雌岡山のサンコウチョウ

ここのところ早朝にフィールドに出ていたので今朝も朝5時前に目が覚めました。雌岡山をくるっと回って7時ごろから防災公園へ。G9_LEICA200mmF2.8_TC20でF5.6でもお目当ての子の写真はブレていました。いったん戻り用事を済ませ11時ごろ山仕事のスパイク靴のまま雌岡山の近くの杉林へ、通過の子だと思いますがサンコウチョウが鳴いていました。

雌岡山のサンコウチョウ1-2022-5-8

雌岡山のサンコウチョウ2-2022-5-8

雌岡山のサンコウチョウ3-2022-5-8

雌岡山でこの時期にサンコウチョウを撮影できたのは6~7年ぶりです。獣道もなく斜面をヤブコギして入らないといけないようなところです。用事で戻って山仕事の格好や装備でカメラと一脚をもって入ったのと時間が遅く光線が多かったことが良かったです。普段なら声を聴いてもパスしているところです。

今度サンコウチョウを狙うときは、G9にLEICA 200mm F2.8にRAYNOX HDP-9000EXを着けたF3.2 720mm がいいのかもしれません、一脚にするか三脚に載せるか思案してしまいますが。しばらくは地域の用事が土日も立て込むのでどうでしょう。


カテゴリー: 05月撮影分, 2022年05月, 2022年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: | 雌岡山のサンコウチョウ はコメントを受け付けていません

明石のメダイチドリ・キアシシギ・イカルチドリ

朝起きて山に行く気分でもなく明石の海岸に出かけることにしました。尻を地面につけて座って撮影できる高さにパイプをカットしたマンフロットの一脚とP1000の軽装でKSR110で向かいました。メダイチドリが3羽いました。

明石のメダイチドリ1-2022-5-7

明石のメダイチドリ2-2022-5-7

明石のメダイチドリ4-2022-5-7

一人きりなので座って低い視線で遊んでもらえました。少し東の海岸にバイクで移動するとキアシシギが2羽いました。

明石のキアシシギ1-2022-5-7

明石のキアシシギ2-2022-5-7

明石のキアシシギ3-2022-5-7

明石のキアシシギ4-2022-5-7

1羽は左足を失っていましたが元気にしていました。あとはイカルチドリ。

明石のイカルチドリ-2022-5-7

連休前にLEICA 200mm F2.8に125mm鏡筒延長しRAYNOX HDP-9000EXを着けるのと、マンフロットの一脚を6cmカットするのをしました。一脚をばらして手持ち工具のパイプカッターで各段を6cmカットし、切り口のバリ取りをして組み立て直すだけの簡単な作業でした。今日のような視線が好きなので座り込んで撮影するとき、マンフロットの一脚は長すぎて使えなかった。けど、やっぱり中華製のものと違い自分の体のサイズに合わせたらマンフロットの一脚は非常に使い勝手がいい。今日もいい気晴らしができました。


カテゴリー: 05月撮影分, 2022年05月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | 明石のメダイチドリ・キアシシギ・イカルチドリ はコメントを受け付けていません

岩岡町のタマシギ・セイタカシギ

昨日の夕方G9にLEICA 200mm F2.8にTC20で一脚でタマシギ探しに岩岡に出かけました。見かけたところに今朝5時半ごろに、G9_LEICA200mmF2.8_TC20とP1000とGITZO5型三脚とマンフロットの一脚フル装備でKSR110で出かけました。農家の方が出てこられるまでGITZO5型三脚にP1000を乗せてレリーズケーブルで撮影しました。

岩岡町のタマシギ1-2022-5-6

岩岡町のタマシギ2-2022-5-6

岩岡町のタマシギ3-2022-5-6

P1000をGITZO5型三脚に載せているので、マニュアルフォーカスで3000mm動画を撮影してみました。

この少し前に別の雌が同じ田に来て水浴びをしていましたが、こちらは動画撮影していません。写真を撮りましたが早朝曇天で暗かったので被写体ブレばかり。

このタマシギの前にセイタカシギがいました。G9_LEICA200mmF2.8_TC20を一脚に載せて撮影しました。

岩岡町のセイタカシギ1-2022-5-6

岩岡町のセイタカシギ2-2022-5-6

岩岡町のセイタカシギ3-2022-5-6

岩岡町のセイタカシギ4-2022-5-6

暗くて目の赤味が出ません。G9_LEICA200mmF2.8_TC20では4kクロップで1080mmなので1脚でAF動画撮影しました。

7時過ぎに農家の方が除草剤を田に投げ入れにこられタマシギの雌2羽は少し西の田に移動しました。絶対にいるのが分かってなければバイクでこれだけの機材を担いで出かけられません。


カテゴリー: 05月撮影分, 2022年05月, 2022年撮影分, 雌岡山麓の水辺の野鳥 | タグ: , | 岩岡町のタマシギ・セイタカシギ はコメントを受け付けていません

