雌岡山のクロジ・アカハラ

今朝は雨が上がっていても濃い霧が雌岡山を覆っていました。9時前ぐらいになると少し霧が薄くなったので歩いて上がりました。山頂手前の杉林のところ(社裏ではありません)でクロジ。

雌岡山のクロジ1-2017-11-23

雌岡山のクロジ2-2017-11-23

柿の木をいくつか見て回り、アカハラが2羽いました。枝かぶりの少ないのは一瞬だけ、なかなかうまく撮らせてくれませんね。

雌岡山のアカハラ1-2017-11-23

雌岡山のアカハラ2-2017-11-23

雌岡山のアカハラ3-2017-11-23

ここのところウソがずっと鳴いていますが出会えません。山の中腹を飛び回っている声が聞こえるだけで見えるところには出ませんね。

このあとシビレ山にミニカーで出かけました。オオタカを見かけましたが、片道2キロの山道を歩行瞑想してきました。誰もいないし鳥もほとんどいない車の通らない舗装道路なので歩行瞑想にはいい道でした。


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のクロジ・アカハラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のマミチャジナイ・アカハラ・シロハラ、麓の神出町田井タゲリ

今朝も冷えていました、朝雌岡山に上がりはぐれザルも出る柿の木へ。ヒヨにまじって眉斑のないアカハラ。

雌岡山のアカハラ-2017-11-21

少し待つとシロハラの群れと一緒に眉斑のあるマミチャジナイ。

雌岡山のマミチャジナイ-2017-11-2

マミチャジナイはいつものようにムギマキの頃に見かけますがなかなか撮らせてくれません。アカハラも柿の木に来るころぐらいしか山の中では撮りにくいです。柿の木では枝かぶりはしょうがない。・・・・この子たちを連れてきたシロハラ。

雌岡山のシロハラ-2017-11-21

何本も柿の木があるのでどれに来るかは運任せ、朝によく来るようです。仕事にかかる前に神出町田井のタゲリのところに。1枚だけ鋤いた田んぼがあり少し距離はありますが光線のいいところから狙い前より撮りやすいですね。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ-2017-11-21

一気に真冬のような感じの朝でした、小一時間でしたが気晴らしに遊んでくれる子が増えました。柿の木に行く気になったのは、19日に麓の田圃でツグミを見てからです。

雌岡山のツグミ-2017-11-19

今年ははぐれザルも来るのが早く2週前に来ていました、日曜にツグミも来ていたので今週は朝何度かいくつかの柿木を見ていました。家の近くにも柿の木は多いですが、はぐれザルが出るような柿の木がいいようですね。まだどの子も警戒心が強く、木陰に座り込んでそっと待って撮らないとすぐ飛んで逃げてしまいます。


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のマミチャジナイ・アカハラ・シロハラ、麓の神出町田井タゲリ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のジョウビタキ、播磨町のヘラサギ

16日に10年以上お世話になった医院から紹介状をもらい転院しました。その帰りに雌岡山に上がりましたが出会ったのはジョウビタキだけ。

雌岡山のジョウビタキ-2017-11-16

この日のお昼に知り合いの方から播磨町の池にヘラサギがいると連絡いただきましたがお仕事なので行けず残念、翌日金曜も仕事。金曜にも別の知り合いの方から同じく連絡いただきました。今朝雨の中行くと、お聞きした池にはいませんでした。数か所まわりましたが見つけられず。午後3時過ぎに知り合いの方から今いるよと電話をいただき向かいました。足の太い子がいましたが池の中で休んでいました。動き出すところを狙い手持ちで待ちました。

播磨町のヘラサギ1-2017-11-18

播磨町のヘラサギ2-2017-11-18

播磨町のヘラサギ3-2017-11-18

播磨町のヘラサギ4-2017-11-18

播磨町のヘラサギ5-2017-11-18

両足で立つのを待っても数秒でした、夕方遅いので飛ぶかと思い、ピン甘はしょうがないとCAFで待ちましたが羽ばたいただけでした。いろいろお知らせいただきありがとうございました。結構長居してくれていてなんとか撮れました。

