明石市魚住のシロチドリ・ハッカチョウ、岩岡町野中のタマシギ・オオヨシキリ

昨日の夜あれからバイクで田んぼ巡りをして、タマシギの声である程度の場所を探っていました。朝一行くと見つけることができませんでした、家の近くの雌岡山の梅林に戻りましたが、ツツドリの声もせず。もう一度タマシギの声が聞こえた岩岡の野中から明石の孫の方面に。また明石の魚住まで出てしまいました。いたのはシロチドリ。

明石市魚住のシロチドリ-2019-5-19

瀬戸川を遡りながらまた岩岡の野中へ。途中いたのは、ハッカチョウ。

明石市魚住のハッカチョウ-2019-5-19

オオヨシキリ。

岩岡町のオオヨシキリ-2019-5-19

11時ごろ野中に戻ると昨夜声がしたところとだいぶ離れたところですが朝一の時見たところです、知り合いの方が車から撮影されていました。タマシギの番です。車の陰に回り撮らせていただきました。

岩岡町野中のタマシギ1-2019-5-19

岩岡町野中のタマシギ2-2019-5-19

岩岡町野中のタマシギ3-2019-5-19

岩岡町野中のタマシギ4-2019-5-19

岩岡町野中のタマシギ5-2019-5-19

今日3度目でタマシギに会えました、なかなか雌はうまく見えませんでしたが。Nikon COOLPIX P1000にZITZOの三脚持って行ってましたが遠慮して手持ち撮影です(1600mmと2200mm)。声を聴いていたのであきらめず何度も出直してよかった。Nikon COOLPIX P1000の年輪みたいな玉ボケが出ないよう気を付ければなかなか使えます、今日はこれを持ち出して正解でした。今日も午後からお仕事です。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , | 明石市魚住のシロチドリ・ハッカチョウ、岩岡町野中のタマシギ・オオヨシキリ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のアオゲラ・オオルリ・センダイムシクイ・ハンミョウ

仕事が忙しく午前中だけ雌岡山から三木防災公園に回りました。そろそろアオゲラが子供が孵りエサ取りの時期だと思うので。

三木防災公園のアオゲラ-2019-5-18

ここに居続けるオオルリは少ないですが。

三木防災公園のオオルリ-2019-5-18

あとは鳴いていたのでセンダイムシクイ。

三木防災公園のセンダイムシクイ-2019-5-18

ハンミョウがいて曇りのいい光だったので。

三木防災公園のハンミョウ-2019-5-18

今年も数組のサンコウチョウが営巣しているようです。子供が孵ったら東播用水沿いを頻繁に飛び回ってくれるでしょう。今日はLUMIX G9 PRO+100-400mmで出かけました。

ほぼ撮り終えたころ仲良くしていただいている方とお会いし楽しく過ごさせていただきました。午後は仕事なのでお先に失礼しました。帰って栗の木の害虫駆除(毛虫とり)に水やりをして、本職の仕事を先ほどまで。

先週の土曜にフクロウの声を聴き、翌早朝探しに行きましたが居ませんでした。毎年営巣している屋根裏への出入り口4ケ所を塞がれていたので、番が落ち合ってからどこかへ飛んで行ったのでしょう。気になる木のウロは見てまわりましたが居ませんでした。

今朝一で雌岡山の梅林に寄りましたがツツドリは見かけず。鳴き声は山の方でしていたのですが。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山の昆虫 | タグ: , , , | 三木防災公園のアオゲラ・オオルリ・センダイムシクイ・ハンミョウ はコメントを受け付けていません。

岩岡町野中のアオアシシギ・ムナグロ・イソシギ

夕方にKSR110でNikon COOLPIX P1000だけ持って田んぼ周りをしました。神出と稲美では特に出会いなく、岩岡周りで帰る時に野中でアオアシシギが居ました。

岩岡町野中のアオアシシギ1-2019-5-12

岩岡町野中のアオアシシギ2-2019-5-12

この少し前にムナグロも。

岩岡町野中のムナグロ1-2019-5-12

岩岡町野中のムナグロ2-2019-5-12

帰り際畔に上がっていた夕日の中のムナグロ。

岩岡町野中のムナグロ3-2019-5-12

この子たちの前に会ったのは水路のイソシギ。

岩岡町野中のイソシギ-2019-5-12

Nikon COOLPIX P1000の使い分けは、これまであまり水鳥を積極的には撮影してこなかったのですが、私には水鳥に向いてそうですね。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | 岩岡町野中のアオアシシギ・ムナグロ・イソシギ はコメントを受け付けていません。

