事なのでカメラは持っていきません。出張から帰ったらムギマキも来るでしょうね。


カテゴリー: 10月撮影分, 2018年10月, 2018年撮影分, 県北の野鳥や生き物 | タグ: , , | 豊岡のコウノトリ、香住町のカケス、香美町のホンドジカ はコメントを受け付けていません。

雌岡山の桜とホトトギス若

早く起きて調べもの等をしていてひと段落すると、7時を回っていたのでバイクで雌岡山の梅林へ出かけました。曇天で雨もいつ降り出すかわからない天気なので人気も少ないだろうから、ツツドリかホトトギスが狂い咲きしている桜に止まれば・・・・。

渡り前に必死にまだ葉の残るハゼの木にいる小さな青虫を食べまくっているホトトギスの若がいました。次の梅の木で待っていると2~3mの距離のところまできてくれました。

雌岡山のホトトギス-若1-2018-10-4

雌岡山のホトトギス-若2-2018-10-4

雌岡山のホトトギス-若3-2018-10-4

下尾筒を撮って背中の羽の端があまり白くないのも撮って、近すぎて250mm(換算500mm)で撮影。

すぐ近くに狂い咲きしている桜があります、まさかとは思いながら期待していると運よくその枝に移動してくれました。

雌岡山の桜とホトトギス若-2018-10-4

15分ほど撮らせてもらうと毎日登られる方も通られ、仕事に戻りました。一昨年の同じころも超至近距離で撮らせてくれる子がいました。今年は桜と一緒に撮らせてくれました、ありがとう。

注)私にはトケンの幼鳥の見分けがつきかねます。頭に白斑ある・虹彩は暗いようには思います・サイズも少し小さいのかな・・・・鳴き声を聞いてないので本当はトケンと表示すべきなんでしょうね。ホトトギスの若がいると皆さん言われるのでこれがそうかと思うので。とにかく近くでドアップで何方向かで撮ってみました。


カテゴリー: 10月撮影分, 2018年10月, 2018年撮影分 | タグ: | 雌岡山の桜とホトトギス若 はコメントを受け付けていません。

雌岡山のホトトギスの若、丹波市粟鹿山のアオゲラ

今日は久しぶりにリフレッシュ休暇。人通りの少ない僅かな時間帯を狙って雌岡山の梅林へ。ホトトギスの若らしいといわれている子。

雌岡山のホトトギス若12018-10-2

雌岡山のホトトギス若2-2018-10-2

朝一でエサ採りしているとこなら比較的近くで撮影できました。餌をとる前の枝被りまくりのところ。

雌岡山のホトトギス若0-2018-10-2

今日の本当の目的のカラスザンショの熟れ具合を見て回りましたがまだ熟していません。昼食のついでに丹波市の粟鹿山周辺の台風のその後の状況も確認に、KSR110で片道2時間のツーリングに出かけました。粟鹿山で出会ったのはアオゲラ。

丹波市粟鹿山のアオゲラ-2018-10-2

今日はコガラに出会えなかったけど、秋の紅葉の頃(10月下旬)に県北部の林道走れたらいいな。


カテゴリー: 10月撮影分, 2018年10月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のホトトギスの若、丹波市粟鹿山のアオゲラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のハヤブサ

今朝は台風24号の影響か少し風が強くフィールドに出かけるのはやめました。洗面所で歯を磨いていると猛禽が鳥を襲うのを見かけました。遠くの屋根に降りて鳥を啄むハヤブサでした。外に出て裏の田んぼから狙うと曇天空抜け。

雌岡山のハヤブサ0-2018-9-30

少しでも近くで空抜けより結局は洗面所に戻ってISOを下げ背景入れて撮りました。

雌岡山のハヤブサ1-2018-9-30

雌岡山のハヤブサ2-2018-9-30

雌岡山のハヤブサ3-2018-9-30

雌岡山のハヤブサ4-2018-9-30

台風が南寄りのコースをとってくれるといいのですが。まだカラスザンショの実は頂上付近も青くて熟していません。今年のムギマキはどうでしょうね~。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 未分類, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: | 雌岡山のハヤブサ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のエゾビタキ・コサメビタキ・チョウゲンボウ、アキギリ、アサギマダラ