16日に発表のあったLUMIX G9 PROを手に入れるか詳細を検討し、予約注文し、キャンペーンの応募をしました。オリンパスのフォーサーズからパナのマイクロフォーサーズに乗り換え、ようやく本気で使いたいと思える機種に出会えそうです。来年1月25日に発売なのでそれまで待ち遠しいです。


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のジョウビタキ、播磨町のヘラサギ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のミサゴ・チョウゲンボウ・アオジ・オオタカ

マインドフルネスプログラムの静座瞑想のエクササイズを家と梅林のベンチでして、車などが走らないので雌岡山を歩きながら歩行瞑想のエクササイズしたりしながらフィールに出かけています。土曜は下のマシコなどが出るところで、ミサゴの親子が飛ぶのを見たのと、麓のチョウゲンボウの食事ぐらいしか出会いませんでした。

雌岡山のミサゴ-2017-11-11

雌岡山のチョウゲンボウ-2017-11-11

梅林で静座瞑想のエクササイズをしているときにツツドリを見かけました。瞑想と言っても宗教的なものを一切排除したものでベンチに座って目を開けてやっていますから見ることはできます。呼吸に集中するエクササイズで、ツツドリが出たからと言って撮影に動くことはできません(笑

日曜は雌岡山にミニカーで上がり、駐車場近くの神社から少し離れたところの落ち葉や枯れ枝をかたずけたところにクロジが出ていないか見ましたが、奥の暗い笹薮の中にいました。2mぐらいのところに来たのはアオジでした。

雌岡山のアオジ-2017-11-12

雌岡山のアオジ2-2017-11-12

今日も頂上で、オオタカの親子が舞っていました。

雌岡山のオオタカ-2017-11-12

先シーズンは神出神社本殿のすぐ裏手で居ついて、植込みに入り三脚で撮影したり、庭石に腰かけたり・・・・私は氏子ですし、私が良く知った近所の方が神主さんなので、神さんへの配慮や畏敬にかける行為に神主さんが怒るのは無理ないことを理解しています。展望舞台のアルミベンチ4台のうち中2台は神殿正面で神に背を向けるのは非礼だと北側の神殿向きにしているはずです。心無いまたはよく理解していないハイカーの方などが景色のいい南向きにベンチの方向を変え神殿に背を向けていると神主さんは、厳しく注意しています。

氏子なら祭りや用事で神社にどうしても車で入らないといけない時、必ず神への礼儀として神殿裏を通り、絶対に神殿前を車やバイク・自転車などを入れることはありません。自転車の愛好家の方が神殿脇や正面に平気で入ってこられるのにも神主さんは厳しく注意されます。

大きな駐車場の方でも、車を止め椅子に座って大勢が砲列を並べるのも神主さんは快く思っていません。鳥居をくぐるとそこからが境内です、ある意味山全体が神聖な場所ということになります。そのことをわきまえて行動してほしいと神主さんは仰っています。丁寧な方は下の鳥居をくぐるとききちんと挨拶してから参道を上がられる方もいらっしゃいます。そこまでは言いませんがよろしくご配慮ください。

クロジは神殿裏だけでなく、その下あたりにもよく出ます、今シーズンは駐車場階段より上での撮影はお控えください。

 


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , | 雌岡山のミサゴ・チョウゲンボウ・アオジ・オオタカ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のエゾビタキ・マガン・タゲリ、呑吐ダムのジョウビタキ

金曜日はクライアント様が営業日でお仕事、土曜日は雌岡山に上がりましたが鳥の出そうなところにドッサリ溜まった落ち葉や大きな落ちた枝の除去をしたり、事務所の収納の日曜大工してました。土曜の夕方に雌岡山でキクイタダキを撮りましたがお腹ばかり。日曜の今日は、朝から雌岡山を歩いてもエゾビタキぐらいでした。