丹波市粟鹿山のミソサザイ・アオゲラ・キビタキ・カケス・ビンズイ

暑くなる前に粟鹿山にKSR110で出かけました。今日もNikon COOLPIX P1000だけで出かけましたが、ミソサザイは被写体ブレしまくりです。

丹波市粟鹿山のミソサザイ1-2019-5-11

丹波市粟鹿山のミソサザイ2-2019-5-11

コマドリやミソサザイ・ヤブサメ・コルリなどにはLUMIX G9 PROがいい、サンコウチョウやアカショウビンもでしょう。なんとなく頭でわかっていましたが使ってみて実感しました。

アオゲラがが居ました、手持ちで。

丹波市粟鹿山のアオゲラ-2019-5-11

アオゲラが鳴いていると声につられてかキビタキも出てきました。

丹波市粟鹿山のキビタキ-2019-5-11

キビタキに続いてビンズイも出てきました。

丹波市粟鹿山のビンズイ-2019-5-11

下るとカケスも居たので。

丹波市粟鹿山のカケス-2019-5-11

飛びものようのLUMIX G9 PROを持ってきてないときに、頂上でクマが飛んでいました。

昨日朝一で雌岡山の梅林に行きましたが、ツツドリを見かけなかったので今日は粟鹿山にしました。明日は朝6時から地域の溝掃除で午前中はフィールドには出られません。ツツドリはこの春来るんでしょうかね~。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , , | 丹波市粟鹿山のミソサザイ・アオゲラ・キビタキ・カケス・ビンズイ はコメントを受け付けていません。

三木防災公園のサンコウチョウ雌・センダイムシクイ・オオルリ・キビタキ

仕事の前に雌岡山の梅林に出かけましたがツツドリの声も姿もなし。三木の防災公園に移動して倒木も激しいので今年もサンコウチョウが来ているか軽く確認。鳴き声はしていました、撮影できたのはメス。

三木防災公園のサンコウチョウ-メス-2019-5-6

サンコウチョウの近くで鳴いていたセンダイムシクイ。

三木防災公園のセンダイムシクイ-2019-5-6

帰り始めると高い木で鳴いていたオオルリ。

三木防災公園のオオルリ1-2019-5-6

三木防災公園のオオルリ2-2019-5-6

バイクのところに戻る手前でゴソゴソしてへんな鳴き方をしていたキビタキの若(第1回夏羽)。

三木防災公園のキビタキ若1-2019-5-6

三木防災公園のキビタキ若2-2019-5-6

今日もNikon COOLPIX P1000だけで短時間なので手持ち、1600mm手持ちで三木防災公園の明るさでも十分使えました。Nikon COOLPIX P1000はキョウジョシギ等の写真で丸ボケが年輪のような模様が入るのでよくありませんが、こちらの使用頻度が上がりそうです。2台持ちはバイクでは担ぐと重い。

今年もサンコウチョウが来ていたので、今後の楽しみにしておきます。事務所に戻ってお仕事開始しました。

 


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , , | 三木防災公園のサンコウチョウ雌・センダイムシクイ・オオルリ・キビタキ はコメントを受け付けていません。

明石のキョウジョシギ・トウネン

今日も朝7時に雌岡山梅林に寄りましたが9時までツツドリの姿も声も聴かず。明石の孫の方面へ田んぼにムナグロ以外の子はいないか見てまわりながら移動。ムナグロはいるものの他には出会わず途中から瀬戸川沿いを下り河口まで出てしまいました。

いたのはキョウジョシギとトウネン。

明石のキョウジョシギとトウネン1-2019-5-5

明石のキョウジョシギとトウネン2-2019-5-5

池で距離のある所にセイタカシギやオグロシギが居てはいけないとGITZOのカーボン三脚・雲台を背負ってきていたのでNikon COOLPIX P1000を載せて撮影。少し近くに移動してきてくれたのでそれぞれ撮影、まずキョウジョシギ。

明石のキョウジョシギ-2019-5-5

そしてトウネン。

明石のトウネン-2019-5-5

明石のトウネン2-2019-5-5

午後は昨日のうちの栗園の畔草刈りの残材を畑に掻き入れてハンマーナイフモアで粉砕のお仕事が残っているので早めに帰りました。作業は2時間半、午後遅くまた出かけましたが新しい子との出会いはなく、梅林も静かでした。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , | 明石のキョウジョシギ・トウネン はコメントを受け付けていません。