仕事が忙しいですが久しぶりに気晴らしに雌岡山に出かけられました。梅林でツツドリは見かけるものの山を飛び回っています。撮らせてくれたのはエゾビタキ。

雌岡山のエゾビタキ-2018-9-23

そしてコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-23

頂上ではチョウゲンボウ。

雌岡山のチョウゲンボウ-2018-9-23

今日は祭りの太鼓を下ろす日で、30日には祭りの草刈り。道の際の山野草もみな刈られてしまいます。知り合いの方に教えてもらった道沿い以外のアキギリとキバナアキギリを見に行きました。アキギリは綺麗に咲いていました。

雌岡山のアキギリ-2018-9-23

キバナアキギリはまだ花を開いていませんでした。

雌岡山のキバナアキギリ-2018-9-23

梅林に戻りましたが、人も多くアサギマダラを撮っただけです。

雌岡山のアサギマダラ-2018-9-23

電池も切れたのでKSR110で近くの林道に出かけてこれまた気晴らし。

昨日の夜は大阪の友人の偲ぶ会にKSR110で出かけました。大学時代の知り合いも50歳を過ぎてバイクにまた乗っていた人も結構いましたが60歳を前に止めている人が多かったです。神戸といっても端っこの田舎の神出町に住む私は、少し走れば山の中の道を走れ、野鳥の写真を撮ったりできます。ありがたい!


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の植物, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , , | 雌岡山のエゾビタキ・コサメビタキ・チョウゲンボウ、アキギリ、アサギマダラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・オオルリ

関空冠水でやきもきしていた来週末の海外出張もなんとか行けそう、ほっと一安心。仕事は立て込んでいますが、午後はなんとかPCで自動処理させながら雌岡山に上がりました。雨とガスの中で1時間ほど待っていると雨の中サンショウクイの大きな群れ(30羽以上)が来てくれました。そのなかからなんとか撮れそうなものだけ狙って撮ってみました。

雌岡山のサンショウクイ-2018-9-8

雌岡山のサンショウクイ2-2018-9-8

雌岡山のサンショウクイ3-2018-9-8

約10分ほど遊んでくれましたが、霧と雨で厳しすぎてまともには撮れません。この後けっこうな本降りの中大きな群れで飛んでいきました。雨が上がるのを待っていると知り合いの方が来られて、また回ってくるのを待ちました。1時間弱でまた来てくれました、雨は止んでいましたが今度はお腹ばかりになってしまいました。

雌岡山のサンショウクイ4-2018-9-8

知り合いの方から昨日は全然でなかった、その前は数羽程度だったと。今日の群れは大きくて迫力があったとおっしゃっていました。まあ雨と霧でも撮れただけましのようです。

雌岡山に上がったとき、少し霧が出ていましたがまだ背景がありましなコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-8

あと、オオルリの若が出たり入ったりしていました。

雌岡山のオオルリ若-2018-9-8

今日は雨も激しく霧もあったので人が少なく鳥もそれなりに出てくれました。明日は地域の農家で草刈りの日、私も明日早朝から参加しなければなりません。お天気は明日も雨のようですね。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のサンショウクイ・コサメビタキ・オオルリ はコメントを受け付けていません。

六甲山のヤブサメ・センダイムシクイ・オオルリ・ハンミョウ

今朝も早起きしようとしましたが目覚めたのが5時半、急いで支度して6時過ぎにKSR110で六甲に出かけました。森林植物園を過ぎたあたりで道が半分閉鎖されていましたが通ることができました。着いてすぐ道端でチョロチョロしていたのはヤブサメ、お目当ての子を探しましたが見つからず、奥の色々出そうなところに腰を下ろし待ちました。ヤブサメがすぐ近くの枝に来てくれました。