雌岡山のエゾビタキ-2017-11-5

知り合いの方にお会いして、神出町宝勢の池にマガン・その少し離れたあたりにタゲリがいると教えていただき雌岡山に来られていた方数名と向かいました。マガンはいましたが遠くこんなのしか撮れませんでした。

雌岡山麓の神出町宝勢のマガン-2017-11-5

GX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmで三脚持って行ってないので手持ち換算800mmでまず数枚撮影し、PCで2倍のトリミングしたものがこれです。

現場ではGX8はファインダーを覗けばクロップ(EXテレコン)2倍×デジタルズーム2倍でダイヤル設定ですぐ3000mm超の望遠鏡になります。望遠鏡代わりに覗くにも三脚がないので手振れ補正で2000mmがこの日は限界(この画像の少し大きいぐらいで見えていました)。クチバシは黄色・顔前面の白い羽は頭まではない、体も大きい、カリガネの幼鳥とは違い黒っぽいしカオの前の白い羽がある。黄色のアイリングがないことを確認したくて、少し光線ましなところに移動するとほんの数分なのに見失ってしまいました。3脚さえあれば3600mmの望遠鏡で確認できたのですが・・・、その後、発見できずいなくなっていました。1羽だけというのが気になりますが、たぶん教えていただいた通りマガンだと私は思っています。

ピクセル等倍で切り出し(2000mmファインダーで見えていたのと同じくらい)フォトショップCS6で可能な限り目の部分が見えるように処理したのがこちらです。

マガン-等倍切り出し画像処理

タゲリは教えていただいたところには居ず、私がいつも撮影するあたりに移動すると田んぼにいました。光線はいいけど稲のひこばえが邪魔です。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ1-2017-11-5

正面向きなら全体写りますが、真横はダメ、斜めの一瞬しか全体を撮れない・・・・悩ましい。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ2-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ3-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ4-2017-11-5

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ5-2017-11-5

飛ぶのを待って撮ったのがこちら。

雌岡山麓の神出町田井のタゲリ6-2017-11-5

タゲリは1月いっぱいまでいるだろうから、田んぼが鋤かれたら稲のひこばえがなくなるのでその頃また撮ればいい。

午後遅くベニマシコが来ていないか呑吐ダムにワゴンに折りたたみ自転車積んで出かけました。ダムの周り1時間のサイクリングになりましたが何もいない、早すぎるのは分かっていましたが(笑 帰り際何も撮らないのはな~、とジョウビタキ。

呑吐ダムのジョウビタキ-2017-11-5


カテゴリー: 11月撮影分, 2017年11月, 2017年撮影分, 東播磨の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のエゾビタキ・マガン・タゲリ、呑吐ダムのジョウビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のムギマキ・キビタキ

昨日は天気も良くムギマキのオス成鳥がよく出たと連絡いただきました。今朝ミニカーのメンテナンスをしてから雨が上がったので雌岡山に上がりました。

雌岡山のムギマキーオス1-2017-10-28

雌岡山のムギマキーオス2-2017-10-28

雌岡山のキビタキーメス-2017-10-28

朝は先客もおられなかなか思うように動けず、早い昼食後雨が1時間半ぐらい止みそうなので再び上がりました。

雌岡山のムギマキーオス3-2017-10-28

雌岡山のムギマキーオス4-2017-10-28

雌岡山のムギマキーオス5-2017-10-28

雌岡山のムギマキーオス6-2017-10-28

今年は来るのが遅れているので来週いっぱいぐらい成鳥オスがいてくれ、下の方のカラスザンショウの低い枝に出てくれるといいのですが。台風明けに期待しましょう。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 雌岡山のムギマキ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のムギマキ・キビタキ・ノスリ

仕事を早めにすませ24日夕方に雌岡山で若いムギマキを確認し、25日の朝と今日26日朝に成鳥オスに出会えないかと出かけました。なんとか今朝早くに見かけましたが、まともに撮れていません(笑、雌岡山でムギマキ成鳥オスに出会えただけで幸せな気分になれました。