雌岡山のアマサギ・イカル、岩岡町野中のムナグロ

朝一そろそろ雌岡山の梅林にツツドリが入っていないかと出かけました。麓の田んぼで朝の光の中にアマサギが居たので。

雌岡山麓のアマサギ-2019-5-4

梅林で2時間近く粘りましたがツツドリは見かけません。ツツドリが雌岡山に着くとよく北斜面上部を飛び回っているので上に上がると、居たのはイカルだけ。

雌岡山のイカル-2019-5-4

ツツドリはあきらめ、雌岡山の麓の田んぼから岩岡方面へムナグロでもいるだろうと回ってみました。なかなかいません、岩岡の野中でムナグロを3羽見つけて、バイクを止めて撮影。

岩岡町野中のムナグロ1-2019-5-4

岩岡町野中のムナグロ2-2019-5-4

岩岡町野中のムナグロ3-2019-5-4

岩岡町野中のムナグロ4-2019-5-4

岩岡町野中のムナグロ5-2019-5-4

ウマビルの小さいのをついばんでいるのでしょうか、どんどんこちらに近づいてきてくれました。Nikon COOLPIX P1000と小さなカーボン三脚でしたが2400mmまでは十分撮れました、2400mm以上はやはり画像が良くない。

午後は家の栗園の畔草刈り、3時間かかって夕方にでも雌岡山の梅林に行こうかと思っていましたが行けず。刈り払い機を使った草刈りで腕がパンパン、ブルブル・・・・カメラ持てません(笑


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , | 雌岡山のアマサギ・イカル、岩岡町野中のムナグロ はコメントを受け付けていません。

ささやまの森公園のサンコウチョウ・ルリビタキ、三田母子のキジ

キバシリを見かけて撮り損ねていたので、ささやまの森公園を3度KSR110で訪れてみました。キバシリの声すら今日は聞こえませんでした。上の方でサンコウチョウの声がしたので。

ささやまの森公園のサンコウチョウ-2019-5-2

あといたのはオオルリ。

ささやまの森公園のオオルリ1-2019-5-2

ささやまの森公園のオオルリ2-2019-5-2

ささやまの森公園のオオルリ3-2019-5-2

帰りの三田母子で見かけたキジのつがい。

三田市母子のキジ-2019-5-2

帰りに雌岡山に寄りましたがツツドリは見かけませんでした。


カテゴリー: 05月撮影分, 2019年05月, 2019年撮影分, 播州・丹波の野鳥 | タグ: , , | ささやまの森公園のサンコウチョウ・ルリビタキ、三田母子のキジ はコメントを受け付けていません。

豊岡市日高町のコウノトリ・アナグマ・カケス・キビタキ

朝起きると曇り、雨は降らないようで午後からは晴れるとの予報。KSR110で神辺高原の奥にある林道にツーリングに出かけることにしました、Nikon COOLPIX P1000と小さなカーボン三脚だけ持って。ツーリングには寒い、1000m近い山の林道はもっと寒い。

日高町の国道横の田んぼにコウノトリが居たので国道脇に止めバイクに跨ったまま撮影。

豊岡市日高町のコウノトリ-2019-4-28

どういうわけか、私が豊岡を走ると高い確率で国道脇でコウノトリに遭遇しますね~。国道から目指す林道へのアプローチはオフロードバイクでしか入れないような道?

林道にたどり着くと寒い、脇にはまだ雪が残っています。氷ノ山の方はまだ雪がかなり残っています。

氷ノ山-2019-4-28

最初に林道で出会ったのは比較的若いアナグマ。

豊岡市日高町のアナグマ1-2019-4-28

夜行性の子たちですが、冬眠から目覚めて間もないのか昼間に行動しているせいか、気性が荒く向かってきましたが小さいのでバイクに跨ったまま足蹴で追い払いました。少し行くと居たのはキビタキとカケス。

豊岡市日高町のキビタキ-2019-4-28

豊岡市日高町のカケス-2019-4-28

あとは空をクマが舞っているのを見かけました、地を駆けるツキノワグマには出会わず良かった。目的地に着こうとすると道が一面の残雪・・・・引き返しました。走っているとまた別のアナグマがいました、顔に傷をつけたアナグマ。

豊岡市日高町のアナグマ2-2019-4-28

結局小さな三脚は持って行きましたが、林道ツーリングが息抜きの目的だったのでゆっくり撮影することもなく使いませんでした。

2時間ほど林道を楽しんでいい気晴らしになりました。行き帰りの道はデカいバイクでツーリングしている人が多かったですが生憎の天気、林道では1台だけオフロードの私と同じくらいの年の方と会っただけ。明日・明後日はお仕事です。