岩岡のムナグロ・ケリ、稲美のオジロトウネン

今朝起きると筋肉痛、防災公園を歩くのが大儀になってKSR110でP1000持って田んぼ巡りに変更。岩岡のいつもの田んぼでムナグロ。

岩岡のムナグロ1-2022-5-5

岩岡のムナグロ2-2022-5-5

岩岡のムナグロ3-2022-5-5

稲美の工事中の池に回るとオジロトウネン。

稲美のオジロトウネン1-2022-5-5

稲美のオジロトウネン2-2022-5-5

岩岡の田にいたケリの幼鳥。

岩岡のケリ幼鳥-2022-5-5

帰ると少し筋肉痛はましになっていました。

 


カテゴリー: 05月撮影分, 2022年05月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | 岩岡のムナグロ・ケリ、稲美のオジロトウネン はコメントを受け付けていません

粟鹿山のキビタキ、雌岡山のキビタキ・コジュケイ

昨日は久しぶりにKSR110でフィールドに出て、G9にLEICA 200mm F2.8に125mm鏡筒延長し軸上色収差が出ないようにRAYNOX HDP-9000EXを着けたF3.2 720mm のカメラテストをしました。粟鹿山のキビタキ。

粟鹿山のキビタキ1-2022-5-3

粟鹿山のキビタキ2-2022-5-3

三木防災公園のサシバやサンコウチョウに使おうかと思いましたが、鏡筒を125mm長くするとハンドリングに難ありです、それに三脚に載せた方がいい。

今日は午前中地域のお世話で、大型動噴で耕作放棄地や里山の境界付近の除草剤散布などの作業をしていました。遅い昼食の後、そろそろツツドリでも来ていないかと雌岡山の梅林にP1000で出かけました。いたのはまたキビタキ。

雌岡山のキビタキ1-2022-5-4

雌岡山のキビタキ2-2022-5-4

P1000はこれからの季節山の中は厳しいですが、ハンドリングがしやすい・ドアップが撮りやすい。ツツドリを待っているとよく出会うコジュケイも出てくれました。

雌岡山のコジュケイ-2022-5-4

P1000にG9にLEICA 200mm F2.8_TC20の2台持ちなら何とかなるが、LEICA 200mm F2.8に125mm鏡筒延長しRAYNOX HDP-9000EXを着けたF3.2_720mmはきつい。明日三木防災公園に行こうかと思いますが、どれを持って行くか・・・・悩ましい。


カテゴリー: 05月撮影分, 2022年05月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , | 粟鹿山のキビタキ、雌岡山のキビタキ・コジュケイ はコメントを受け付けていません

小野のシマアカモズ

シマアカモズが小野に出ていると教えていただきました。日曜に粟鹿山周辺に出かけたばかりですが、仕事や地域のお世話の用事で忙しくしていたので気晴らしが不足気味。モズなら朝からがいいだろうと、少しだけKSR110でP1000だけ持って出かけました。

小野市のシマアカモズ1-2022-4-12

小野市のシマアカモズ2-2022-4-12

小野市のシマアカモズ3-2022-4-12

小野市のシマアカモズ4-2022-4-12

小野市のシマアカモズ5-2022-4-12

P1000でほぼ換算2400mmでばかり1脚に載せて撮影しました。だいぶん前台湾の屏東(ピントン)で撮って以来です。帰って仕事の続きしようとすると用事等でなんだかんだ鬱陶しいこともありましたが、仕事をひと段落させて撮ったものを見ると何とか撮れていたので良しとするか!


カテゴリー: 04月撮影分, 2022年04月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: | 小野のシマアカモズ はコメントを受け付けていません

丹波市のオオルリ・アトリ、朝来市のホンドジカ

息抜きにほとんど出られていませんでした。今日は丹波市・朝来市の林道へKSR110で久しぶりに出かけました。粟鹿山の下部であちこちでミソサザイやオオルリが囀っていました。今日は三脚を持ってきていないのでオオルリの写真だけ。

丹波市粟鹿山のオオルリ1-2022-4-10

丹波市粟鹿山のオオルリ2-2022-4-10

麓の広場でアトリがいました。

丹波市粟鹿山のアトリ-2022-4-10

粟鹿山でもトライアルで来ていると出会い、遠坂から黒川ダムへの未舗装林道でもオフロードの人と結構出会いました。コロナ以降人が増えています。何度か小さな岩に乗り上げ冷っとすることもありました。黒川ダムまできたのでホンドジカでも撮ろうとポイント近くまで行くとオフロードの人がいました。一人ゴソゴソ山の中へ、谷向こうに2頭シカがいました。