雌岡山のムギマキ1-2017-10-26

雌岡山のムギマキ2-2017-10-26

枝かぶりまくりで、キビタキじゃなくムギマキだよと言えるように2枚あげました。目で追っていると少しして手前の枝かぶりのないところに止まったのに、瞬時にキビタキオスに追われこんなのしか撮れていませんでした。

雌岡山のムギマキ3-2017-10-26

24日の夕方に暗がりの遠くの茂みにいる若いムギマキを確認したのがこれです。

雌岡山のムギマキ-2017-10-24

25日朝一で上がりましたが見かけたのは若いムギマキ1羽と出会いました。去年も来るのが遅かったですが今年はそれ以上に遅れていますが会えました。

雌岡山のムギマキ-2017-10-25

知り合いの方からメールで森林植物園にオス・メスつがいででたよ・菊水山に成鳥オスがいたよとか知らせていただきました。雌岡山はまだあまり人が来ない時間帯なら何とか出てくれますが、出てもキビタキに追われまくり撮るのも難しいです。菊水山や森林植物園の方がいいようですね、でも雌岡山で出会えてラッキー!

雌岡山のキビタキ-2017-10-25

雌岡山のキビタキ-メス-2017-10-25

キビタキは渡りの前にクモを食ったり、カラスザンショウの実を独占しようと警戒の鳴き声を出しながら侵入者に向かって行き追い払っています。去年以上に今年は山の恵みも少なそうです、冬鳥たちにも厳しい年になるのかな~。

頂上でまたノスリが飛んでいるのを撮って帰りました。

雌岡山のノスリ-2017-10-26

先週は仕事等が忙しく夜中までやっていました。日曜の東京行きもキャンセルしてよかった、帰りの夕方の飛行機は欠航していました。仕事等無理をしてここのところ自律神経が弱ってきている自覚症状(手の痙攣や吐き気や動悸)があったので、火曜の夜にかかりつけの医院で症状を訴え(しっかり言わないと持病の検査結果しか気にせず対処してくれない)自立神経改善の薬を出してもらい飲み始めました。2日目で寝つきも良くなり睡眠の質も向上しだしました。

10月の土日は雨の日ばかりでした、昨日今日と朝一で山に上がり気分転換していることもいい方向に働いている感じですね~。いい歳だし仕事等無理しちゃいけませんね~、分かっちゃいるけどやってしまう(笑


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 未分類, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , | 雌岡山のムギマキ・キビタキ・ノスリ はコメントを受け付けていません。

台風間近の雌岡山のサメビタキ

今朝雨が降り出す前に雌岡山に上がりました。9時には雨が降り出し撤収。北風が強くカラスザンショウの木が大きく揺れていました、ムギマキがいそうなポイントを全て2回確認して歩きましたがいませんでした。

梅林でこの前から少し距離(5~10m)をとって遊んでもらっていたサメビタキのところに行って、私のことを覚え慣れてくれているかどうか目いっぱい近くでポートレート撮影試みました。

雌岡山のサメビタキ1-2017-10-21

雌岡山のサメビタキ2-2017-10-21

雌岡山のサメビタキ3-2017-10-21

パナGX8にLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm望遠端換算800mで画面いっぱいの距離でも遊んでくれました。場所を変えてもらって。

雌岡山のサメビタキ4-2017-10-21

雌岡山のサメビタキ5-2017-10-21

雌岡山のサメビタキ6-2017-10-21

台風直前で人も少なく、私にもよく慣れてもらえていたのでしょう楽しく撮らせてもらいました。

忘れていました、私は息抜きに撮影で鳥と遊んでもらうことを楽しんでいるレベルの人です。鳥の識別は詳しくないのでこの子かがサメビタキだと思ったのは、下尾筒に班があったからです。正しいかどうかわかりませんが、その写真あげ忘れていました(顔を狙っているので下尾筒にはピンと合ってませんが)。