連休後半ごろにはツツドリも雌岡山の梅林に来るでしょう。春は警戒心も強いのでNikon COOLPIX P1000で狙ってみることにします。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 県北の野鳥や生き物 | タグ: , , , | 豊岡市日高町のコウノトリ・アナグマ・カケス・キビタキ はコメントを受け付けていません。

雌岡山のアカハラ・クロツグミ・キビタキ、Nikon COOLPIX P1000テスト運用

持っているGITZOのカーボン三脚・雲台に載せてNikon COOLPIX P1000を35mm換算1600mm-2400mm専用のサブカメラにして始めてフィールドに出てみました。晴れたり突然雨が降ったりの天気のようで遠くには出かけず、クロツグミ・アカハラが出ているという裏の雌岡山にしました。LUMIX G9 PROでアカハラを狙いましたが近くでは正面を撮らせてくれません。

雌岡山のアカハラ1-2019-4-27

GITZOの三脚・雲台に載せてNikon COOLPIX P1000をレリーズケーブルを使い35mm換算2400mmで遠くの暗い所のアカハラを狙いました。(アクティブD-ライティングを使わず)

雌岡山のアカハラ2-2019-4-27

雌岡山のアカハラ3-2019-4-27

雌岡山のアカハラ4-2019-4-27

Nikon COOLPIX P1000にLUMIX G9 PRO+100-400並の解像度ダイナミックレンジを求めず2400mmで使えば私には許容できる範囲かなあ~。アクティブD-ライティングを標準で使えばだいぶ良くなるんでしょう。アクティブD-ライティングを使うと中央1点測光が使えず、右目でファインダーの中央1点測光のマークと左目で対象を見て被写体を合わせる人間照準器のような私。・・・どうするかな~。

クロツグミも遠くに居ましたが狙うと撮影条件が厳しい所だったのでダイナミックレンジ厳しい。

雌岡山のクロツグミ1-2019-4-27

雌岡山のクロツグミ2-2019-4-27

合間にいたキビタキをNikon COOLPIX P1000で露出補正アンダーに振りまくりで撮りました。

雌岡山のキビタキ1-2019-4-27

雌岡山のキビタキ2-2019-4-27

Nikon COOLPIX P1000を使うにあたって、800mm~3000mmまで100または200mm間隔で70m先の電柱のトランスの銘板を撮影して解像度の一番いい焦点距離を使うようにズームメモリー設定しました。2400mmを通常使える最望遠の焦点距離に私はしました、あとは1600mm・2200mmをメモリーして、3000mmはエマージェンシー用(F11に絞れば使える)でメモリーに入れてはいます。2400mmは被写体との距離20mで映す範囲の幅が30cmです、20mの距離で小鳥も2つ上のキビタキぐらいに撮影できます。

【計算式】映る範囲の幅(m)=被写体までの距離(m)×36(mm)÷レンズ焦点距離(換算:mm)

明るい大口径の単焦点レンズ(600mmF4)でAPS-Cのカメラで20m先の被写体の撮影できる幅78cm、高さと幅をそれぞれ1/2.6に大トリミングすれば同じ。来年オリンパスから換算1000mmF4と2倍テレコンが出るようなので2000mm・・・・気晴らしにやってるんだからこんな高価なプロ用レンズに手を出さないようにNikon COOLPIX P1000にしました。

P1000-2400mmで70m先の銘板撮影等倍切り出し

P1000-3000mmで70m先の銘板撮影等倍切り出し

手持ち撮影はLUMIX G9 PRO+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm、Nikon COOLPIX P1000はサブカメラとして1600mm-2400mm三脚専用で運用します。4K動画は1200mmまでは当然LUMIX G9 PRO+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmがよくRAYNOX HDP-9000EXを付ければ2000mmまで対応できます。Nikon COOLPIX P1000はダイナミックレンジが厳しいですがアクティブD-ライティングは常用しない方がいいようです。

あと海外へ出かけるときは、野鳥撮影もできるNikon COOLPIX P1000のほうが気楽に持って行けるかなと思っています、手持ち撮影ともっと小さなカーボン三脚と雲台もあるので。


カテゴリー: 04月撮影分, 2019年04月, 2019年撮影分, 雌岡山周辺の山野の野鳥 | タグ: , , , | 雌岡山のアカハラ・クロツグミ・キビタキ、Nikon COOLPIX P1000テスト運用 はコメントを受け付けていません。