六甲山のヤブサメ1-2018-9-2

六甲山のヤブサメ2-2018-9-2

少し向こうにセンダイムシクイも来ていましたが近づいてくれず。少し移動して沢沿いにいるとセンダイムシクイの群れが来てくれ近くに枝にとまってくれました。

六甲山のセンダイムシクイ1-2018-9-2

六甲山のセンダイムシクイ2-2018-9-2

あと居たのはオオルリの幼鳥。

六甲山のオオルリ幼鳥-2018-9-2

今朝一番に出あったのはこのハンミョウ、この子たちに出会えるよう道案内してくれたんでしょうか。

六甲山のハンミョウ-2018-9-2

9時を過ぎると小鳥の気配が一気に減ったので、帰りながらいくつか途中のポイントによろうと六甲を後にしました。六甲山牧場のところで朝は封鎖などなかったのに道路を全面封鎖していました、2輪はどうやって六甲を降りろというんや。向こうからロードバイクの人が来たので「行けますか?」と声を掛けたら大丈夫とのことなので、そのまま走っていきました。何の問題もない・・・・何のための封鎖かよくわかりません。

途中寄ったポイントもこの前の台風の影響がありました・・・・また火曜に強い台風が来そうですね、大きな被害が人にも自然にもないことを祈ります。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 六甲山の野鳥, 六甲山系の野鳥 | タグ: , , , | 六甲山のヤブサメ・センダイムシクイ・オオルリ・ハンミョウ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のキビタキ親子・メボソムシクイ・コサメビタキ、稲美のセイタカシギ

今朝は曇り空でいつ降り出すかといったお天気でいい具合に雌岡山は人気が少なかったです。桜の木の下に腰を下ろしてゆっくり待っていると、キビタキの幼鳥が出てきて親を呼んでいました。

雌岡山のキビタキ幼鳥-2018-9-1

すぐに親が出てきてくれましたが、だいぶ上の方です。

雌岡山のキビタキ-2018-9-1

連れだってすぐに山の中へ飛んでいきました。その近くでゴソゴソしていたのはメボソムシクイでした。

雌岡山のメボソムシクイ-2018-9-1

あと近くまで来てくれたのはコサメビタキ。

雌岡山のコサメビタキ-2018-9-1

そうこうしていると雨がぽつぽつ落ちてきて家に着くとザーッと本降り。

午後遅く知り合いの方から若鳥だけどセイタカシギが来ていると教えていただいていたので稲美の池へ出かけました、2羽いました。

稲美町のセイタカシギ1-2018-9-1

稲美町のセイタカシギ2-2018-9-1

稲美町のセイタカシギ3-2018-9-1

仕事の合間に出かけていい気晴らしができました。


カテゴリー: 09月撮影分, 2018年09月, 2018年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のキビタキ親子・メボソムシクイ・コサメビタキ、稲美のセイタカシギ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のコムクドリ・イソヒヨドリ

ここのところ毎日庭先の電柱に来て鳴いている子がいます。コムクドリとイソヒヨドリの幼鳥がそれぞれ単独で来ては鳴いていきます。逆光だしまあいいかとスルーしていました。あまりに毎日来るので露出補正しまくってリビングの窓から撮りました。

雌岡山のコムクドリ-2018-8-28

背中を向けられているとなんだかよくわかりませんね。

雌岡山のコムクドリ2-2018-8-28

イソヒヨドリの若は電線のすぐ横の電柱で綺麗な声で鳴いてくれます。

雌岡山のイソヒヨドリ若1-2018-8-28

雌岡山のイソヒヨドリ若2-2018-8-28

雌岡山のイソヒヨドリ若3-2018-8-28

 


カテゴリー: 08月撮影分, 2018年08月, 2018年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のコムクドリ・イソヒヨドリ はコメントを受け付けていません。