雌岡山のサメビタキ0-2017-10-21

明日は東京の早稲田である日本マーケ学会に行く予定ですが、飛行機が飛ぶかどうか怪しいです、行きは飛んでも帰りは飛ばない恐れが高いと行くのを取りやめます。カンファレンスのプロシーディングス(予稿集)等200ページ以上の資料はこれから目を通します。・・・・中止かな~。

・・・・夕方日本マーケ学会からメールで開催するとの連絡がありましたが、私は日帰り予定なので帰りの便が欠航すると泊まるところもなくなってしまいます。空港で寝るのは嫌なので予約便キャンセルして、行くのを止めることにしました。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: | 台風間近の雌岡山のサメビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のキビタキ・ノスリ・アトリ・コゲラ

今朝はお天気がよかったので仕事の前に雌岡山に上がりました。ムギマキには出会えませんでした。カラスザンショウにいたのはキビタキのオスとメス。

雌岡山のキビタキ1-2017-10-18

雌岡山のキビタキ2-2017-10-18

雌岡山のキビタキ3-2017-10-18

あと何度か上を飛んでいたのはこの前から何度か見ていたノスリ。

雌岡山のノスリ-2017-10-18

そして20~30羽のアトリ。

雌岡山のアトリ-2017-10-18

カラスザンショウにとまっていたのはこの他メジロ・ムシクイ、コゲラ。

雌岡山のコゲラ-2017-10-18

北寄りの風が吹き晴れていたので期待しましたがムギマキには出会えず、また天気がぐずつくし台風もきているので来週ぐらいまで会えないのかな~。日曜はマーケ学会で1日東京ですが、天気が悪そうなので心おきなくいけそうです。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥, 雌岡山周辺の猛禽類 | タグ: , , , | 雌岡山のキビタキ・ノスリ・アトリ・コゲラ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のビンズイ・オオルリ・ハシブトガラス・センダイムシクイ

そろそろムギマキが来ていてもいい頃だし7時前にワゴンで雌岡山に上がりました。でもなんかヌルイ気温と湿度、カラスザンショウを確認しがてら下の梅林まで下りました。中腹のベンチまでは実も熟れていましたがメジロ・ムシクイ・コゲラぐらいしかカラスザンショウに来ていません、キビタキも見かけません。梅林にビンズイがいました。

雌岡山のビンズイ-2017-10-14

山頂まで引き返し、一番上のカラスザンショウをはっていてもいつものメジロ・コサメビタキぐらいしか来ません。なにか来たと思ったらオオルリでした。

雌岡山のオオルリ-2017-10-14

知り合いの方が来られて山頂でジョウビタキの声を聴いたよと教えていただき、それならムギマキも来てるだろうと少し期待しました。中腹まで4回往復しましたがキビタキにも会いません。5回目は梅林まで下りジョウビタキでも撮れないかと思いましたがいません。梅林のベンチに座るとカラスが飛んできてポーズをとって5分ぐらいいました、横をウォーキングの人が通っても飛びません。見返りポーズをとっているし羽の色も綺麗なので撮影しました。

雌岡山のハシブトガラス-2017-10-14

頂上に戻ると雨が降り出しました、車で戻り昼食をとっていると雨がやみました。雨が上がると鳥も動き出すだろうとまたワゴンで上がりました。ちょっとだけ日も差し、期待しましたが撮れたのはセンダイムシクイだけ。

雌岡山のセンダイムシクイ-2017-10-14

数回中腹のベンチまで往復しましたがだめでした。前線が通り過ぎても思うほど北からの空気も入らずヌルイかんじ、ジョウビタキの声がしていても姿を見られず・・・・。明日も天気は良くないですが、自衛隊の迷彩ポンチョをもって中腹のベンチまで何度か往復するんでしょう。


カテゴリー: 10月撮影分, 2017年10月, 2017年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のビンズイ・オオルリ・ハシブトガラス・センダイムシクイ はコメントを受け付けていません。