朝来市黒川ダムのホンドジカ1-2022-4-10

朝来市黒川ダムのホンドジカ2-2022-4-10

アベンシスワゴンを愛用していますがもう17年、英国製なので部品が無くなる前にショックアブソーバーを全トッカエしました。一部金属製部分の部品が日本になかったので再流用しました。少しフワフワ感が出ていましたがしっかりなくなりました。電装系も弱っているので古い車のアース全トッカエを昨日しました、当然ECUがリセットされています。夕方までに早めに帰って、エンジンを1時間ぐらいアイドリングしてECU再学習させないといけません。ただいまアイドリングさせECU再学習中です。

ECU再学習が上手くできません、ドライブレンジに入れるとエラー表示が出てしまいます。ディーラーで診断しいてもらい対処が必要です。ksr110はキャブ仕様で自分でメンテしやすいです、野鳥撮影等でフィールドの奥深くまで乗って入れライディングホースのように使えます。


カテゴリー: 04月撮影分, 2022年04月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 県北の野鳥や生き物 | タグ: , , | 丹波市のオオルリ・アトリ、朝来市のホンドジカ はコメントを受け付けていません

神崎郡のミソサザイ・ベニマシコ・カワガラス

仕事や地域の用事で忙しく、頸椎あたりに負荷がかかったのか右手がしびれがひどい。ストレッチして何とか少しは良くして荷物を極力減らして、気晴らしに神崎郡から丹波市・朝来市の林道に向かいました。狙いはミソサザイとハギマシコ、P1000と1脚の軽装備で。神崎郡のいつもの場所のミソサザイのところへ。

神崎郡のミソサザイ1-2022-3-12

神崎郡のミソサザイ2-2022-3-12

神崎郡のミソサザイ3-2022-3-12

カワガラスの鳴き声を何か所かで聞きバイクを止めると飛んでいるのを見かけました。光線が悪いなあ~、そしたらベニマシコのオスが飛んできました。

神崎郡のベニマシコ-2022-3-12

朝来市から丹波市の林道のハギマシコが出るところを目指しましたが、残雪がまだまだ多く残っていました。少し無理して進んでしまい立ち往生、ほんの少し戻るのに1時間かかってようやく脱出。一般道を丹波市の粟鹿山に向かい林道に入ると、ここもダメでした。南下して少し走れる林道を走り、帰る前に神崎郡のカワガラスの所に寄りました。雛と初めて出会えたので、撮ってみました(これまであまりカワガラスは撮りにくいので狙っていませんでした)。

神崎郡のカワガラスの雛1-2022-3-12

神崎郡のカワガラスの雛2-2022-3-12

神崎郡のカワガラスの雛4-2022-3-12

P1000を1脚に載せて動画も撮ってみました。

編集で手振れを補正して何とか見れる状態にはなりましたが。

あまり林道は走れませんでしたが、いい気晴らしができました。何度か山でお会いしている猟師さんにも会いに行き、無茶しないように言われました。そのあと林道に入ってスタックして四苦八苦。


カテゴリー: 03月撮影分, 2022年03月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 県北の野鳥や生き物 | タグ: , , | 神崎郡のミソサザイ・ベニマシコ・カワガラス はコメントを受け付けていません

雌岡山のハチジョウツグミ、ノスリ

昨日は六甲山に出かけましたがウソを見かけただけ、仕事のし過ぎか頸椎から手がしびれ家に帰りヘルメットをかぶり頸椎を引っ張りました。今日は少し痺れがマシになったので雌岡山周辺へ。ゆっくり撮らせてくれませんでしたがハチジョウツグミ。

雌岡山のハチジョウツグミ1-2022-3-6

雌岡山のハチジョウツグミ2-2022-3-6

もうそろそろ渡るだろういつもの木に止まるノスリ。

雌岡山のノスリ-2022-3-6

来週あたりまだ粟鹿山は雪解けしきっていないでしょうから、少し手前のところまで出かけてみたい。なかなか手のしびれがとり切れません。


カテゴリー: 03月撮影分, 2022年03月, 2022年撮影分 | タグ: , | 雌岡山のハチジョウツグミ、ノスリ はコメントを受け付けていません

加古川のアカハジロ

ここのところ忙しくしていましたが、教えてもらった加古川の平岡町のアカハジロの所に今日の午後出かけてきました。P1000で大型三脚に載せ3000mm撮影でやっとの距離でした。

加古川平岡町のアカハジロ1-2022-2-21

加古川平岡町のアカハジロ2-2022-2-21

加古川平岡町のアカハジロ5-2022-2-21

加古川平岡町のアカハジロ6-2022-2-21

17日トビより大きなノスリを探しに1時間ほど仕事の合間に出かけましたがダメでした。途中でジョウビタキに遊んでもらいました。

三木防災公園のジョウビタキ1-2022-2-17

三木防災公園のジョウビタキ2-2022-2-17

17日にP1000の設定等を普通ではしないような設定にしてみたところかなりましになりました。


カテゴリー: 02月撮影分, 2022年02月, 2022年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: | 加古川のアカハジロ はコメントを受け付けていません